北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年06月21日 (金) | 編集 |
北海道では釣りでタコが掛かった場合、リリースするように促しています。
タコは漁師さんの大切な資源となっているので、
多くの釣人がそれに基づいてリリースする姿が見受けられます。

嫁の知り合いの方が漁師さんに嫁いでおり、
「今、タコ漁しているの、少しだけどお裾分け。
それと私の実家で作ったこなごの佃煮。」
わざわざ届けてくれたようです。
今、タコの値段も上がってきたそうで喜ばしいのですが、
ナマコ漁もやっているとかで、こちらは、
「ナマコがいない。」
『深場は?』
「そこにもいないって旦那が言ってた。」
と言う話だそうです。
そして、
「コレからウニ漁が始まるから、それに期待するしかないわ。
ウニ漁が終わったら鮭の定置網が始まるんだけど、
去年は散々な目にあったから、今年こそ大漁であって欲しい、
そうしないと生活出来なくなっちゃう。」
漁師さんも自然相手の仕事なので大変なようです。

IMGP8001.jpg
ソイの開き タコ こなごの自家製の佃煮

以前、嫁が知り合いの方にこなごの佃煮の作り方を訊いていたようで、
『ザラメと醤油を煮だらせて、そこに洗ったこなごを入れて、
ひと煮立ちしたら水飴を入れてひと煮立ちさせるんだって。
でも、自分で作るより頂き物の方が美味しくかんじるよね。』
ご飯にたっぷりと乗せて口の中にかきこみながら言います。
俺も食べましたが、シンプルですが昔から食べ慣れた味つけで美味い、
「俺にもたっぷりと乗せてよ~。」
と要求してました。
ケチな嫁が、
『今日だけだよ。 明日からはあたしが全部食べるから。
だってあたしもそろそろお年頃になるから、
カルシウム取らないと骨粗症の危機にたたされる。』
どうやら一人占めする予定のようです。

今年はどういう訳かタコを頂く機会が多く、
冷凍したタコが切れそうになると、運良くタコが我が家にやってきます。
有難いものです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
タコを食えば口の回りが痒くなる
2013/06/22(Sat) 18:47 | URL  | 仏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。