北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年11月13日 (火) | 編集 |
今回のサケ船釣りのネタを載せるにあたって、
プライベートでサケ釣りに来ていた、
工藤準基さん、三好りささん
の写真撮影と撮った写真を、
個人ブログに載せる許可を快く頂いた事に深謝致します。



◎嫁のつぶやき ― ろくでもない男達と老眼バンザーイ

『トモ(船の船尾)に乗った男って、ろくでもない男ばかりだった。』
写真に指をさして説明する嫁。
『この3人集まると煩くて、まるで子供みたいにはしゃぐんだもん。』
とも言います。

IMGP6800_20121113000648.jpg

この3人の会話の実況中継しだした嫁。
おーい、中村君!と社長
「つるちゃん、船カレイ釣りは上手いけど、サケ釣りへったぴーだもんな。
しゃないよな、どれ、俺達がサケ釣りおしえてやるか!」
函館つるさん
「俺、昨年から船釣りでサケ釣った事がナイ。
今年2回乗ったけど、ソレもボンズ、3連敗中。
今日釣れなかったら4連敗になってしまう。
おーい、中村君!と社長、ぜひぜひ、釣り方教えて下さい。」
苦笑いして頼んでいたそうです。

函館つるさんのちっぽけな名誉のタメ言っておきますが、
『カレイも上手いけど、五目釣りも得意だよ。』
嫁がfollowらしい言葉を発したようですが、何かを思い出したのか、
『そう言えば、この船団の長も番屋でジジィを見た時、
おっ、つる、カレイ釣りに来たのか?!って茶化していたし、
番屋に居た他の船頭にも同じ事言われ、
顔見知りの釣人にも似たような事言われていたわ。
彼のイメージってカレイ釣りなんだろうね。』
嫁に、函館つるさんのイメージは?と訊くと、
『普段は女に縁のナイただの冴えない中年男!
でも、船に乗ると何故かイケてる男!』
・・・・・俺はあえて何も言いません。

IMGP6822.jpg
IMGP6823.jpg
IMGP6824.jpg

『毎年さ、この中の一人にさ、一応何かがあった場合、
あたしの面倒見てくれって頼んでいるけど、
今まで殆ど面倒なんて見てもらった事なんてない! 薄情な男共だよね!』
ブツブツと愚痴っています。
彼らの名誉のタメ言っておきますが、
過去に一度だけおーい、中村君!に嫁が釣ったサケの頭を叩いて貰った事があり、
今回は函館つるさんにルアーチェンジを一回だけして貰ったとかで、
社長は毎回、嫁のおしゃべりの相手をして貰っているそうです。

IMGP6820.jpg

『竿を振るたび、
ビューン、ドボン、ダダダダダァーって、
まるで子供が玩具で遊んでいるかのように言うだもん。
挙句の果てには、俺、チビノリダーなんて言いだしてさ、
仮面ライダーごっこして遊んでいるんだよ。
可愛い子供なら様になるけど・・・
頭皮に大問題抱えている大人がやったら何もかも台無しよ。』
おーい、中村君!の遊びについていけなかった事が悔しかったのか?
それともその遊びを見て、遥か昔に忘れ去った母性本能が呼び起こされ、
母親の目になって見守っていたのかは定かではありません。

仲間の指導?のお陰で4連敗を阻止出来たようです。
IMGP6825.jpg
『記念写真撮るよーぉー。』
「えーっー・・・分かった。」
IMGP6826.jpg
「やばぇ、サケの持ち方忘れたぁ~。」
IMGP6827.jpg
会心の笑みで、
「お袋、今日、イクラ食わすからな。
昨日一日(土曜日)いっぱい俺と行動を共にしてくれた釣友よ、
やっと俺にもサケが釣れたぞー!」
という報告だそうです。

IMGP6828.jpg
函館つるさん、本日2匹目のサケと格闘中
IMGP6829.jpg

嫁が深いため息をつきながら、
『あのね、社長が船にサケの頭叩き棒が見あたらないって言うから、
ウチで持ちこんだ棒を貸し出したの。
そしたらね、一番先に社長がウチの棒に魂入れしちゃってね、
ジジィなんて自分の棒っこは人に貸して、
わざわざウチの棒で2回も叩いたんだよ。
持主より先に叩くなんて絶対おかしいよね?』
ブツブツ怨み節を吐いてました。

IMGP6801_20121113000647.jpg

このろくでもない男達とろくでもない女の4人組は、
何故か人一倍サケの跳ねを見つけており、
『ねぇ、アソコでサケ跳ねたよね?
ホップ・ステップ・ジャンプって3回跳ねたよね?』
「うん、間違いなく3回跳ねた。
船頭、11時の方向200m先でサケ跳ねたぁー!」
トモ(船尾」)から大声で叫ぶ事が何度も有りました。
時には遥か遠くでサケの跳ねを見つけるのですが、
今から走って行っても間に合わないのが目にみえているので、
仲間内で“サケ跳ねた、頭はあっち方向”と話していたそうです。
皆の見解は、
『老眼になりつつあるから遠くのモノがよく見えるよね、
老眼バンザーイって事じゃない?!』
無理やりこじつけて言っているように聞こえますが、
本人達は至って真剣だと言う事です。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。