北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年02月16日 (木) | 編集 |
数日前の朝のラジオから、ある商品紹介をし、
その中に「なとわ」と言う言葉を発してました。
ラジオに聞き耳をたてていると、
「なとわ」は「な と わ」「あんた と わし」&「あなたとわたし」
北海道道南だけの方言だそうです。
そう言えば以前トイレタイムに寄った道の駅、
確か恵山方面の道の駅の名前が「なとわ・えさん」だった気がします。
俺、「なとわ」という意味や言葉、ましてや道南の方言だったと・・・
まったく知りませんでした。
同じ道南でも御先祖様の出身地が違う、
浜言葉など色んな要素が含まれているでしょう。

同じ地区に住んでいても、御先祖様の出身地が違うだけで、
その一家内・家族間では普通に使っている言葉でも、
周りには分からない言葉ってあります。
嫁の職場の上司が良く使う方言で、
「ヘッチョイでおいて。」
と言うそうですが、職場ではこの意味が分かる人はおりません。
その時の状況なんですが、あるモノが数少なくなっていて、
全員に行き渡らない状態だったそうです。
そこで上司が、
「それ、ヘッチョげば何とかなる。」
と言い出したそうです。
ところがその意味が理解出来ない職員は、
頭を抱えたそうで、ある人が数を減らして渡す事を上司に提案すると、
「だからさっきからヘッチョイでって言っているでしょ?」
不機嫌な顔をして言うそうです。
要は同じ事を言っているんですが、他の人には通じなかったって事なんです。

後で上司が嫁に、
「何で皆理解出来ないんだろう?」
と愚痴をこぼしたそうですが、
『何となく言っている意味のニュアンスは分かるような分からないような・・・
草などむしる時などに使う言葉なんでしょう?
ヘッチョグって言うのはどこかで聞いた事があるんだけど・・・
全員が◎◎さんの言っている言葉を使う訳でも無く、
こうゆう場合は小分けにした方が良いとか指示してくれないと理解出来ない。』
と答えると、
「えっ? そうなの? 
実家でばあちゃんが使っていたし、
ばあちゃんの兄妹やその親戚も普通に使っていたから、何処でも通じると思った。」
祖母の親戚などで通じる言葉と言う事は、
どうやら本州から開拓に入った出身地では普通に使っていたようです。
この上司、生まれも育ちも結婚してもずーっと地元で暮らしていて、
初めて家族間だけの方言だと知ったそうです。
自分達親族で通じる言葉、でも周りには意味不明、
案外知らずに、何処でも通じると思って使っている可能性もありますよね。
まともな日本語も理解できない俺の犬並の脳ミソ、さらに方言、難しいです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。