FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2011年12月17日 (土) | 編集 |
数日前に知り合いと同僚から、
「そう言えばさ、
せたな町の須築漁港で90cmのヒラメ釣ったって新聞に出ていたようだけど、
どの新聞でどんな内容だったか教えてくれ。」
と言われましたが、俺も詳細どころかその存在さえ知りませんでした。
そんな事も忘れていましたが、ネットで徘徊していると、
ウッキーさんのブログに書いてあり、
「あっ、この事なんだ!」
思わず勝手にパックってしまう事にしました。
ウッキーさん、ごめんなさいね!

ウッキーさんのブログ・人生趣味がいちばん
このまま行っちゃうの?

数年前、俺の所属するクラブの大会がせたな町で開かれた時、
春って事もあって、釣会の方々も沢山訪れていました。
せたな新港の横に流れている最内川の周りには、
アカアラ(ウグイ)狙いで竿を出しているようでした。
その時、俺達は違う場所で釣座を構えておりましたが、
帰り道にせたな新港で竿を出しているクラブ員を見舞った時に、
「あの角から2~3番目の釣会の人がヒラメを釣った。
それもイカゴロに食いついて来ただけあって、ヒラメも60cmくらいあったぞ~」
と報告を受けました。
それよりも30cmも大きなヒラメ、船釣りでもなかなかお目に掛かれるモノでもありません。

地元でも浸透していない立入禁止区域

須築漁港の西防波堤は、
以前、クラブ員が保安庁の職員から「立入禁止」と言われてから、
俺は一度も足を踏み入れていませんが、海面から5~6m程の高さがあると思います。
どうやってこの大きなヒラメをタモ入れしたのか、
それだけ巨大なタモを持って歩いていたのか、
そこが知りたいですね。

須築漁港

俺は釣りの事故に関して、ブログに何度も何度も
「オウンリスク(自らが負うべき危険=自己責任)」
だと発してきています。
そのオウンリスクが残された家族の事も考えないと悲惨な事になる事は、
釣人なら想像がつく事だと思っています。
楽しい釣りが悲劇の釣りとならない事を祈るばかりです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ヒラメ、血抜きしたのかどうか気になります(笑)
こんばんは、タケさん
イカゴロやマグロのマヨネーズ漬けに喰いついてくるって事は、案外グルメなのかもしれませんね(笑) こんな大きなヒラメ釣れるとは、余ほどの強運だと思われます。 きっとゴミ袋を何重にしてトランクに押し込んできたのではないかと勝手に想像していますが、俺だったら嫁に電話してブルーシートを持ってきてもらうかも(笑)

エビやマグロの身はホッケに良いそうですよ、釣会にいる知り合いが言ってましたが、その時の状況を把握しないとタダの荷物でしかならない時もあると言ってました。 ホッケはどちらかと言えば雑食ぽいので、その日の気分で餌を選んでいるような気がします。 まるで我が家の嫁みたい(笑)

鮭の餌にサンマの砂糖漬けを使った事がありましたが、ベトベトになり一回だけ使って終わり。 それ以来、シンプルにソーダカツオの身だけを使っています。 釣り仲間には飛距離を考えて、ブリやイナダの皮だけを塩漬けした物を1cm×1cmに切りそれを使用している者もいます。 ブリやイナダの皮は硬く、餌切れの心配もないので、思いっきり竿を振る事が出来ると言ってましたよ。
2011/12/19(Mon) 00:20 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ホッケ狙いで超大物ヒラメが釣れるなんて・・・・(驚)。いや、釣った本人が一番「驚き」ですねぇ。どうやって持って帰ったんでしょうね??ウッキーさんのブログを見ましたら、餌はマグロのマヨネーズ漬けだとか。知人も同じ餌でホッケを釣りますが、効くんでしょうね。因みに、私は数年前にアキアジ釣りでサンマのマヨネーズ漬けを試してみましたが、サンマとマヨネーズの脂で手がネロネロになってからはマヨネーズは使っていません。
2011/12/18(Sun) 19:27 | URL  | タケ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック