北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月19日 (日) | 編集 |
お盆休みも終わり、19日は日曜日だと言うのに仕事の俺。
そんな俺の元に、釣りに関する朗報が飛び込んできたのと、
釣り仲間の函館つるさんから、
「俺は12魚種、畑山さんは16魚種釣った~。」
と言う報告が入りました。
釣りに関する朗報は、確認事項が終わったら皆さんに報告できると思います。

さて、函館つるさんの報告ですが、
彼が毎年恒例としている松前小島周辺の船釣りの釣果なんです。
この時期に決まったのは、
函館つるさんの船釣り仲間の畑山さん(ダイワ―のテスター)の、
「メバル釣りたいねー!」
一言で、メバル用の網が引き揚げられた8月に決定したそうです。
18日の正午頃、船に乗るメンバーが集まり次第出発し、
畑山さんご希望の松前小島周辺のメバル釣り場で竿を出したそうです。
この場では、
ウスメバル(エゾメバル)、クロメバル、アカメバルの3魚種が釣れたとか。

松前小島周辺の夜釣りと言えば、ソイ類は欠かせません。
マゾイ、クロゾイ、ガヤ、ハチガラが釣れ、他の方はシマゾイも釣り、
ソイ類の釣果の8割はマゾイばかりだったそうです。

函館つるさんにはヒラメは釣れなかったそうですが、
この場でワームで遊んでいた方にメーター超えのヒラメが釣れ、
周りは騒然となったようです。
道糸がフロロ1.5号ということもあって、
慎重に浮かせタモ入れまでしたんですが、
メーター超えのヒラメに対応するタモが無かった事や、
ヒラメが狂暴だった事もあって、
3回目のタモ入れの時に糸が切れてバイバイしちゃったそうです。
残念でなりませんが、釣った方は、
「遊ばせて貰ったから!」
はつらつとしていたそうです。
ソイ類のアタリが途絶えた事もあって場所位増したようです。

松前小島の真裏の部分にあたる場所で竿を出したそうです。
函館つるさんはここではイナダ(70cm)、ムシカレイが釣れ、
他の方にはコブダイ、ヒラメが釣れたそうです。
その内、うねりが強くなり遂に函館つるさんもダウンしたと言います。

朝になりましたがうねりが強いため帰港する事にしたそうですが、
「沖五目釣りがしたい。」
と言う方がいまして、沖五目釣りもしたようです。
ソコではホッケ(根ボッケ)、タラ、ヤナギノマイが釣れたんですが、
海底から引っ剥がしてきた魚を目当てにサメが突入してきたそうです。
それも水深20m付近まで上昇して来ると、
電動リールが止まるほどの衝撃が襲い、
フッと軽くなると仕掛けごと無くなっているそうです。
ソレを見た船頭の判断で、
「次行くぞ~」
やはりそこでも同じ結果だったようです。

この他に、サヨリが大量発生している場所に出くわし、
ソレも獲ったそうです。
ここであえて書いてませんが、
竿を出した場所ではどこでもアイナメは釣れたそうです。

松前小島付近の海域ではブリ、マグロの通り道があるようで、
この日も船近くで鳥山ができ、ブリが跳ねていたそうです。
狙ってみたそうですが、残念な事に見向きもされなかったとか。
う~ん、この時期の船釣り、これだけ釣れば十分、
ううん、魚が濃い場所だと思われます。
今年は俺、チャンスを逃しましたが、
ぜひ船釣りで根モノ狙いたい場所でもあります。
あ~あ~、俺も釣りた~い。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
う~ん、
こんばんは、仏さん
やはり時代が違うようです。 今回のお名前の方は先生としては全く知りませんが、ウチの子の同級生の親、それだけしか知りません。
2012/08/20(Mon) 23:49 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
楽しみ、にしてますよこのブログ
2012/08/20(Mon) 01:46 | URL  | 仏 #-[ 編集]
中川清先生
2012/08/20(Mon) 01:45 | URL  | 仏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。