北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月11日 (水) | 編集 |
ブログのコメント欄のシークレットに、
「今年は前田の爺さんの話書かれていませんが、
御健在なのでしょうか?」
こんな拙いブログを読んでくれている方から問い合わせがありました。

毎春、このせたな町を訪れ、
子供・孫のタメにせっせとマガレイ釣りをしている前田の爺、
実は今年も彼はやって来ていました。
こちらに来る数日前に、
「ひろしか? 俺だ、前田だ。
鵜泊漁港に入りたいんだが釣れている様だか?」
「数日間いた泊組も今朝、
車の人も見えなかったから帰ったんじゃないかな~?
何日も釣人が居たって事はソコソコ釣れていたと思う。」
入所したい場所と海の状況を知りたくて数回ほど電話を頂いてました。
俺の返事と天気次第で決行をいつにするか決めていたようで、
「場所が開いたって訊いたからすぐに走ってきた。
今回は2~3日の予定だ。
久しぶりだから仕事帰りに顔を出して行け。」
必ず着いたら電話をくれ、遊んでいけと促します。
俺もずうずうしいのでその言葉を真に受けて、
前田の爺の車があるうちは1~2度顔を出す事にしていました。

IMGP5206.jpg
IMGP5208_20120711235335.jpg
毎年頂く自家製野菜の漬け物

前田の爺のお孫さんも大きくなっているのですが、
娘夫婦のタメ、孫の、
「じいちゃんの釣った魚を食べたら他の魚食べれない。」
何よりも、
「美味しかった!」
この言葉が聞きたくて、彼には最高の賛美となるようです。

2回目の来町の時、
「数日泊まりがけで来ていた鷹ノ巣岬の釣人帰ったみたいだ。
珍しい事に今は誰も居ないよ。」
仕事に行く道中で見た事を教えると、
「すぐに移って来た、ありがとうな!」
そして、
「今朝、潮回りもよくて良い思いさせてもらったよ。
今日帰るのに、良いお土産が出来た。」
律儀にもお礼の電話をよこす方なんです。

前田の爺も年相応の行動を取るようになったのか、
「この後、どこに釣りに行く?」
と尋ねると、
「昔はあっちこっち行っていたけど、
今は春の釣りはせたな町の太櫓方面だけ。
後はサケ時期まで竿を出さない。」
と言うと、フッと一瞬暗い顔をして、
「俺の住んでいる近所も高齢者が多くなってきているし、
同僚や同級生もボツラボツラ旅立っているんだ。
俺もいつ呼ばれても不思議ではないと思っている。」
何とも寂しい話をしますが、
いつそのようになってもおかしくない年代となり、
密かに覚悟を決めているかのように俺は感じとれました。

今年も3回ほどこのせたな町の釣場に顔を出し、
その度に連絡をくれ、前田の爺の武勇伝を聞きつつ、
「来年もまた会えますように!」
帰り際に空を見上げ一番星に願を掛ける俺。

来年もまたな、前田の爺さん、それまで元気で!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
返事おそくなりました、ゴメンなさい
こんにちは、ノリゾー3840さん
前田の爺さん、元気でしたよ(笑) 昔ほど出歩かないところをみると、年相応となってきているようです。
今回、こちらに来られた際に、「近所で不幸があった、コレから葬儀に顔を出さないと・・・」とんぼ帰りした事も有ったようです。
それでも一人で走って来るんですから、きっと根っから元気なんでしょうね(笑)
2012/07/14(Sat) 14:27 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
元気で何より
写真の漬物を見ただけで しょっぱい臭いがしてきます(笑)
ここ2~3年 鮭釣りで会う事もなくなくなりましたが元気でしたか
まぁ 1人で鵜泊漁港まで出かけるくらいですから
ここ暫らくは逝く事も無いでしょう(爆)
2012/07/12(Thu) 06:26 | URL  | のりぞ~3840 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。