FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年08月14日 (火) | 編集 |
俺には忘れられない友達がいる。
俺より1つ年上の男である。

ヤツと俺達夫婦は春先から夏にかけて、
夜な夜なワーム釣り(今のロックフィシング)で、
ソイ類を堪能したことがある。
楽しい思い出だ。
デブのわりには、手先は器用だった。
針の姿も形もスッポリと隠れる程の、あのぶっとい指の中で、
ちょっこちょっこと結んでしまう。
もしかすると、体格に反比例するような 
そのような動作と体格のギャップによって
人々に「カワイイ」という感情を抱かせるかもしれない。
着ぐるみの熊さんを見ているような感じだ。

投げ釣りも一緒に行った。
「明日、○時にドコソコで待ち合わせな。」
とヤツが言い出し、次の朝、平然と遅刻する。
俺が先に釣りをしていると、
「あ~あ~、俺の場所で釣っているから行かな~い。」
と屁理屈を言う。
気持ちが大きいヤツなのか?と聞かれると、
「イヤ、人の話は聞かない。
でも、自分が認めた人の話だけは聞く。」
と答えるだろう。
俺と似て天邪鬼な面もあるし、頑固でもあった。
時々、サメのエサにでもしようかと思うことも何度かあったが、
あの体格でシナを作られると、不思議と憎めないのだ。

こんな事もあった。
すぐに帰ってくるつもりで、玄関の鍵をかけないで、
少しの間ウチを空けた事がある。
ウチに近づいてくると、車の中でウチの方を見た嫁が
「電気がついている。」
と叫んだ。
ウチの前には、ヤツの車があり、中に入ると
テレビの前にトドのように寝転んで、
持参したお菓子をポリポリ食べているヤツの姿があった。
そして振り向いて一言、
「おかえりー!おみやげは?」だって。
ああ~、なんて大胆な男なんだ。
いや、ズーズーしいトドなんだ。
そのトドのお腹の上で寝ているウチの猫は、
もっとズーズーしいのかも知れないな。

ヤツとのエピソードを数えると、切りがない。

By the way、
今日も暑かったですね。
嫁の実家に行ってましたが、今日も33℃もあり、
まったく風の当たらない所では、
それ以上の気温があったようです。
「沖縄より暑い北海道」と、
TVのニュースで放送されてました。
こう暑くては、喉越しの良いビールに
ついつい手が伸びてしましますが、
全部、汗になって身体から流れてしまう状況です。
やばい、メタボリックなのに・・・
お盆だから、ご先祖供養って事で!エヘヘ(^▽^笑)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コンバンハ。はい、12~16日迄お盆休みですが、きっと会社は「コラーお前達、5日も休みをくれてやったんだから、後は休みはないと思え!」状態だと思います。(涙) 早速、嫁に教えました。有難う御座います。
で、数年前まで妹夫婦が苫小牧に住んでいたので確かめておりました。そのホテルってどこなんでしょうか?妹夫婦もわからないと言ってました。でも、もしかすると、去年泊ってホテルでは?と・・・製紙会社の名前がついたホテルでした。部屋の中の、お札の確認はしませんでした。判ったら、俺に「一緒に行ってとまろうよ~」と無理難題を押し付けます。興味本位の困った嫁です。
ところで、北海道遠征もするんですね。何の魚を狙ったんでしょうね?もしかして、クロガシラカレイかな?




2007/08/15(Wed) 21:43 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
今日も朝から暑いです~。ひろし。さんも盆休みですか?私は今日からやっとです。怖い話好きの奥さんとは、なかなか豪傑ですね。去年サーフの友達が苫小牧に釣りに行って、あるビジネスホテルに泊まった時、部屋に入るなり何だか、不思議な気持ちわる~い空気を感じたそうです。でも、そのまま近くのスナックに飲みに行って、お姉ちゃんと盛り上がり、いい雰囲気になって、何処に泊まってるか聞かれたので、シメシメ、と思いホテルの名前を言った途端、その場の空気が凍りついたそうです。そのホテルは地元でも出るのが評判のホテルで、その上、今夜泊まる部屋番号がその部屋だったんです。友達はすぐにホテルに戻り、部屋のドレッサーの裏を確認したら、お札が貼ってあったそうです。そのままフロントに直行し、「出る、と知っていて黙ってるとは許せない!」と猛抗議し部屋を替えてもらったそうですが、結局眠れなかったそうです。当然、釣りもサッパリでした。ね?お札が貼ってある部屋は、怪しいって本当でしょう?
2007/08/15(Wed) 10:05 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック