北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月25日 (木) | 編集 |
昨日、せたな町にある真駒内ダム方面のとある家に用事を済ませた後、
天気に誘われて、風流と言うか嫁らしかぬ行為、
“紅葉を愛でる”散策に出掛けたそうです。
で、俺に写メを送りつけ、
『携帯で撮ったんだけど綺麗に撮れたと思う、どうよ?』
ブログに載せれって事なんだと言う事の様です。

HI3H0441.jpg

残念な事にまだ紅葉は少しばかり早かったようです。

HI3H0443.jpg
HI3H0444.jpg
HI3H0442.jpg

嫁の機嫌を取ったので、暫くは安泰だと思うんです。
で、今週末は嫁は仕事、俺は会社が休みだってことを願って、
密かに仕掛けの一部を作っています。

IMGP6715_20121024224125.jpg
IMGP6716.jpg
IMGP6717_20121024224124.jpg

IMGP6710_20121024225037.jpg
IMGP6707.jpg
IMGP6708_20121024225022.jpg

コレが終わったら、来週末(11月)に俺を置いて、
釣り仲間と内浦湾(噴火湾)の船鮭に出掛ける嫁の仕度をしなければ、
おもいっきりドヤされちゃいます。
なんせ一年前から予約をしとかないと乗れない人気船、
知り合いが一年前に船2艘チャーター予約した時に、
『そのメンバーにあたしも加わっているんだよね、ねっ!』
半強制的に承諾させ、
『旦那仕事だから、あんたがあたしの面倒見るんだよ。』
震える子猫のように懇願しながらも鬼の様に恫喝し、
その仲間に加わる事になっています。
例年だったら、
この時期に試し釣り(船釣りの試し釣り)の話題が流れて来るんですが、
今年はまだ流れてきません。
天候もコロコロと変わることや、
海水温が高く鮭の岸寄りが遅れているのが原因だと勝手に想像しています。

内浦湾の定置網は不振ですが、
川への鮭は大好調のようだと新聞に書かれてました。
記事を読んでいて何となく納得してしまいました。
きっとせたな町の鮭も同じ様に川に遡上していると信じたいですね。

◆海水温高く定置網漁は不振でも・・・河川でのサケ捕獲好調
 海の低温域から「直行」 遊楽部川昨年の2倍 
 <北海道新聞朝刊 2012/10/21>

【八雲】道南沿岸の海水温が高くなっている影響で
秋サケ定置網漁の不振が続く中、
渡島管内の河川に遡上したサケの増殖用の捕獲が好調だ。
管内の主力河川の遊楽部川では昨年同期の2倍を超えるサケを捕獲。
高水温によりサケが川に直行している、との見方が出ている。

渡島さけ・ます増殖事業協会によると、
遊楽部川で今季捕獲したサケは17日時点で約1万3千匹。
不振だった昨年同期の2.2倍で、
過去5年の平均値から見ても今年は多いという。
渡島管内では、戸切地川(へきりち川=北斗市)が2.4倍、
茂辺地川(もへじ川=北斗市)が60%増など、
他の捕獲川でも軒並み前年を上回る。
道さけ・ます増殖事業協会によると、
河川での捕獲が好調なのは全道的な傾向という。

対照的に、
八雲町沿岸の秋サケ漁は不漁だった昨年同期の半分程度しか水揚げがない。
管内では好調な漁場もあり明暗が分かれているが、
道漁業管理課は
「総じて見れば不振が続いている」という。
水産総合研究センター八雲さけます事業所は
「今季が終わらないと何とも言えないが、今夏の猛暑で海水が高くなったため、
サケが低水温の深いところなどを通って定置網にかからないまま川を遡上する
『河口直行』の傾向が強まったのでは」と推測する。
八雲などでの秋サケ漁は11月が最盛期で、
水温の低下とともに復調する可能性はある。
「前半は海がまったくだめだったが、
将来につながる増殖用を確保できているのがせめてもの救い」
(八雲漁協)と話している。

IMGP6712.jpg
IMGP6713.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。