北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年03月02日 (金) | 編集 |
約20年近くサクラマスを狙った事がない俺、
何となくジグやミノーの種類などには興味があっても、
手を伸ばす事がありませんが、
カラフルに飛んだブツを見るだけでも価値があるような気がして、
見るのが大好きなんです。
ちょっと私用があって大きな都市に出掛けた時に釣具屋さんに立ち寄ると、
ジグやミノ―が並んでいる棚に、時々、北海道に必要でないブツ、
「何でバス用のジグがあるんだ?」
疑問に思う事があるんです。
初めは物珍しさなのか数個しかなかったのが、
ここ近年、種類は少ないですが棚に鎮座しています。
ブラックバス用のジグやミノーを眺めながら、
「向こうの方が本場なんだから、向こうで買った方が安いかも?」
なんて思ってたりします。

いつもお世話になっている釣具屋さんに顔を出した時、
ブラックバス用のジグがカウンターに置いてあったので尋ねると、
「バス用のジグ、サクラマスも反応するし釣れるんだ。」
と教えてくれました。
本来ならバス用のジグなのにサクラマスのジグの代用・・・
不思議に思ったんです。

考えて見れば魚だって、その日の状況によって食いが良い時と悪い時があり、
ジグが良い時も有ればミノーが良い時も有ります。
どれだけ魚に小魚だと思わせるか?
タヌキとキツネの化かし合いに近い物があると思っています。
俺だって、春になれば素足の綺麗なオネーチャン、
夏になれば髪の毛をアップにした襟足の艶っぽい女性、
秋には浴衣が妙に似合う女性に目移り、
思わずついていちゃいたい衝動が起きて、リンダ困っちゃう状態です。
その度、我が家の悪食で牛の様になった嫁を見るたび、
現実に引き戻され、現実とはなんと残酷なモノだと痛感しています。

河口規制も今月いっぱいまで解除なので、
サクラマス・アメマス狙いで釣人も残り少ない日を満喫するように竿を振っています。
以前ほど小型のサクラマスの数釣りは出来ないようですが、
当たれば50アップが狙えるという話を聞いています。
釣人もせたな町よりも熊石方面の方に集中しているようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。