北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年02月04日 (月) | 編集 |
昨日の新聞のトップ記事に、ニシンの群来(きく)の様子が載ってました。
コレも養殖・放流事業のお陰でしょう。

IMGP7303.jpg

【小樽】小樽市忍路周辺の海沿いで2日、
大規模なニシンの群来(くき)が確認された。
今季はニシンの魚影が濃く、沖合では刺し網漁が大漁に沸いている。
群来は産卵期を迎えたニシンが岸近くに来遊し、
雄が放出した精子によって海が白く濁る現象。
同市内の今季の群来は1月24日以来、2度目の確認。

忍路周辺では2日夜明けから、海岸線約3キロにわたり、
沖合約100メートルが乳白色に染まった。
昼すぎまでは沿岸からもはっきり見え、
近くの高台から写真撮影する市民も目立った。
市漁協によると、1日までの今年のニシン漁獲量は165トンで、
不漁だった前年同期の10倍以上となっている。
<北海道新聞2月3日朝刊掲載>

俺の住んでいるせたな町も、
「他の日本海側の漁師町同様に、ニシンで栄えた町で、ニシンで衰退した町」
知り合いの老漁師さんがそう言っていた事を思い出します。

NCM_0029.jpg

安くニシンが食べれるのは、コレも養殖・放流事業のお陰なんでしょう。

話は代わって、昨日の日曜日、
古紙回収業者に出すタメに新聞をまとめていると、
ちょっと気になるチラシを発見。

H25.1.12.イズシのチラシ

このチラシに「石鯛の飯寿司」⇔「イシダイのイズシ」
石鯛? 
確か・・稚魚が流れ藻に付いて北上すると記憶しておりますが、
昨年はそのイシダイのコッコが多く北上し、網に掛ったて事なんでしょう。
そうでなければ、商品用のイズシの具材となる事はないと思われます。
早くこのチラシを見つけていたら、
興味から買いに行って味見したんですが・・・残念!

イシダイのコッコについて、
昔にブログのネタとして書いたのを見つけたので読んでみてくれれば幸いです。
イシダイのコッコ

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。