北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年09月08日 (土) | 編集 |
嫁がガリガリ君を買いに行った時の事です。

俺に数枚の写メが届きました。
『呼び名が分からないからデカトンボって呼んじゃったけど、
コレってトンボ? カゲロウの仲間? 見た事ないんだけど何物?』

HI3H0382.jpg
HI3H0385.jpg
頭からシッポまで大きさ約5㎝
触角を入れると約6cm
HI3H0388.jpg
羽を収めると約7~8cmくらい
触角を含めると約8㎝以上になる。
HI3H0389.jpg
HI3H0381.jpg

遂に写メを撮った人間がボケたのか?と思うくらい、
今一つピントもあってなくてボケボケ。
そんな写真から判断すれと言われても・・・
『シオカラトンボと言うよりはシオヤトンボの胴体の色を濃くした感じで、
顔はカマキリかカゲロウって感じ。』
と言う内容も書かれてましたが、
俺、残念な事にこの生物(昆虫)見た事が無いんです。
どなたか知っておられる方がいらしゃったら教えて下さい。

それにしても普通の女の人でしたら、
指に昆虫なんて気持ち悪って止めないとおもうですが・・・
野生児の嫁にはそんな事お構いなしの様です。


カゲロウという言葉で、俺の犬並の脳ミソが一気に過去に戻り、
「♪愛はかげろう♪ ♪愛はかげろう♪ ♪愛はかげろう♪」
壊れたラジカセのように歌詞の一部だけリピートを繰り返しております。
いつまで経ってもそのフレーズが頭から離れないので、
スッキリさせるタメ、探して聴いてみました、
懐かしくなったので載せておきますね。 



愛はかげろう 雅夢

窓ガラス 流れ落ちてゆく雨を
細い指先で なぞってみる
くもりとかして すべる指先に
伝わる冷たさ 心にしみる
忘れ去られた 部屋の片隅
貴方の影 今もゆれてる

愛はかげろう つかの間の命
激しいまでに 燃やし続けて
別れはいつも 背中あわせに
人の心を ゆらして

別れ言葉を 口にする貴方は
いつもとちがって やさしすぎた
はき出すタバコの 煙の影が
教えてくれた 偽り言葉と
あつく いだかれた日々を
倖せと言えば かなしい

愛はかげろう さめきった愛の
過ぎ去る後に 残るものは
いつも女の 乾いた涙
さまよい歩く 迷い子

愛はかげろう つかの間の命
激しいまでに 燃やし続けて
愛はかげろう つかの間の命
激しいまでに 燃やし続けて

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
お仕事、忙しいんですね、暑い中御苦労さまです
こんばんは、釣好人見さん
大会のお手伝い御苦労さまでした。 子供達にも楽しい記憶となって、将来、有名な釣人がその中から出るかも?なんて夢かも知れませんが、そんな事もあって良いかも(笑)

ありがとうございます。 わざわざ調べて下さったんですね、感謝です! 嫁の話では『見ている内に愛着が出ちゃってさー、連れて帰って来ようと思ったんだけど、短い人生、好きにした方がデカトンボも幸せだと思ったの。 だからあたしも・・・』相も変わらず訳のわからない事を言いだしやがります(笑)
2012/09/11(Tue) 23:31 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
昆虫博士ドラム缶と呼ばせて貰います(土下座)
こんばんは、ドラム缶さん
ありがとうございます、そんなトンボがいるとは知りませんでした。 ヘビトンボで検索すると色々な種類がいるんですね。
このコンビニの明りにつられてくるようで、時々、夜にその姿が見られるそうですよ。 
2012/09/11(Tue) 22:00 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろしさんへ。お久しぶりです。仕事が詰まっていて読み逃げですみません。今日は善意の釣り大会に参加して来ました。朝は秋の気配でしたが審査の時間は、暑くなり、須磨海水浴場の釣り場は、充分泳げる感じでした。招待した子供達に、釣りの楽しさを教えるのが趣旨でしたが審査では、70センチを超えるスズキ、を釣り上げた子供がいて一生の思い出になれば良いなぁ。と思いました。70センチ超えなんて、私達の大会でも優勝サイズですよ。昆虫ですが、買って貰った図鑑でも、ヘビトンボのようです。図鑑にとまっている写真は無かったのですが、羽根を腹部の上に屋根型に畳んでとまる。と、書いていました。
2012/09/09(Sun) 19:37 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
その虫は
おそらく、ヘビトンボだと思いますよ。
幼虫は水生でトンボと一緒。
ただ、ヤゴと姿が全然違います。
水が綺麗なところにしかすまないはずで、環境指標にも使われてたと思いますよ。
2012/09/09(Sun) 09:01 | URL  | ドラム缶 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。