北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年10月09日 (日) | 編集 |
仕事が休みとなった今日、一人で朝マズメ狙いで鮭釣りに行って来ました。

IMGP3627.jpg

この釣場は地元のおっちゃん方が数十年間、
密かに楽しんでいる鮭釣場と言ってもいい場所なので、
あえて公表は差し支えたいと考えています。
他の釣場は鮭の姿が見え始めると、だいたいの予想が立てられますが、
この釣場は「鮭が来たー!」と思ったら、
次の日には1匹も姿が見る事が出来ないなんて良くあることで、
運良く鮭が岸寄りした時に出くわした方が、その恩恵を受ける事が出来る釣場なんです。
今年の恩恵を受けれたのは10/4~5日にこの釣場に偵察に来ていた人で、
20~30人が1~20匹以上釣りあげ、200匹以上釣れたそうです。

その話を聞いていたので、
「もしかすると少しだけ残りが居るのでは?」
甘い期待を抱いて行って竿を振ってきました。
場所によっては少しだけ鮭は残って居たようですが、
前日の情報の状況下とはあまりにも違い過ぎて、
自然の摂理はそう甘くないと実感してきました。

IMGP3638_20111009235617.jpg

午後から、午前中仕事だった嫁と、札幌から帰省している上娘が、
「お母さん、秋モノのコートが欲しい。」
と強請るので買いモノに行って来ました。

その途中の道路から、懐かしい人?と言うべきなのか、
昔、よく鮭釣りに行っていた某場所で見かけていた方がいたのです。
思わず写真を撮ってしまいました。

IMGP3632.jpg
俺達仲間内で“傭兵”と密かに呼んでいた方です。

IMGP3636.jpg

せっかく内浦湾(噴火湾)までやって来たので、
娘を車の中に放牧し、昔、よく釣りに行った場所で竿を出してみました。

IMGP3634_20111010000350.jpg

やっぱりここでも鮭は俺と遊んでくれませんでした。

IMGP3639.jpg

嫁に、
『あんた、真剣に竿を振ってないでしょう?! 
毎日鮭を見ているからって、無理して釣らなくても、
いざとなれば会社から買えばイイって思っているでしょう?』
時間を見て竿を振る限り、誰も好き好んでボンズになりたいとは思っていませんが、
ズバリ本音を言いあてられちゃいました。

釣れなくても竿を振る事によりストレス発散しているので、
鮭を釣る事に関しては嫁に任せようとかな~?
でも先に彼女に鮭を釣ったら、きっと自慢されるだろうな~?
・・・ストレス発散がストレスを抱える・・・次はいつ竿振れるかな? 
ノンビリ嫁よりも先に鮭を釣る事にした方がストレスが溜まらないかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。