北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年01月23日 (月) | 編集 |
俺が中学生の時、よくTVの歌番組で流れていた歌が、
久しぶりにラジオから流れていました。
それを聴き終えた後、
「俺、中坊の時、この歌が良く流れていたんだよな~
その時、まったく歌詞の意味が分からなかったんだ。
何で爪をたてるんだ? ただ痛いだけだろう?
なんて思っていたんだけど、大人になってやっと意味が分かった。」
ポツリと嫁に感想を述べていました。
嫁はニヤニヤしながら、
『それって幾つの時、分かった? その時、勝負パンツはいていった?』
興味津々で訊いてきやがります。
もちろんそれはシークレット、謎のある男の方が魅力的だと勝手に思っています。

俺、歌詞の一部を間違って覚えていたようで、
その歌の一部の歌詞をネットで探すと、
島津ゆたかさんの「ホテル」がヒットしました。
どうやら俺の犬並の脳ミソの回線が混乱していたようで、
歌っている歌手がチョー・ヨンピルだと今まで信じ込んでいました。
「釜山港へ帰れ」と「ホテル」とは似ても似つかない内容なのに・・・
勘違いもここまでくると天然ボケでは済まされませんよね。

俺が覚えていた歌詞の一部は、
“あなたの背中に爪をたてたい”
でしたが、
“あなたの肌に爪を立てたい”
が正解だったようです。
今、改めて聞くと、凄い内容の歌です・・・
「あなたの黒い電話帳 私の家の電話番号が 男名前で 書いてある」
現在だったら、
携帯電話のアドレスが男の名前で書いてあるって事ですよね。
「切ない歌だよな~」
嫁に問うと、
『惚れている事につけこんだ最低男とつけこまれた女の心情の歌でしょう?
要は男の都合よく扱れていても諦めきれないって言う事だよね。
心情的には分かるけど、実生活ではダメ女のレッテル貼られるじゃない。
そう言えば前に某TV番組で田嶋陽子が、
演歌は女性を馬鹿にしているって発言していたわ。
あんたも頑張って最低男になって、
その汚い肌に爪をたてて貰ったらいいんじゃない?
あっ、地元のモーテルには入らないでよ、車ですぐにバレるからさ、
どこか遠くでやってよね。
それから間違ってもあたしにホテル代くれなんて言わないでよ。』
まったく俺が一言発すると、バズーカで木端微塵にしてきやがります。
現実は貧乏神と親友の俺の財布、夢見る事も出来そうにナイようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
猫の爪跡
こんばんは、敏さん
俺は爪を立てられませんが、嫁の膝(正確には太もも)を争って猫達が集まり、縄張り争いをしているので彼女の太ももは傷だらけです(笑) 

今の所、例年通りの雪の降り方をしていますよ。 まぁ、時々写真を載せるのでそれで確認して下さいな。 奥さんの膝枕は欲しいですが、敏さんと雪は要りません、あしからず(爆)
2012/01/26(Thu) 01:08 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
田舎は怖いかも(笑)
こんばんは、TKさん
恋愛でウキウキしている楽しい歌はあまりないですよね、どちらかと言えば哀愁を漂う歌の方がとっつきやすいんでしょうね。 だってドラマにしてもグチャグチャの恋愛モノが受けるんですからね(笑)

足音だけは言い過ぎかも(笑) でも、間違いなく車種で見分けられちゃうでしょうね・・・気をつけて下さい(爆)
2012/01/26(Thu) 01:03 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
おっさんに何があったか興味深々です(笑)
こんばんは、おっさんさん
耐える女の歌はありますが、女に尽くす男の歌はありませんよね(笑) きっと男尊優越の考えが浸透している日本の風土からくるものなんでしょうね。
俺にしたらブルースも演歌も似たような気がしますが・・・気のせいでしょうか(笑)

ほほぉ~体験談ですね(爆) 俺の住む田舎はNOもそうですが車種だけで特定されちゃいますから怖いですよ、コレ、俺の話ではナイですが(笑)
その面、札幌は良いですよね、沢山車が走っていますから羨ましいです。
2012/01/26(Thu) 00:55 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
歌謡曲
ひろし。。。先輩、こんにちは。

あ、新年のご挨拶がまだ・・・でした。あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

この手のネタ、実は私も書きたいと思っていました。

演歌ではないのですが、所謂歌謡曲もタイガイなものがあります。

あみんの唄っていた“待つわ”、河合奈保子の唄っていた“けんかをやめて”・・・聞きようによっては『男にだらしない性悪女の話』ということになります。

で、当然この手の歌詞は男が妄想で書いているもの・・・と思いましたら“けんかをやめて”は竹内まりやだったりいたします。男目線でともすれば女を貶めるような表現を女が書く・・・時代背景なんでしょう。

田嶋のバァさんが吠えていたから・・・ではないんでしょうが、最近の歌謡曲にそうした内容は少ないような気がします。

いずれにせよ、歌詞の意味をよく解さなかったひろし。。。先輩もそして歌詞の内容なんてどーでもよくて「奈保子ちゃんおっぱい大きいなー」とだけ思ってベスト・テン見ていた私も大変純朴な少年だった・・・ということで・・・。
2012/01/25(Wed) 07:23 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
弘司さん、奥さん
そちらも雪がおおいでしょうか?
よろしければ~オラの村の雪をさしあげましょうか?(^▽^笑)

猫に爪を立てられる野郎より。。
2012/01/24(Tue) 15:21 | URL  | 敏 #mQop/nM.[ 編集]
ええっ(゚Д゚)
車のNoで足がつかないのぉ???
我が村では、足音だけで足がつきます、ハイ。

歌は理想を追い求めるのでしょうね。
それは演歌もJ-POPも。
ジョンレノンだって理想郷だし。

それにしても演歌の歌詞の女性は悲恋というかかわいそうというか・・・
2012/01/24(Tue) 02:55 | URL  | TK #-[ 編集]
折れたたばこのすいがらで~、あなたの嘘・・。
おばんです。

歌は所詮、作り物です。
実は、そんな歌詞、よく恥ずかしくなくて作詞するもんだたと
昔っから思っていました。作詞家はナルシストかな?
作曲家にはなろうと思った事はありますが、作詞ははじかしい!!!

田嶋陽子さんがそんな事言ってましたか。
ちょっとわかるような気がします。
淡谷のり子が演歌なんて暗くて・・・、ブルースならいいけど。
と言ってたのを覚えています。
おいらの永遠の名曲はクイーンのボヘミアンラプソディです(笑)

ちなみにおいらもお昼にギョウザは食べません。
夕方~夜(夜中)になにが起こるかわからないからです。
いや、わからないのが札幌です。
車のNOから足が着く事はありません、きっと。
2012/01/24(Tue) 00:49 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。