北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年01月24日 (火) | 編集 |
この間の日曜日、下娘の所に行くのに高速道路を使おうと考えてましたが、
ラジオから、
「長万部~豊浦間、登別室蘭~苫小牧西まで通行止め」
という情報が流れていました。
最初は事故かなんかだと思っていましたが、
「雪と吹雪のタメ通行止め」
と流れていて、帰り道でも高速道路の入り口を示す掲示板に、
「登別室蘭~苫小牧西間 通行止め」
の文字が刻まれていました。
後日、知り合いの運転手さんから教えてもらいましたが、
土曜日の夜から日曜日昼間まで局地的に大雪が降ったそうで、
その積雪は70cm~1m程だったとか。
国道はいち早く除雪されたようですが、枝道や峠などは除雪が行き届かず、
場所によっては通行止めが余儀なくされたそうです。
高速道路は山間部を切り開いて作ってあるので、その影響をモロに受けたようです。

仕事で近道である峠を通る予定をしていた運転手さんは、
「苫小牧で荷物を積んで、あっちこっちに荷物降ろしながら函館に向かったんだけど、
普段通っている道(裏道)が封鎖され、違う道を通る気したらそこも通行止め、
一端国道に出てから荷物を届ける会社に電話を入れてよ、
途中までリフトで出て来て貰ったりして荷物引渡したりしてよ、
結構時間が掛かってしまったさ、まいったよ。」
と愚痴をこぼし、峠を通るのを諦め、
遠回りしながら国道を南下して函館入りしたそうです。
北海道でも太平洋側の海岸部はどちらかと言えば雪が少ないのですが、
今回の局地的な大雪のタメ、交通網がところどころでシャットダウンしたようです。

それに比べ日曜日の道南は春の様な気温で+5℃まで上昇し、
雪でなく雨が降っていたくらいです。
室蘭は雪が少なかったのに、その隣の登別市は雪が大量、
ちょっとした加減でこの差。
やっぱり北海道は広いんだと実感しました。

◆日本海側中心に再び大雪=2月上旬まで厳寒―気象庁
時事通信 1月24日(火)17時28分配信

気象庁は24日、日本列島付近の冬型の気圧配置が強まり、
26日にかけて全国の日本海側を中心に再び大雪になると発表した。
東北地方では31日ごろまで断続的に強い雪が降る見通し。
雪崩や交通の乱れに注意が必要という。
25日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸80センチ、
北海道と東海50センチ、東北と近畿、中国40センチ、関東甲信30センチ、
四国と九州北部20センチ。その後も断続的に雪が降り、降雪量はさらに増える見込み。
気象庁は一方、異常天候早期警戒情報を発表。
29日から2月7日にかけて、
東・西日本と鹿児島・奄美地方では平均気温がかなり低くなる可能性が大きいとして、
農作物などの管理に注意を呼び掛けた。

今日のせたな町。

IMGP4522_20120125002900.jpg
IMGP4523_20120125002859.jpg
IMGP4524_20120125002857.jpg

時々強風が吹いて地吹雪を起こし、道路はツルツルで滑りやすかったです。
あちらこちらで車が突っ込んだ跡が見受けられました・・・あ~あ~、嫌な季節です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。