北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月15日 (火) | 編集 |
今回、俺達は、はこだてサーフさんの釣り仲間のいる場所で、
一緒に竿を出させて貰いました。
と、そこまで書きました。

この事が俺にとっては不運でもあり、
ラッキーな出来事に出会う切っ掛けとなりました。
何が不運だと申しますと、
「俺と遊んでくれるクロガシラカレイはまったく居なかった。」
分かっていた結末なんですが、すごく悲しくなります。
ラッキーだった出来事、座布団クロガシラカレイと巨大クロガシラカレイを、
釣り上げた場面に立ちあう事が出来たって事なんです。

IMGP5310.jpg

まず皆の先陣を切って、ノッポ君がアイナメを挨拶代わりに釣って、
「魚ってこうやって釣るんだよ~。」
口に出さなくても、なんとも小憎たらしい顔をして態度で表します。
でも皆の狙いはクロガシラカレイ!
負けじと45㎝くらいのアイナメなんて眼中にありませんって態度で示しましたが、
う~ん、何でだろう、羨ましいかも。

!cid_01@120513_052140@______F01B@docomo_ne.jpg

まったりとした時間がゆっくりと過ぎて行きます。
風が左横(外海)の方から吹き、魚信があっても風で穂先が常に揺れているので、
どれが魚信なのかも分からない状況なんです。
時々、魚が付いているか確かめるのですが、亡霊の様に憑いてくるのはヒトデばかり。

IMGP5316.jpg
IMGP5317.jpg
IMGP5319.jpg

通称・L字埠頭にも、釣り仲間やはこだてサーフの釣り仲間が竿を出しています。

IMGP5322.jpg
IMGP5323.jpg
IMGP5324.jpg

↑ 室蘭でお世話になっているナオヤ君
噂ではこの釣場で自己最高の58cmを釣ったとか。

↓ 嫁の大好きな常務

IMGP5318.jpg
IMGP5320.jpg
IMGP5321.jpg

↑ おーい、中村君!
GWの6日の日、このL字で54.4cmのクロガシラカレイを釣っています。
↓ その時の魚拓です。

IMGP5358.jpg

室蘭2号埠頭で、過去に50UPを数匹射止めている社長さんにポイント説明を受け、
そこを重点に攻める事にしました。
でも・・・魚信はありません。
そんな中、静粛を破る様に
「タモー」
と騒ぐ男・社長さん。

IMGP5325.jpg

本日1匹目のクロガシラカレイです。

IMGP5330.jpg
50cmのクロガシラカレイ
IMGP5332.jpg

嬉しそうに笑っています・・・悔しいです。
だって、彼の竿と俺の竿が置いてある場所はほぼ一緒なのに・・・
餌は塩イソメ、仕掛けは各自自作のカレイ仕掛け、敗北の原因は何だろう?

社長は、
「札幌で接待ゴルフし、
その後のチレイなオネーチャンの居る店での接待蹴ってきただけあったよ。」
と言いますが、ウエアーのズボンのチャックを下げるたび、
風下にいると何やらほんのり石鹸の匂いがするのはナゼ?
彼の口から
「チレイなオネーチャンの居る店での接待蹴ってきた。」
と言う言葉が出た日には、必ずクロガシラカレイを釣っているようで、
もしかしてゲンを担いでいるのか? 

社長の目標とする「今日、取りあえず1匹!」を達成し、更なる高みを望み、
2008年度の自己最高54.0cmのクロガシラカレイを破る事、
そしてカレイ部門の2008年度の自己最高のババカレイ57.4cmを破る夢を抱いてます。
この第2埠頭と相性が良いらしく、年に1~2回しか訪れないのに、
彼の殆どのクロガシラカレイはこの第2埠頭で揚げています。

この日の社長は追撃はこれだけでは無かった。
この続きは明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。