北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年03月16日 (土) | 編集 |
今日は上娘の誕生日。
数日前に16日は上娘の誕生日だと嫁に言われてましたので、
先程メールでお祝いの言葉を述べておきました。
上娘は、“小さく産んで大きく育てる”この言葉がピッタリと合う子で、
両家にとって初孫と言う事もあって、
祖父母達や祖祖父母達に凄く可愛がられた子でもあります。

今から二十数年前の事です。
初産って事もあって、嫁も妊娠中毒を起こしながらも、
72時間の陣痛との格闘で体力も殆ど奪われた状態でしたが、
出産予定日より約一週間程遅れて産まれた子です。
破水して子宮口が全開になっても子供が降りてこれなくて、
助産婦さんの指示で助手さんが嫁の上にまたがり、
お腹を上から下へと力いっぱい何回も押して、
やっと出てきたのが2515gの小さな娘でした。
当時は腕のよい助産婦さんがいたそうで、
何とか自然分娩で産ませてくれましたが、今の時代でしたらリスクを考え、
陣痛の長さと妊婦の体力と子供が子宮から降りて来れなかった状態を考えると、
間違いなく帝王切開となっていたと思われます。

出産前に姓名判断の本を購入して嫁と頭を悩ませながら、
子供の名前を色々と考えてましたが、考えれば考えるだけ深みにはまり、
候補が何十個にもなり絞り切れずにいました。
出産後、あるお方から、
「名前は親が子に与える一番最初の愛情の一つだから、
凝った名前も良いけど、誰もが聞いても見ても忘れづらくて、
読みやすく書きやすい名前がいいよ。」
とアドバイスを頂きました。
本人は付けた名前を気にいっているかは別ですが、
親としては意味や響きも気にかけながらも、
いつの日かみよじ(性が)が変わっても、
あまり影響のないだろうと思われる角数を選び、
我が子への願いのたけを凝縮出来るだけ凝縮したつもりで名づけました。
きっとお子さんをお持ちの方でしたら、大なり小なり、
俺と似たような状況や考えではなかったかと勝手に想像しております。

なんせ俺、娘Loveなので、
娘の成長記録を書きだすと色々と思いだし、
アレも書きたい、コレも書きたい、
そんな思いが強くなってきてしまい止まらなくなってしまう恐れがあり、
今日のところはこのくらいにしておきます。

今日、サプライズプレゼントと言うべき嬉しいブツが、
娘から俺宛と嫁宛に届いたんです。
そのブツを見た時、俺、脚の痛さも忘れ思わず欣喜雀躍しちゃいました。

この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。