北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月02日 (火) | 編集 |
今日も弁当残業でした。
日本海側の島牧村から20トン、
泊(積丹)+浜益=トン数を確認していませんがお昼頃に入荷、
オホーツク100トンは夕方に入荷してきました。

残業を終えてウチに帰ると、嫁が台所で何かと格闘しています。
チラリと見ると、まな板の上が真っ赤っか・・・よく目を凝らして見ると、
真っ赤に色づいたピーマンがのっつり乗っかっていました。

IMGP6492.jpg
袋の中にも赤ピーマンが・・・。

「こんなにどうするんだ?」
と嫁に尋ねると、包丁を振り回しながら、
『料理に合わせて切って冷凍しとくの。
使う時は冷凍のままで火を通す料理しか使えないけど、 
冬季間、野菜って高いじゃない。
今だったら実家に行けば野菜が畑にうじゃうじゃ生っているから、
勝手に盗ってきちゃった。
採り遅れたからピーマンが熟成しちゃってカラーピーマン、
中にはパプリカになっているのも有るんだよね。』
せっせと包丁を忙しく動かしています。

IMGP6496_20121002211908.jpg

カラーピーマンとパプリカ、この違いが分からないので嫁に問うと、
『あんたが好きなピチピチのチレイなオネーチャンがピーマン、
襟足の色っぽいスナックのママさんがカラーピーマン、
熟したのがあたしでパプリカ、呼び名が違うだけで中身は全部一緒なの。
何、その疑いの目は?』
クルリと俺に背中を見せると、
『あたしの悪口書くだけがネットじゃないんだから、そこで調べなさい!
それからあたしがあんたにブゥブゥ文句言っているって書いてあったけど、
アレ間違いよ、ブヒブヒだから~。』
一瞬、
「畑で腐って落ちているのがお前だよな?」
と口を滑らせそうになり慌てて手で口全体を押さえました。
だってドスのきいた地声と台所に立つ嫁の背中から、
『コラ、てめぁ~、余分な事言うんじゃねぇーよ!』
俺に対する殺意が滲み出ている気がしたんです・・・怖~。

IMGP6498.jpg

で、ネットで調べると、
「日本の市場では、有色に着色した果肉の、肉厚の薄いものをカラーピーマン、
肉厚の厚いものをパプリカと、呼び分けているようです。」
と書かれていました。
そうか、だから、
『熟したのがあたしでパプリカ。』
彼女にしては上手い例えだと思ったら、早い話が面の皮がぶ厚い、
全体的におデブだと言うのが嫁だと言う訳ですね、納得!
          
IMGP6494.jpg

嫁の話では、
『ししとうも熟して赤くなっていたよ。
それも採ってきたんだけど、近所のおばちゃんに食べると言うからあげた。』
ピーマンも冷凍出来るのですから、ししとうも冷凍する予定だそうです。
この他に熟したトマトで大量のミートソースを作り冷凍したとかで、
俺の危惧する事は、
「はたして冬季間でコレ全部食べ切れるんだろうか?
使い切れるんだろうか?」
食事を作って食べさせて貰っている身なので・・・
そんな事間違っても口に出せませんよね・・・命惜しいもん。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。