北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2013年10月03日 (木) | 編集 |
今年の夏の終わり頃、嫁の実家を訪れた時に、
「家から2キロほどの場所に熊が出没して大騒ぎになった。
道路脇にいたから道路を通るときは気をつけて通るように、
お盆前にお墓にお供え物したものは持ち帰るようにって回覧板が回ってきていた。
うちはあそこにはお墓がないんだけど、お供えしたものを食べていたようだ。
最初に熊が目撃された場所から、あのお墓までだったら2キロくらいの距離。
もしかするとあの辺あたりをねぐらにしているのかもな。
帰る時、気をつけて帰りなさい。」
嫁の父親は思案顔で、
「俺、ここで生まれ育ったけど、
この年まであの場所に熊が出たって初めて聞いた。
あの辺あたりに民家数件があるけど、
最初に目撃された場所の数十m先が◎○さん家、
その反対側には▽▽さんと△△さんの家がある。
そのちょうど中間点に熊がいたそうだ。」
と教えてくれたんです。

それを横で聞いた嫁が、
『××さんの家の道路向かいに道路から下にかけて、
うっそうと茂った小さな沢があるじゃない。
あそこには野生のリスもいて、
数年前に車で走っていたら道路に飛び出してきたことがあったの。
あの時はビックリした~、何十年もあそこの前走っていたけど、
こんな場所で野生のリスが遭遇するって思っていなかったし、
居たことにもっとビックリ!
沢の両横は畑と水田、その下は水田、誰も管理していないような沢だから、
あのあたりをねぐらにしていたかもよ。』
親子の会話をしていました。

9月の初めに嫁が実家を訪れた時には、
「あの熊、△▽さんのデントコーン畑に出没して、
デントコーンの実を食べていたところを通報されて撃たれた。
まだ若い熊だったようだ。」
と言ったそうです。
そして嫁は、
『ほらね、やっぱりあの沢に住み着いていたんだわ。
沢の隣って、それこそ△▽さんのデントコーン畑じゃないの。』
したり顔で、
自分の憶測があたかも当たっているかのような事を言いやがったようです。

つい先日も海岸沿いの民家の庭に現れ、
物音に気づいた住人が窓越しに覗くと、
ほんの数m先にある自家用に栽培していたブドウをお相伴してたそうです。
それから数日後、熊はハンターによって駆除されました。
嫁の同僚が熊の出没した民家の数件隣に住んでおり、
「その時は何が起きたか分からなかったけど、
バーンバーンって2回程鉄砲の音がしたよ。 
射殺された所から下ろせなくて、うちのすぐそばの沢から下ろしたんだって。
仕事に来ちゃったから
初めて野生の熊見るチャンス逃しちゃった。」
と言い、
「この辺あたりに熊がまだ数頭いるから気をつけるようにって、
ハンターの人が母さんに言ってたんだって。
それから母さん、怖くなって沢の上にある畑に行けなくなっちゃってさ、
ちょっと我が家は野菜不足気味なの。」
とこぼしていたとか。

嫁の叔父が山仕事に従事しており、その叔父の話では、
「昔は熊が居なかった場所にも、ここ数年あたりから熊をよく見かける。
こんな場所で?と思われる場所にも熊はいる。
熊が増えすぎて山は飽和状態、
テリトリー争いに負けた熊が平野部に流れて来たんだろう。」
と仕事仲間で話しているそうです。

熊の世界でもいつの世も勢力争い、熊の世界も受難続きなんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
初めまして、糠平湖から北の石狩岳登山口の支流近辺に渓流釣りを何度かしておりますが、今回の事例はどの地区なんでしょうか。携帯電話も通じないエーリアでもあり危険情報として参考にしたいです。
2013/10/06(Sun) 07:57 | URL  | ニッチャマ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック