北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月01日 (月) | 編集 |
お殿様はちゃんと約束を守り、
「昨日はしっかり休んだことだろう。
お前達心得ているだろうな? 余のタメに働けー!」
嬉しいお言葉と共に弁当が配られました・・・はい、弁当残業です。
伊達+八雲+落部=数トン、浜益+泊(積丹)=数トン、
オホーツク70トンの鮭が入荷してきました。

土曜日に室蘭の崎守を通った方から、
「なんぼか釣れていたよ。 
車止めて見ていたら、ウエダーを履いた若者が一匹釣っていたぞ。
その他に魚持った釣人もいた。」
と言う報告を受けており、その数日前から少しずつですが、
伊達方面の定置網に鮭が入っていると言う情報も頂いていました。
定置網に鮭が大量に掛った時は、サーフでも鮭が岸寄りしており、
俺が鮭釣りに行く場所の目安としています。
今年はまだ一度も鮭釣りに出掛けていないのを知っているかのように、
「毎日残業だって? だったらイクラまだ食ってないでしょう?
コレ食べて残業乗りきって下さい。」
と知り合いの会社から頂きました。

IMGP6485.jpg
IMGP6490.jpg
IMGP6486.jpg

あざーす、温かいご飯にたっぷり乗せて食べたいと思っています。

話は変わって、
昨日の新聞に、先月(9月)の海の状態をまとめた記事が出ていました。
俺のブログは健忘録も兼ねているので、
数年後、あの時は・・・と分かる様に載せておきたいと考えています。

◆道沿岸にサバ、カジキ、ボラ… 秋の漁で異変次々 
残暑で高水温 サケは振るわず <北海道新聞9月30日朝刊掲載> 

記録的な残暑により海水温が高いまま推移している影響で、
北海道沿岸の漁に異変が起きている。
暖水を好むサバやカジキ、ジンベエザメなど“珍魚”が次々と網にかかる一方、
この時期の主役であるはずの秋サケ定置網漁は振るわない。
漁業関係者は「早く北海道らしい豊漁の秋に戻ってほしい」と恨めしげだ。

道東沖には今秋、サバの群れを追い求め、漁船約20隻が集結した。
前年にほぼゼロだった水揚げ量は27日現在、6640トンに上り、
1978年(2万2730トン)以降最多となっている。

高い海水温で、えさとなるプランクトンが道東沖で繁殖し、
サバが南下せずにとどまっている可能性があるほか、
東京電力福島第1原発事故以降、
宮城県から茨城県までの沖合で巻き網漁が自粛中のため
道東沖への来遊が増えたためとみられる。
「市場でこれ以上さばき切れない」と、道まき網漁業協会(釧路)は、
1日200トンまでという初の水揚げ量制限に乗り出した。

道東漁業の主力であるサンマも豊漁で、
全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま、東京)は操業制限に入っている。
サンマは例年、9月には徐々に南下し始めるが、
今年は高水温が南下を遅らせているとの指摘もある。

根室管内では、8月に標津町沖で、9月27日には羅臼町沖で、
それぞれカジキ1匹が定置網にかかった。
カジキは温暖な外洋を高速で遊泳する大型魚で
「沿岸ではなかなか捕れない魚種」(羅臼漁協)だという。

十勝管内広尾町沖では6月にトキシラズ(シロザケ)定置網漁で
クロマグロ1匹がとれた。
9月に入ると同町沖や隣町の大樹町沖でボラやフグ、フクラギ(ブリの若魚)、
マツダイなど耳慣れない魚が次々と網に入る。
地元ではどれもなじみが薄いため広く出回ることはなく、
刺し身用などとして飲食店などに安く販売されている。

体長305メートルのジンベエザメが秋サケ定置網にかかったのは後志管内余市町沖。
ジンベエザメは本来、関東以南の暖かい海に生息するサメだ。
17日におたる水族館(小樽)が保護し、翌日から展示していたが
「飼育の経験がなく、手探りで餌をつくって与えたが食べなかった」という。
27日、海に返した。

その一方で、秋サケは漁模様が思わしくない。
道漁連によると、27日現在の秋サケ累計漁獲量は3万579トンと、
前年同時期とほぼ同じ低水準のまま。
残暑で海水温が上昇していることが主因とみられている。
道内沿岸の秋サケ漁獲量は2003年以降、減少傾向にあり、
ここへきての高水温が不漁に追い打ちをかけている格好だ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
メジナ
こんばんは、おっさんさん
案外メジナ居ても不思議ではナイかも知れませんよ。 今から数十年前の夏に、せたな町の瀬棚漁港のテトラ脇をイシダイのコッコが泳いでいたりしてたし、数年前には北海道で獲れたっていうメジナが店頭に並んでいたのを見つけ500円で買って刺し身で食べた記憶があります。
それにしても息子さん、さかなクン顔負けの魚通ですね。 パツと見ただけでメジナだと分かるなんて・・・将来は大物の予感がします。

お尋ねの件ですが、もう十年以上同じ番号を使っています。
後でメールしますね。
2012/10/04(Thu) 00:55 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
さば、大好き
輸入の大西洋さばでなく、近海物は煮ても焼いてもおいしいですよね、お上品な味で。
特にしめ鯖は、国産に限ります。

異変?つながりですが、小樽でメジナが釣れているようです。
実は私の田舎での事ですが、お盆に見慣れぬ小魚が泳いでました。
たなごでもなく、小ぼらでもなくて、息子がメジナみたいだなと言ってました。
私は、そんな魚、居るはずないと思ってたもので、気にも止めませんでしたが、もしかして、メジナだったのかもしれませんね。

2012/10/02(Tue) 12:53 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。