北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年05月05日 (日) | 編集 |
2日、この日は午前中に病院へ行って来ました。
以前切開してくれた箇所が少し硬い塊が出来ていたので、
それを診てもらいましたが、いつもの医師とは違う方にあたり、
「今、切開しても連休の間、毎日消毒に通って貰う事になりますよ。
それでも良かったら切開しますが、どうしますか?」
俺、連休中は病院と縁を切りたかったので、ちょっとだけ渋い顔をしたようで、
「担当は◎◎先生なので、気になるようでしたら火曜日に受診し、
どうするか決めたらいかがですか?」
と打診されました。
その後、敬老会・・・おっと失言、紳士淑女の社交界に出向き、
そこで腰を引っ張って貰いました。

朝7時半ごろウチを出て病院へ行こうとしたら、嫁が、
『そんなに早く行ってどうするの?
受付時間終了30分前くらいに行ったら、そんなに待つ事が少なくて済むんだから。
慌てる乞食貰いが少ないって言葉知っている?
どうせあんたの事だから釣りに行こうしているんでしょ、
それだったらコレから2時間くらい釣りをしてからでも間に合うって!』
その言葉を振りきって病院へ向かったんです。
早く行って早く帰って来て釣りに行く予定を経てていたんですが、
ウチから病院まで片道1時間なので往復2時間、
診察までの待ち時間2時間、診察3分、リハビリ15分・・・
天気の良いこの日の釣りは無理となってしまったんです。

ウチで落胆していると、仕事先の嫁から、
『熊親爺がお伴を引き連れて、ホッケとカレイを狙いにやってきたよ。
どうせあんたの事だから魚と縁が無いんだからさ、
そろそろ沖防波堤から撤収して来る筈だから、
あたしが食べるホッケ奪い取って来て!
ダメだったら、明日、あんたも家来になって魚を釣って来なさい。』
と言いやがります。
瀬棚の東沖防波堤の釣果も気になって、
渡船を営んでいる寿喜丸さんの停船場まで行って来ました。

ちょうど渡船が帰ってきたところで、
北海道協会長&札幌サーフ菅原会長とナオ・ソーヤさんに挨拶を済ませ、
今年度入会した札幌サーフの会員さん3名と初対面です。
その3名の中に、アレ、格好が違うが同じ顔が二つ????兄弟???
ナオ・ソーヤさんにこっそり訊くと、
「双子の兄弟だよ。」
納得です。

IMGP7700_20130506002425.jpg
IMGP7701_20130506002424.jpg
IMGP7702.jpg

この日(2日)の瀬棚の東沖防波堤では、ナオ・ソーヤさんと双子ブラザーの一人が、
キープサイズのタカノハカレイを1匹ずつゲットしたと言います。
それを訊いた俺、過去にリリースサイズのタカノハカレイを釣った事があるんですが、
ぜひともキープサイズを釣ってみたくなり、仕事から帰って来ていた嫁の了解を得て、
「明日、俺もついて行くー! ぜひ、お伴させて下さいませ。」
と、菅原会長と寿喜丸の船長に電話を入れてました。

この話は明日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。