北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月02日 (水) | 編集 |
仕事が休みだった嫁、GWにやって来る妹夫婦の要望で、
「ジンギスカンと言えばアイヌネギ!」
それを山に採りに行ったそうです。

HI3H0179.jpg
HI3H0180.jpg
HI3H0182.jpg
HI3H0195.jpg
HI3H0198.jpg

今回も山の花々が迎えてくれたそうです。

冬眠中のカタツムリとタケノコがひょっこり芽を出しています。
HI3H0187.jpg
アイヌネギも蕾を持っているのも現れています。
HI3H0189.jpg

↓こんな感じでアイヌネギは生えているそうです。
HI3H0186.jpg
HI3H0191.jpg
HI3H0193.jpg
HI3H0197.jpg

この山一面にアイヌネギが生えているそうで、
どこまで採りに入ればいいのか悩むそうですが、
結局、嫁のポリシーである「道路から5m以内」の範囲で、
アイヌネギを採っているとか。
HI3H0204.jpg
HI3H0205.jpg
HI3H0196.jpg
↑この道路の周りにもたくさんのアイヌネギが生えています。

HI3H0200.jpg
↓↑タラの芽 
食べ頃ですが、この芽を採ってしまうと木に影響が出るので眺めて終わりです。
HI3H0201.jpg

HI3H0203.jpg
ウドも出始めていますが、まだ小さいです。

HI3H0221.jpg
HI3H0206.jpg
HI3H0207.jpg
HI3H0218.jpg
今日30分の収穫分 少しばかり大きくなり過ぎているかも・・・

HI3H0216.jpg
売り物対象用のアイヌネギ

嫁が何度も訪れている山ですが、
『山菜のプロにとって時期がこえば最高の山で、時期が終われば忘れ去られた山。』
彼女はそう言います。
確かに大きくなったアイヌネギの商品価値は0円
でも、食べるのなら何の支障もナイと思うんです。
嫁も、
『後数回でこの山も終わりかも? あたし、山奥に行く気ないから。』
気温が上がれば山菜も大きくなり過ぎるので、
気温の低い山奥に行くしかないようですが、
楽して山菜を採る事を心情にしている彼女、
新たな獲物を見つけて移行するようです。

俺、会社の歓送迎会の二次会に顔を出して来ました。
二次会の会場から釣場に車を乗り付けてそこで仮眠を取ろうと思ったんですが、
東風が強いのようなので、日本海側でも竿を出せるかどうか、
それに明日は雨だから様子見するしかないようです。
GW全て天気が良いなんてなかなかなく、
あ~ァ~、日ごろの行いが悪いのは誰?と愚痴りたくなりますよね?
もちろん、俺の事になりますよね・・・。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。