FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年08月29日 (水) | 編集 |
数日前、車を運転している最中、
ラジオから俺の気をひく話題が流れました。
ちょっと周波数がずれていたので、
よく聞き取れませんでしたが、
「河童はなぜキュウリを食べるのか?」
のようなニュアンスでした。
河童は昔、人を襲い、
その死体になった肉を主食としていたが、
反対に人間に襲われる事にもなったそうです。
ずる賢い河童は、
人間の死体の肉と同じ味のするキュウリに着目し、
危険を回避するために、
キュウリを食べるようになったそうです。
河童明神という所があり、
そこには河童が畑で悪さをしないように、
旬なキュウリやナスを75日間、祭壇に飾るそうです。
(もしかすると、45日間かも知れません。)
というのが、
「河童がキュウリを食べる」
有力な説だと力説しておりました。

俺はてっきり、
たんにキュウリが大好きかと思っておりました。
河童の身体の色とキュウリが同じ緑色だったので、
その色を出すためだとも思っていました。
北海道に河童伝説はあるか分りませんが、
他の各地には色んな伝説があるようですね。
子供の頃、川で遊んでいると、よく親に、
「河童に足を引っ張れるぞー。」
と、脅かされたものです。
TVで出てくる河童は愛くるしいですが、
水木しげるに出てくる河童は、ちょっとグロテスクです。

キュウリで思い出したが、春先(4~5月頃、)、
国道5号線からせたな方面に車を走らすと、
国縫川と並んで走るかたちになります。
川から、青臭い香りが立ち込めてきます。
とても、キュウリ臭いんです。
犯人は、大挙して川を登り産卵するキュウリ魚達。
東北以北に生息するサケ目キュウリウオ科の魚で、
キュウリウオ科の魚には、この他にシシャモ、
ワカサギ、チカなどで、どの魚も強い体臭があります。
そして鮎も、キュウリ魚科に属するそうで、
昔から鮎は香魚と呼ばれており、
スイカ・キュウリのような香りがしますね。
鮎とキュウリ魚とは、
まったく別ものだと思っておりました。
ものの本によると、鮮度がよければ刺身、
塩焼き・フライが良いと書かれてますが、
刺身では一度も食べた事がありません。
というより、喰わず嫌いなのかも知れませんね。

考えてみれば鮎の生態も、稚魚は川で生まれ海に下り、
産卵の準備のために川に6月以降に遡上し、
秋口には産卵のため、
河口をめざし川を下っていきますよね。
川で産卵し海で稚魚期を過ごす事を、
「両側回遊型」と呼ぶそうです。
知りませんでした。
やっぱり、キュウリ魚と同じ仲間だったんですね。
北海道では余市川や天ノ川が有名ですが、
利別川でも鮎は釣れるんですよ。
解禁は7月初め、まともに釣れ出すのは7月半ば、
以降最盛期を迎え、
お盆の声を聞くともう終盤近いようです。
あっという間に錆が入り、
9月にはいるとオスは真っ黒になり、
俗に言う「落ち鮎」になります。
一年で一生を終わる鮎、
年魚・香魚・川の王様と呼ばれているようです。

嫁の実家から利別川が近く、鮎が生息している川の瀬には、
その近くの民家の名がついており、地元の釣り人の間では、
通称「○◎の瀬」と、嫁の実家の名がついた所もあります。
嫁も子供の頃から、お盆前後には鮎師達の釣りを見て、
鮎の生態を教えて貰ったそうです。
かわいい少女時代の嫁は、
大人の釣る「おとり鮎釣り」は出来そうにもなかったので、
ミミズで鮎を釣っていたそうです。
という事で、鮎については嫁に教えてもらいました。
実家に帰ると、必ず利別川に鮎釣りを見に行っており、
嫁にとっては、夏の風物詩のようです。

余談になりますが、国土交通省の管轄である、
「国で管理する全国の1級河川の清流ランキング」
に、今年も後志利別川が昨年に続き選ばれました。
きっと、この時の水質検査がそうだったんですね。
ここだよ
新聞によると、(8/25 北海道新聞)
「調査はこれまで20回行なわれており、
このうち日本一・11回は同川だけ。」
と書かれておりました。
いつまでも、綺麗な利別川であって欲しいです。

「河童を見たい人」は、ここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、 釣好人見 さん。
残念な事に、俺にはチャンネル権が御座いません。(涙) だから、世界陸上が見たくても見れません、見せてもらえません。グスン。新聞で見る限りでは、今回の日本人の活躍はあまりないようですね。
確かに、カッパの奥さんの方の方が色気がありますね。昔の嫁の風呂上りには・・・エヘヘヘ、でも、今は、
性格はワニ・体格はカバと変身、可愛いカッパでないのはたしかです。(笑)
北海道にはタガメはおりません。
ネットで調べたら、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されているそうですね。カッパやタガメにとって、住みずらい世の中になったみたいですね。
2007/08/31(Fri) 22:05 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ここしばらく、夕食後は世界陸上に釘付け。今のところ、前評判だった日本選手が、決勝に残っていないのが残念(>_<)スポーツの基本である、走る、投げる、跳ぶ、は結果が数字でハッキリでるので観ていてスッキリ。ルールのあるスポーツは判定に時々?と思う事があり釈然としない時がある。ところで、河童の件ですが、幼稚園の帰り道、用水路に田んぼの水を流している時に、私達の間で河童、と呼んでいた生物が、何匹も流れて来た。5センチくらいで茶色、硬い体で足も6本鋏みのような物もあったから、記憶をたどる限り、キュウリを食べる河童じゃなく、昆虫のタガメ、だった気がする。大阪の片田舎では、タガメをカッパと呼んでいたのかも?最近の嫁の風呂上り姿をみていると、日本酒のCMの、カッパの奥さんの方が、背中に甲羅があっても、色気がある気がするのは私だけ?(~o~)
2007/08/30(Thu) 21:33 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック