北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年12月22日 (土) | 編集 |
おばさんを送っていき、そのままお宅へ上がり込んだ嫁、
『管理人さんが、おじさん移ったって言ってたけど?』
と尋ねたそうです。
不在のおじさんをツマミにしてお茶をすすりながら、
「父さんね、9月の猛暑の頃、こっちは暑さでバテテいるのに、
“寒い寒い”って言い始めて、ガタガタ震え始めたの。
熱を計ってら39度あって、慌てて近くの診療所で診てもらったら、
ただの風邪だって言われたんだけど、
次の日も39度から熱が下がることが無くてね、
その日は担当の先生が休みで北大から派遣されてきた先生が診てくれて、
すぐに救急車で岩内の病院へ搬送されたわ。
色々な検査の結果、肺炎を起こしていて痰が原因だと言われた。
そこで治療して貰ったいたんだけど高熱が続いて、
「年と体力から考えると回復は難しいと思います。
会わせたい人がいれば早い内に会わせておいた方がいいでしょう。」
って言われて、近くの親戚や札幌にいる子供に電話して、
皆で見守ったの、その時ってすごく長く感じて。」
その時の状況を思い出したのか、眼尻に光るものが見えたと嫁は言います。

そっと指先で拭きとったおばさんは続けて、
「でもね、父さん、根っから心臓が強いようで、
2週間生死をさ迷ったけど、2ヶ月掛けて回復したんだよ。
体重も3キロ程落ちて、車イスに乗るのも楽になったと言ってたわ。」
お茶で口の中を潤してから、
「今年のお盆に息子から、
“そろそろ一緒に暮らそう、
そのために親父達の部屋も用意してあるんだから!”
と誘われ、父さんはその気になって行こうとしたけど、
私が大反対して断ったんだ。」
と言ったそうです。

90歳と83歳の御夫婦、車イス生活のおじさん、
ヘルニアの手術をしている腰、
年相応から来る足の衰えを感じるおばさん。
息子さんの家は段差の多い家だとかで、
道路から玄関に入るのにも階段を数段上らないと入れない構造で、
夫婦共稼ぎしているそうです。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
えっ・・・
こんばんは、仏さん
マジですか・・・知らなかった
2012/12/23(Sun) 21:24 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
瀬棚町リアルタイムで人探しだそーです遺書をのこして失踪しだんで情報あつめてるみたいですよ
2012/12/23(Sun) 14:20 | URL  | 仏 #-[ 編集]
瀬棚町しゅしん行方ふめーです
2012/12/23(Sun) 01:05 | URL  | 仏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。