FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年09月09日 (日) | 編集 |
天気 晴れ
風  朝方、弱い南東 

今日は、嫁の情報を基に、サケ釣りに行って来ました。
場所は、伊達・気仙川河口。
IMGP2610.jpg IMGP2611.jpg
今日の様子

毎年1~2回程この場に釣りに行き、
入所する場所は、左岸の河口から100mくらいのところと、
決めております。
昨年は1回行きましたが、
結果は、
マイボート数艘がちょうどサケの溜まり場所でサケ釣りをし、
俺は投げる事も出来ずボンズでした。
今年の初釣りは・・・・やはり、ボンズでした。
河口の流れが左から右へと移行し、
サケが溜まっていなかったのと、
昨日の夕方、釣られて?しまった事です。
昨日の朝は、全体で30本くらい釣れたそうですが、
今朝は、河口で5~6本だけでした。
俺は、年1~2回しか行かない釣場でしたが、
そんな俺達の姿を覚えていてくれる方がおりました。
その方から、声を掛けてもらい、
1年振りの対面となりました。
お互いの顔だけは分っているが、
名前は知らないのですが、覚えていてくれただけ
ありがたかったです。
お互いの安否と釣場情報交換をし、世間話のなかで、
その方が教えてくれました。
「浮きをつけ、その下重たいジグミノーをつけて、
早く巻いて引っ掛けているヤツに根こそぎやられた。」
と、言います。
そう言われて、河口側によーく目を凝らして見ると、
確かに浮きをつけ、その下にはジグミノーらしきモノをつけ、
他の人より遠投しており、超高速リトリーブを繰り返す輩が
数人おりました。
人それぞれの解釈なので、難しい問題です。

この釣場を早めに見切りをつけ、やはり昨日の朝、
同じく30本くらい上がった
室蘭市・チマイベツ川河口へ移動しました。
河口こそ小さいですが、まだ、結構な数の釣り人がおりました。
もちろん河口には入れないので、
そこから少し離れたところに入所し、
俺だけ竿をふりました。
サケのライズはあるものの、日が高くなっていたので、
食い気のあるチャンスを逃してしまいました。
早くからこの場に入っていた人は、
手に1~3本くらい持っておられました。
約1キロくらいしか離れていない場所なのですが、
こちらの雰囲気は、浮きルアー釣りしかいなかったので、
ギスギスした感じは全く無く、
ノホホーンとマッタリとしているのですが、
それでも釣ろうとする気迫はありました。
その中で、もっとも殺気だっていたのは、
俺だったかもしれませんね。
はい、ここでも俺の釣果は、お決まりのボウズです。

今年の水産庁のサケの予想は、
100本に4本くらいの回帰率
サケの水揚げは例年より少ない。」
だそうです。
これから、どうなるのでしょう。

☆今日の俺の情報
○道南 石●漁港 
全体で100本以上釣れましたが、
釣り人も200人くらいいたそうです。

こちらから釣りに行った人の話では、
場所取りで言い争う釣り人達、
浮きルアーにサケが掛かり、
港内をサケが走り他の人の仕掛けに引っ掛けて
罵声を浴びせていた人もいたそうです。
この方の車に、サケが外れてルアーが飛んできたそうです。
幸い車には、たいした傷もつかずにすんだようです。
ケガのないように、十分気をつけて遊んでくださいね。

○伊達・気仙川河口
今朝河口で全体で5~6本くらい上がったそうです。

○室蘭市・チマイベツ川河口
今朝は全体で30~40本くらい上がったそうです。
ここは浮きルアーの方々が多いので、
ゆったりと遊べます。

○道南 涌元沖 
ヒラメ数枚 
55cmオーバーも上がったようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。気が付きませんで、すみませんでした。リンクを貼ってくれていたんですね。ありがとうございます。早速、コチラも貼り付けさせてもらいます。
こちら方面は、思ったほど釣果があがりませんね。
その内、俺もF川河口とU漁港に出没するので、今度、それらしい怪しい人物がいたら一声かけてくださいね。
2007/09/10(Mon) 20:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
はるばる室蘭までお疲れさまです。
私は釣りに関しては、あまり遠征せずに近場で遊ぶほうなので関心するばかりです。
サケ釣りもおそらくF川河口とU漁港がメインで他はほとんど行かないかもしれません。
今週末は釣りたいな。
2007/09/10(Mon) 09:50 | URL  | 道南の釣人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック