北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年02月08日 (水) | 編集 |
今日は寒かったぁ~。
先週末お殿様が、
「月曜日から忙しくなるぞ~、残業だ~!しっかり働けー!」
と言うんです。
今月に入ってから社内には何となくそんな雰囲気が漂っていましたが、
しばらく定時に帰って来ていたのでなまけた身体に、
ちょっとだけ寒さと疲労が身に沁みります。

IMGP4650.jpg
IMGP4651.jpg
今日のせたな町の道路です。 
舗装が見えているように思いますが、
ブラックアイスバーン状態のところが多くあります。 
とにかく北西風が強く、寒さが身に刺さります。

昨日のニュースで「絶滅とされた海鳥発見!」と騒がれていた記事を見つけました。
以前、小笠原諸島では海に居るはずのフナムシが
「淡水域に生息するフナムシ」、
世界で初めて確認されたと言う記事を目にした事があります。
未だに自然が豊富に残っており、未知の生物が多数いるとされていて、
研究者には宝の宝庫の様です。

俺の記憶が正しければ大型ハタ類が多く、小笠原母島では石鯛の大物が釣れるそうで、
日本初のバグリミット・ルール(釣魚採捕制限規則)を取り入れ、
「5キロ以下の石物はすべてリリース。
キープできる魚は一航海に5キロ以上を一人1尾」
とされてましたが、釣人の乱獲のタメ、小型が多く残り、
石物全てキャッチ&リリースの方向に進んでいると釣り関係の本に書かれてました。
小笠原諸島は昨年6月に世界遺産に登録されたので、
その後はどうなったのかは分かりませんが、
知床半島のように結構厳しい条件が課せられるかも知れませんね。

◆<ミズナギドリの一種>絶滅とされた海鳥、小笠原諸島で生息
毎日新聞2月7日(火)21時17分

90年代初頭に米国ハワイに近いミッドウェー諸島で観察されたのを最後に
絶滅したとみられていた海鳥ミズナギドリの一種が、
世界自然遺産の小笠原諸島(東京都)で生息していたことが分かった。
森林総合研究所(茨城県つくば市)などの研究グループが7日発表した。
絶滅とされた鳥類の再発見はアホウドリ以来60年ぶり。
チームは、小笠原での確認例が多く、本拠地とみられることから、
和名「オガサワラヒメミズナギドリ」の命名を提案した。
環境省は絶滅の恐れのある野生生物のリスト「レッドリスト」へ、
早ければ来年度中に加えられるよう準備を始めた。
絶滅したと考えられていたのは1963年に約4000キロ離れた
ミッドウェー諸島で採集されたブライアンズ・シアウォーター(英名)。
全長25~30センチで、他のミズナギドリに比べ体が小さい割に尾羽が長く、
足が青みがかった特徴を持つ。

TKY201202070498[1]

小笠原では97年(母島)と05年(父島)に各1羽、
06年に3羽、昨年5月に1羽がそれぞれ別の無人島で見つかった。
形態から暫定的にヒメミズナギドリとして標本で保管されていたが、
昨年8月になって、
米国の研究者が新種のブライアンズ・シアウォーターと指摘する論文を発表。
チームが6羽をDNA鑑定した結果、
全個体をブライアンズ・シアウォーターと特定した。
川上和人・森林総研主任研究員は
「昨年見つかった無人島など小笠原で今でも数百羽生息しているとみられる。
繁殖すると考えられる冬は海が荒れるため研究者が近づけず、
発見が遅れたのではないか」と話す。
研究成果は8日(日本時間9日午前)、ハワイでの太平洋海鳥会議で発表される。

◇官民一体の保護策急務

「ビッグニュースだ」??。
絶滅したと思われていた貴重な野鳥ミズナギドリの仲間が
小笠原諸島(東京都)で見つかったことに、関係者は7日、喜びの声を上げた。
世界自然遺産・小笠原の価値を高める発見だが、
昨年6月の遺産登録後、観光客増による環境悪化が懸念されている。
小笠原への注目が集まる中、官民一体となった保護策が急がれる。
「国内での生息は予想していなかった。非常に画期的な成果だ」。
尾崎清明・山階鳥類研究所副所長は、発見の意義を高く評価する。
今回確認された6個体という数について、
「短期間にこれだけ見つかったということは、
一定の数が近くで繁殖している可能性が高い。
今後は繁殖地を突き止め、保護することが必要だ」と話す。
樋口広芳・東京大教授(鳥類学)は
「野生生物保護はトキなど目立つ生物に目が向けられがちだが、
特に目立たなかった貴重な種も注目されるきっかけになる」
と受け止めた。

環境省は天敵となるクマネズミの調査や侵入防止策を強化する方針だ。
同じく絶滅の危機にあるアホウドリの繁殖に取り組んでいる
長谷川博・東邦大教授は
「貴重な種を本当に絶滅させないために、
天敵を早急に駆除する計画を立て、実行に移さねばならない」と話す。

mai_20120208k0000m040081000c[1]

小笠原諸島は、東京から南に約1000キロ離れた
太平洋に浮かぶ大小30余りの島々で構成される。
一度も大陸とつながったことがなく、小笠原でしか見られない固有種は、
植物で36%、昆虫では27%を占める。
東京都によると、昨年4月~今年1月の観光客は前年同期に比べて1.4倍に増えた。
小笠原村総務課の柴垣佳久副参事は
「世界遺産の価値を守る上で弾みがつく。
保護については今後、国の関係機関と連携して検討していきたい」と語った。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。