北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年12月16日 (金) | 編集 |
昨日、嫁の仕事場に知り合いの青年が尋ねてきたそうです。
彼は高校を卒業してから地元を離れて札幌の専門学校に言ってましたが、
秋には休みを勝手に取り鮭釣りに勤しんでました。
その習性は就職して後も、
「このタメに仕事を頑張って来た。
自分に御褒美って訳じゃないけど1週間程休み貰った。」
鮭釣りに励んでいました。
その後、地元に戻って来てからもその季節の習性は健在で、
ショアからの鮭釣り、船での鮭釣りを謳歌しているそうです。
その彼が、
「今年、9.3Kgのオス鮭を釣ったさ~。」
と教えてくれたそうです。

彼が好意にさせて貰っている黒岩漁港から出る船での出来事でした。
その日は気の合う仲間との釣りで鮭を狙っていたら、沖目で鮭が跳ねたそうです。
彼は空気抵抗を少しでも減らすタメ、ルアーについている餌を外し、
鮭めがけて投げたら、運良く鮭が掛かったそうです。
ところが首を傾げ、
「アレ? 根がかりした?」
まったくリールが巻かさらなくなったと思ったら、
いきなり沖に向かって糸が出て行き、それから鮭とのやり取りが始まったそうです。
一緒に船に乗っている仲間は、
「ゆっくりとやりな。」
彼と鮭のやりとりを高みの見物と洒落こんだようです。
何とか船際まで鮭を寄せると、最後の抵抗とも言える鮭の反撃にあったのです。
鮭は船底に潜り、糸を切ろうとしたようですが、
それに負けじと彼は船から身を乗り出し、ロッドのコルク部分近くまで竿を海に沈め、
鮭を船底から引っ剥がし、最後は仲間にタモ入れされ、鮭との勝負に彼は勝ったのです。
そしてこの日、何十年も鮭釣りをしている船頭にもメジカが釣れ、
船内は大騒ぎだったそうです。

その日の彼は絶好調だったようで鮭を数匹釣り、
帰り道上になる友達の家に鮭をお土産に置き、
また違う友達の所にも鮭のお土産を置いてきたそうです。
その後、友達からお礼の言葉と共に、
「さっき貰った鮭、大きいから計ってみたら7.5Kgあったぞ。」
そう言う連絡を頂き、
「そう言えばさっきの鮭よりも大きな鮭置いて来たな?!」
すぐに友達に連絡を入れ計測して貰ったそうで、
自己新記録の9.3Kgのオス鮭だったようです。

普通なら気がついても不思議ではないのですが、
船で釣れる鮭はショアから狙う鮭と比べると魚体の大型が多く、
周りで釣れている平均サイズが4~5kgあって目が慣れてしまうと、
こんなもんだろう?と錯覚するのです。
以前、俺も船で釣った8kgの鮭も、
「ちょっとだけ大きいかも?」
そんな感覚で見ていました。
ところがショアから釣った7kgの鮭を見た途端、
「でっけ~」
と叫んでいました。

秋の鮭の定置網に10Kg前後の鮭が獲れたって話を何度か聞いた事があり、
会社にも入荷して来ますが、
7Kg以上の鮭をお目にかかれるのは年に数度しかありません。
いつかは10Kgの鮭を釣ってみたいですが、
俺と遊んでくれる鮭がいるかどうか、そこが問題かも知れませんね。
目の錯覚、そんなお話でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
寒さで頭から風邪をひきます(笑)
こんばんは、ノリゾーさん
えっ・・・髪の毛を1cm未満に切った者は遠くから見たらハゲと指さされますので、ハゲ仲間と認定します(笑)

週末になると大荒れ、釣りになりません。 そんな時は大人しく嫁の尻に引かれているのが一番かもね、ノリゾーさん(笑) でも、チレイなオネーチャンが沢山いる銀座、これって凄い誘惑ですよね、だからノリゾーさんのバイト代で俺も連れてって~(爆)

アレ、ソレ、この言葉が多くなっている俺も頭の錯覚でしょうか(笑)
2011/12/18(Sun) 21:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
B面も使える優れモノですね
こんばんは、おっさんさん
地域差によって違っていると思います。 日本海側の鮭は脂の乗りが悪いので、今は色んな産地との掛け合わせでだいぶ食べれるような商品となっています。
十年前でしたら・・・残念な結果だったでしょうね(笑)
ちょっと前までは「猫股き」、猫もまたいでしまうほどの鮭と呼ばれていたせたなの鮭も、今ではだいぶ品種改良され良い鮭となって来ています。
噴火湾の鮭は昔から同じようなので、幾らブナかかっても脂が乗っています。
だから俺、船釣りに行くんですよ(笑)
オホーツク産のブナ鮭は見た目はブナでも、身は赤く塩をあてて焼いて食べると最高です。

序でに言うと、卵は噴火湾産がツブが大きく、筋子自体も大きいですよ。
因みにトバにするのなら、早い時期のピン子の鮭(脂の乗りが少ない)か日本海の鮭がいいと思います。 干している内に身から脂が出て食べる時には丁度よく、反対に最初から脂がある鮭で作ると脂焼けしちゃいます。

俺の犬並の脳ミソは「待って」と命令されると長くて3分しか待てません。 俺の待てがカップ麺の調理時間と符合しているのはナゼ?(爆)
2011/12/18(Sun) 21:08 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
頭の錯覚
昨日のコメントで ハゲ気味の・・・ですから オイラには当てはまらない言葉です。 
オイラの事じゃないですよね?(爆)
今晩は おとなしく家で過ごすつもりです。 決して銀座で ニシンなんか狙いに行きません。 
きっと光量も半減すると思います。 これは間違いなく!!(笑)

目の錯覚より 頭の錯覚が多くなってきたような・・・近頃のオイラです(爆)
2011/12/17(Sat) 19:40 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
大型
こんにちは。
今年一番の寒さです。ちじこまります。

十年ほど前に「これもっていきな」と8kgの生鮭をいただきました。
石狩市の秋の鮭祭での出来事です。
この大きさの鮭はもう、網には入らない時代だと言われましたよ。
ランチのフライ定食にと思い、仕込みまして、食べました。
美味しくないんです。
たいていの食べ物は、美味しくないとは言わない様にしているのですが
この鮭はいただけません。

今年の秋、登別方面で釣ったブナがかったオスの鮭をいただいて
またフライ定食に仕込みしたところ、ものすごくきれいな身で脂があったので
塩をアテ、焼きました。
あらら、ブナでもすんばらしく、おいしい。
地域によってこんなに違いがあるんだなと思いましたよ。
おいらの辞書には幼児期からの積丹でのデータしか有りません、ゆえに
情報量もとぼしいのですが。
ひろしさんが犬ほどの脳と表現しておりますが、私に置き換えると45分のカセットテープのA面というところです(笑)

コカコーラにはレモンのスライスが良く合います。


2011/12/17(Sat) 15:15 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。