FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年09月01日 (土) | 編集 |
新聞で「バルサン 飛ぶ虫氷殺ジェット」
の自主回収が報じられた。
我が家にも、あるんです。
IMGP2467.jpg

なんせ、こうゆうモノが大好きな嫁が発売すぐに買ってきました。
でも、すぐにあきて、そのまま放置してあります。
嫁は、
『止まっている虫には効くけど、飛んでいる虫には無理。』
と言い、
『1匹の飛んでいる虫にあたって死ぬまでに、半分くらい減るの。
これって、損。絶対に業者の陰謀よ。』
と、付け加えました。
早速、新聞を見た嫁は、
「お客様相談窓口」のフリーダイヤルに電話をするが、
「只今、電話が混雑しております。
後ほどお掛け直してください。」
と、繰り返しアナウンスが流れる。
そうすると、意地でも相手が出るまでかけたくなるようだ。
新聞に発表されたその日の夕方、
30分間ねばって電話をかけるが、悲しい事に繋がらない。
そして、遂に受付時間が過ぎる。
次の日、再チャレンジしたようです。
最初は「プーゥプーゥ」と電話使用中。
すぐに掛けなおすと、悲しいテープの音声案内。
掛けなおす事、数十回目でやっと繋がった。
若いお兄ちゃんの声だったようです。
でも、かわいそうに声はガラガラに枯れ、テンションも下がり気味。
嫁の話では、お兄ちゃんの受話器の向こうから、
「すみません、大変ご迷惑をおかけしております。
お怒りになるのはごもともです。本当に申し訳ございません。」
という対応の追われた職場の混乱さが、
漏れ聞こえてきたということです。

ここから、お兄ちゃんと嫁のバトルのはじまりはじまり。
「はい、こちらバルサンお客様相談窓口です。」
『あのー、新聞を見てかけました。』
「お客さまの持っている商品のお名前を教えてください。」
『エート、飛ぶ虫氷殺ジェットで450mlです。』
「飛ぶ虫氷殺ジェットで450mlですね。」
『はい』
「一週間くらいには、
当社指定の宅配業者が専用回収箱を持参致します。
お客さまのお名前と住所と電話番号をお願いします。」
『北海道久遠郡・・・・』
「えっ、くとう郡?」
『く・ど・う・郡』
「はとう郡?」
『かきくのく・だぢづでどのど・あいうのう』
「ぐとう郡ですか?」
『く・です』
「北海道くどう郡ですね?」
『はい、そうです。』
「続きをお願いします。」
『せたな町』
「したな町?」
『せ・た・な』
「ぜたなですか?」
『さしすせのせ・です。』
「せなたでいいんですね?」
『は~ぁ?せ・た・なです。』
と、一事が万事このような調子で、
やり取りをしていたそうです。
電話を切った嫁はグッタリしておりました。
冷たい麦茶をイッキ呑みし、
『頭にきた。だって、すみませんのひとコトもない。
もう一度かけて、文句いってやる。
私はクレーマーの鏡なんだから。』
と、息巻いておりましたが、ポテットチップスのBigサイズで、
ひとつの欲が満たされてしまったのか、
結局、電話をせず居眠りし始めました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コンバンハ、釣好人見 さん。
俺が千葉に住んでいた頃、初めてゴキブリを見ました。「なんじゃーこりゃー、ホー、これが噂のゴキちゃんか?」と見入ってしまいました。一瞬、メスクワガタかと思ったんですが、同じ職場の人に聞いたら、ゴキブリだと教えられました。部屋に1匹いたら、その後ろに5~6匹いて、慌てて殺虫剤をまきました。焦りましたね。フェリーに乗って北海道にもゴキブリは上陸したようですが、小さいようです。どこかの小さな虫だと思うくらいだそうです。嫁はきっと、ゴキちゃんを見たら、飼うと言い出しそうで怖いです。(笑) なんせ、虫はへっちゃらなので・・・蜘蛛も素手で触れます。俺は蜘蛛の目が大嫌いで、なんであんな小さな身体に目が沢山あるのか意味が分りません。でも、嫁は蜘蛛の巣に行って、蜘蛛の観察をしています。で、俺に「
今日、どこそこの蜘蛛がオスを食べたみたい、残骸があったよ。」と、逐一報告します。俺にとってはどうでもいい話なんですが、嫁にはスゴイ事のように話します。困った嫁です。北海道の蜘蛛は本州に比べたら、小さいので、言ってくれればタダで分けてあげますよ。(笑)
2007/09/02(Sun) 21:58 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
我が嫁の最大の弱点は、蜘蛛です。他のムカデやゴキブリなどは、平気で退治できるのに、蜘蛛だけは、ダメ。子供の頃に、机の下に放り出していた、黒のお稽古袋を、取ろうとして、第六感と言うかこの中から、蜘蛛が出てきたら・・・と思いながら手を伸ばした瞬間!10センチほどの蜘蛛が這い出て、Tシャツの袖口辺りまで這い上がり、振り払った途端に子供が産まれて・・・恐怖だったそうな。と言う訳で、蜘蛛の出る夏は、私のバイトが始まります。家に出た蜘蛛、一匹1000円で退治を請け負ってます(~o~)今年は5000円稼ぎました。氷殺ジェットではありませんが、泡で固める殺虫剤を買った事がありますが、あれも、使い方が難しかった(>_<)ゴキブリを固めようと思うと、動きの先回りをして噴射しないと、床に白い蟷螂の卵状のものができて、後片付けが大変。結局、新聞紙で叩くのが一番。が我が家の結果です。でも、ひろし。さん。バイトの手伝いをしよう、と思っても蜘蛛は送らない下さい。(^_-)-☆
2007/09/02(Sun) 20:59 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック