北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年01月09日 (月) | 編集 |
ついこの間までは成人式は1/15と決まってましたが、今では暦で確認しないと、
「いつなのか?」
さえ分からなくなって、俺の犬並の脳ミソを混乱させます。
昨日、今日と成人式を迎えた若者が多く、
コレから色んな夢を抱きながら、新しい門出を祝っていることでしょう。

成人式にまつわる俺のノスタルジックな話をお聞き下さい。
海外なら16歳で車の免許が取れるのですが、
残念ながら俺は日本のド田舎で産声をあげ、それからズーッと日本に留まっています。
日本国民なら18歳で車の免許が取れ、俺も雪の無い本州で取りました。
鬼籍した父親は車の免許持っていなく、
今思うとお酒を飲むのが好きだった人でしたから、
もし車など持っていたら完全に飲酒運転していたと思います。
きっと自分でもその事を分かっていて、取らなかった気がします。
実家を継いだ兄貴が車を持っていたので、帰省した時に借りて乗りまわしてました。
当時はシートベルトはお飾りのようにあるだけで、
タイヤはスパイクが主流、ガソリン車は燃料喰い車扱い、
シートベルトを装着しなくても罰金などがナイ時代でした。

その当時、俺は本州に住んでおり、
地元で開かれる成人式に出席しようと帰省して来ました。
いつもの通り兄貴にお願いして車を借り、隣町の友達を助手席に乗せ、
違う隣町の友達のところへ遊びに行く事になりました。
冬道を走るのは初めての事なので、友達にもその事を告げ、
「念のタメ、シートベルトしようぜ。」
と促し、隣町に向かう国道を気分よく走らせてました。
ちょっとした坂道を下り、左カーブを曲がり右カーブを曲がり直線になった時に、
目の前をトロトロ走る車があったので、無謀にも追い越しをかけた瞬間、
車が滑った感覚を感じましたが、
「何とか立て直せる」
安易な考えで車を立て直しを計ったのですが、そのままひっくり返ってしまいました。
追い越しをかけた車は、俺が反対車線で車を立て直している内に、
そのまま走り去ったので単独事故となります。

シートベルトを外し、ひっくり返った車のドアを開け、
友達も同じ様に外に出てきた時、ちょうど知り合いの車が通りかかり、
兄貴が事故ったと思ったようで、慌てて駆け寄ってくれました。
兄貴では無く俺が乗っていた事を知り、
それから車を引き揚げる車の手配や兄貴に連絡をしてくれ、
自宅にひっくり返った車と共に俺、一端自宅に送り届けられました。
・・・・ここまでは覚えているんですが、
自宅に帰ってからの記憶は自己防衛が働いたのか、すっかり忘れてしまっています。

結局、成人式に出席出来なかったのですが、
その後の二次会には友達が迎えに来て出席し、
朝方まで飲んでいて、その日の便の飛行機で本州に帰ってしまいました。
薄情な俺、その後、
「車はどうなったのか?」
まで気が回らなくてと言うより、
その話題に触れずにいる事で自分の身を守る事に専念していたようで、
「やっちまったもの仕方がナイ!」
と言い訳しながら、のほほ~んと本州で暮らしていました。

俺の成人式=車をひっくり返す=夜にはドンチャン騒ぎ
この事が一番印象に残っており、
シートベルトをしていたからこそケガもなく今に繋がっています。
今思い起こせばとんでもナイお騒せ野郎だった気がします。
まぁ、若かったから出来た事でですよね。
と未だに自分にいい聞かせている無責任野郎です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。