北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年01月10日 (火) | 編集 |
子供達が小さかった頃、我が家にも金魚や熱帯魚を飼う女がいました。
金魚は中国では財運を高める事とされており、強欲な女は、
『稼ぎの悪い旦那を持った宿命、我が身を呪うわ。
ここは宝くじで一攫千金を狙うしかない!』
決意を決め、お祭りの屋台でゲットした金魚を飼い始めた。
お祭りの屋台の金魚数匹飼い始めたのは良かったが、
何が原因なのか、数日後には水槽の中には1匹しか金魚が生き残ってません。
それを見た女は、
『あ~ぁ~、運のナイあんたの責任よ。 このままではあたしの運も引きずられる。』
財布片手にウチを飛び出し、地元で金魚を売っていたお店に飛び込んだ。
その女の手には数匹の金魚が入った袋を大事そうに持ち、嬉しそうに水槽に放し、
『早く金運を運んで来てー!』
懇願していた。
金魚が育つにつれ、水槽も45cm→60cm→90cmと大きくなり、
その水槽洗いと水の入れ替えは俺の仕事となりました。

ところが強欲な女に強力なライバルが現れた。
女が大切にしている金魚、人知れずに1匹2匹と姿をくらまし、
『あたしの金魚ちゃんが・・・金運が・・・あわわわ。』
その度に血相をかいて金魚を買いに走る女。
強欲な心をいさめる様に神様が使いを出したのか、
俺の愛猫のビッコタンが本能の血が騒いだのか、
それとも女の悪食が乗り移ったのか、
合計38匹の金魚がビッコタンの腹の中へ泳いでいったのです。
今もあの世で、ビッコタンと共に腹の中で泳いでいる事でしょう。

ある日、水槽一式を眺めながら、
『一攫千金どころか、散財している・・・。』
女はやっと気がつき、意気消沈した女は金魚を飼う事を諦めた。
それから数日後、女の妹夫婦が転勤する事になり熱帯魚を置いて行った。
数ヶ月経ったある日、サーモンスタットが壊れ、
温度が上昇し、熱帯魚が勝手に茹であがってしまった。
それ以来、我が家では魚を飼う事が無くなり、数年前に水槽一式を全部処分しました。

こんな思い出を思い出させる記事が新聞に載っていました。
釣りで厄介者とされているヒトデ、ソレが有効活用される日も近いかも知れません。

◆厄介者のヒトデ 水浄化に一役 (北海道新聞 2012/1/9)

ホタテやアサリを食い荒らすヒトデの骨片が、
観賞魚用水槽の水の浄化に効果があることを、
道立総合研究機構工業試験場(札幌 工業試)が突き止めた。
市販の浄化剤に比べ浄化効果が長持ちするうえ、製造コストも安いため、工業試は
「十分商品化は可能」
と期待している。
ヒトデは養殖ホタテなどに被害を与えることから、
道内では漁協や漁業者が年間約1万5千トンを駆除。
焼却や埋め立てなどの処理費用も、漁協などの大きな負担となっている。

観賞魚水槽は、金魚などの餌の食べ残しや排せつ物で、
毒性の強いアンモニア性窒素が蓄積しやすく、
浄化するにはアンモニアを硝化菌で酸化する必要がある。
ヒトデの骨片はヒトデを酸素で分解して得られ、粒子は約1ミリ。
粒子にある無数の小さな穴が、硝化菌など微生物の定着に適している。

工業試の実験では、数百の粒子を接着剤で固めて直径十数ミリの円柱状にし、
これを循環ろ過装置に詰め、水槽に硝化菌を投入。
硝化菌は2~3週間後に粒子の穴に定着し、
水槽内のアンモニア性窒素を酸化して浄化し始めた。
セラミックなどに硝化菌を定着させる市販の浄化剤は通常、
定着から10日前後で浄化効果が落ち始め、30日後には酸化量が約15%落ちるが、
ヒトデの骨片は約3ヶ月間、効果はほとんど変わらなかった。
工業試の研究員は
「厄介者のヒトデを有効活動できる可能性が確認できた。」
効果を強調。
1リットル当たり千~7千円程度の市販の浄化剤より安く製造できるとしており、
今後、道内外の水処理剤製造企業などに商品化を働きかける。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
怒られ役
こんばんは、ノリゾー3840さん
我が家ではちゃんと花が咲きますよ(笑) でも植木鉢は10年くらい置いていません。 だってね、猫が植木鉢の土を掘り起こしてしまうんです・・・その後片付けするのに飽きたので置いていません(笑)

以前、知り合いと話していたんですが、動物が居つかない家、植物が育たない家があるってね(笑) 確かにそう言われれば思い当たる家数件あります。
ノリゾーさん宅は植物と相性が合わないんでしょうね。
なので奥様に「ウチは植物が育たない家」なんだと納得して貰い諦めるように説得して下さい・・・怒られるのはノリゾーさんの役目です(笑)
2012/01/12(Thu) 02:21 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
持つ満足
こんばんは、おっさんさん
オイラにも竿を買って下さい(爆) 出来ればモアザンあたりでお願い致します(笑)
子供でなくても物欲はあります・・・物欲だらけのオイラです(笑)

ある程度良質なモノを持つと長持ちする事や満足度(持ったぞ~って感じかな?)を満たしてくれます。 今から約18年前?くらいに1万ちょっとのシマノのワーム用(ロックフィッシュ)の竿を折った嫁が次に買ったのは、1980円の韓国製の竿でした。 要は自分の使い心地が良いかどうかなんだと思います。 安い竿でも自分が満足する竿に出会えるって事もあるんですよ。 その韓国製の竿、未だに折れずに愛用しています。 低予算でこれだけ!って決めてその中で自分にあった道具を選ぶのも面白いかも知れませんね。 

特別な他人・・・よい響きですね。 そうですか、おっさんにそう言う方がいらしゃったんですね(爆) 今度、特別な他人のお友達紹介して下さい。 その前にこっそり伝えておいて下さい、貧乏人だけどいいか?と(笑) 
2012/01/12(Thu) 02:08 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
畳は高かった~(笑)
こんばんは、釣好人見さん
北海道の海は海水温が低くなってきているのと時化が多い日本海、魚は深場に避難していますので、深場狙いでなければ魚には会えません。 磯場は雪があるので足場がしっかりしたところでなければ釣りにもなりません。 雪が落ち着く2月になれば何とか釣りになります。 今、北海道の道南ではアメマスやサクラマス狙いのアングラー達がサーフや磯場で狙っていて、小型ですが釣れているようですよ。

雪掻きよりも残業の方が堪えます。 帰り道は地吹雪が発生しやすい道路を通る事が多く、この時期はうんざりしていますが、仕方がナイと諦めています。

畳を取りかえる・・・我が家も有りました。 ビッコタンが金魚取るタメにろ過器もろともずらしてしまい、一度なら何とかなりますが数度繰り返しやったので、最後はガムテープで抑えてましたが、南西沖地震で水槽の水が半分以上こぼれてしまいました。 最初は我慢していましたが、そこを通るたび畳がブカブカしてましたので、床板が腐らない内に取り替えました。 これで嫁も懲りたようで観賞用の魚はあきらめてくれました(笑)
2012/01/11(Wed) 23:09 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
似たもの同士
我が家にも似たのが一人います。 
ただ困った事に 諦めが悪い。 
毎年毎年、鉢植えの花を買うのですが、
ただの一度も翌年に咲かせた事がない
毎年咲く花でも、必ず枯らしてしまうのです。 
家に残るのは、工房の奥に仕舞いこんだ数十個の鉢のみ。 
また今年も雪が解けたら買うんだろうか・・・ 
そう言うオイラも カメラが十数台 ケースの中に眠りっぱなし(涙) 
2012/01/11(Wed) 20:13 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
ノンフィクション作家としてのデビュー作でしょうか。
グッと来る内容でした(笑)
我が家にも水槽があります。グッピーとさかさナマズがいます。
昨年まではハゼを海水で飼育してました。
塩イソメを美味しそうに食べますよ、ハゼ。

息子の物欲が止まりません。
お年玉で竿が欲しいと言い出しました。
しかもですよ、年に何回かしか行けない沖防波堤でのデカアブラコ、カジカに使うといいだしやがり、自分のお金だと主張してきます。エクストラヘビーだとさ。
父親の切り札は「来年は忙しいからオキボウには行けないよ」と言う嘘の言い訳を用意して対応の予定。
100歩譲って竿は買ってもいいよ。そしたら次はリール。ライン。キャリーケース。
きっとこう言ってくるにきまってます。

「服が欲しい、腕時計も。化粧品も買って」と言われるよりはましでしょうか・・・。
いやいや、特別な他人になら時計や化粧品も買ってあげても・・・・。
2012/01/11(Wed) 15:07 | URL  | おっさん #-[ 編集]
大洪水。。。
ひろしさん。おはようございます。雪かきが大変で釣りにも中々行けないのではありませんか?熱帯魚関連の失敗って飼っていると必ずありますね?我が家でも15年位前に嫁がはまって、グッピーを増やしていたことがあります。それに飽きて熱帯魚屋さんで、今度はサメの様にシャープな形の(いわゆるイケメン的)な種類のを買って来ました。そいつはぐんぐん大きくなり60センチの水槽では悠々と泳げない大きさになりました。ある日、夫婦揃って釣りから戻ると、水槽の水が半分になって辺りは大洪水。何があったのか???サメのようなそいつが暴れて、ポンプで吸い上げた水は濾過器にいかなければならないのに
排出口が外に向いて水を吸いだしていたんです。2週間後には、漏れた水が腐り、カーペットも畳も交換するハメになり、熱帯魚は引き取ってもらいました。それにこりて、今はメダカはベランダで飼っています。
2012/01/11(Wed) 05:56 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。