FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年10月01日 (月) | 編集 |
昔勤めていた会社、水産関係で、
その時に初めてナガツカと出会い、食しました。
グロテスクな魚で、鋭い歯を持っており、
通称「かんじ」とも呼ばれております。
うつぼの仲間?に似て、見てくれは悪いのに、
刺身にすると美味しかったのです。
このナガツカは、
話では、最高級のかまぼこの原料だとか。
かまぼこの原料ってくらいなので、
白身でほんのり脂と甘みがあり、
美味しくて当たり前か、などと思っております。
この会社の会長がこの魚を捌くのに、
ものの数分で、
「ほれ、食えよ。」
と出してくれ、恐る恐る箸をつけたら、
コリコリとして美味しかったです。
この魚は生きているうちに、頭を切り落とし、
すぐに皮をペロリとむき、3枚おろしにして、
皿に盛りますが、新鮮なうちにしか刺身に出来ません。

今朝、夢見が悪く、今日1日、調子が出ません。
あまりにもナガツカが食べたいと思っていたから、
夢の中で、道路にヘビがいて、迂回も出来ない状態の中、
そのヘビをまたいで通ったら、俺の足に噛み付いて、
逃げ惑っておりました。
夜中に寝言で大騒ぎしていたようです。
フッと目を覚ましたら、心臓がバクバクし、
大声を出していたので、喉もカラカラ。
嫁に、
「夢の中で、ヘビに襲われた。」
と夢の出来事を話すと、
『あたしなんか、アマゾンのジャングルの河で、
アナコンダに巻かれる夢みたことあんだかんね。
そんなちっちゃいヘビ、まだまだ甘いわよ。』
と、取り付くひまもありません。
でも、なんで、そんな夢見るんだ?
お前は、アマゾンに何しに行ったんだ?
今度、きいてみようと思います。

今の会社の食堂のおばちゃんが、
元、飲食店で働いていたから、
これまた料理上手。
夏に出る素麺なんて、大きなどんぶりに
「これ、誰と分けるんだ?」
と思うくらいの量が出ます。
1人当たりの量が2食分以上はあるのではないかと
思うくらいですが、元々大食いだった俺ですが、
慣れてくると、コレをペロリと食べている自分に
ビックリしてしまいます。
そして、珍しいモノも食べさせてくれます。
この間は、クジラの生の刺身が出ました。
俺の知っているクジラ料理って、
クジラのベーコンと大和煮と缶詰しか思いつかない。
嫁は、
『よく、学校給食に出たよ。』
と言いますが、俺の通っていた学校は、
小学校~高校迄弁当持参でした。
嫁の通っていた小・中学校は学校給食で、
高校は弁当でした。
隣町だけで、この差はなんでしょう。
そうそう、うちの子供が小学校に上がる年に、
やっと、この町も学校給食になりました。
今迄ならなかった理由は、
「子供の弁当くらい親が作って当たり前」
とか
「子供に愛情弁当が作れないのか」
とか、人伝に聞きました。
今、全国的に学校給食が当たり前なのに、
『この温度差は何?』
と学校給食のあった嫁は思ったそうです。
俺としては、今迄そうだったので、
全然気には止めておりませんでした。
おっと、また、話が逸れてしまいました。

社員食堂では、この時期、
年に数回であるが、本マグロの刺身も出ます。
社長の息子の1人が、あるマグロ船団に所属していて、
漁師をやっており、その魚が回ってくるようです。
そして会社の若い連中が、時々、人手不足のタメ、
その船団に借り出されて行き、3泊4日か1週間くらい
帰って来ません。
そう言えば、この間も、1人行方不明だと思っていたら、
1ヵ月振りに出勤してきており、
「参った、毎日、船の中でよ、
釣りたてのイカ刺しと御飯しか出ない。」
とこぼしておりました。
俺には、到底無理な話だし、
荒れる船内で寝る事もできない。
年だからお呼びも掛からないだろうと思っています。
その魚を捌くのは、同じ職場の元お寿司屋さん。
1回、その解体を見ておりましたが、お見事でした。
それを捌く、刀のような包丁もある会社って何だろうなー
と思う此の頃です。
俺が11tの箱車で荷物を運送している時、
お昼にその刺身が出て、
帰ってきた時には、もう一切れもありませんでした。
今年初の本マグロを、食べぞこねてしました。
俺、あまりうなぎは得意ではなかったのですが、
うなぎの蒲焼もフックラとして美味しく、
嫁のつくる蒲焼とは食感が違いました。
それもその筈、国産天然うなぎで、
空輸されたものだったそうです。
あっ、そうか、嫁の作る蒲焼は売り出しモンだったから、
余計そう思ったのかも知れません。
社長は、どちらかと言えば喰い道楽なので、
そのおすそ分けだったようです。
俺達が会社に払う昼食代は、
1食200円で給料から天引きされ、
希望すると、朝食も食べれます。
もちろん、御飯と味噌汁はお替りし放題。
嫁は、1食200円で定食屋さん風の御飯が食べれるなら、
私も食べたいとのたまいますが、
これは男性職員しか食べられません。
食べ物の話ばかりで、すみません。(笑)
時々、無性にコレが食べたいと思ったコトがありませんか?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
初めまして、北○高○さん。どうぞ、宜しく!
中々ユニークな母上をお持ちですね。すみません、思わず笑ってしまいました。俺の知り合いの話ですが、前日母親とケンカをし、次の朝起きたらオニギリが握ってあって、それを学校に持って行き、思いっきりかじったら、歯を欠けさせた事件がありました。そいつの母親は、余程悔しかったのかオニギリの具に梅干の種だけ入れて握ったそうです。また、それを面白可笑しく話す輩がいて、クラス中、大爆笑でした。
釣りの話が多いですが、それとは関係ない話もあるので、また、いつでも遊びに来てくださいね。お待ちしております。
2007/10/02(Tue) 21:27 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、清水小政さん。
その地区によって呼び名が違うんですね。そうゆう食べ方があるんですね、今度、手に入ったら試してみますね。 赤カレイ釣りって、確か冬場の船釣りですよね?あの漁港とあの漁港しかやっていないと思うのですが・・・でも、俺へタレだから冬の船釣りは寒さで息子共々振るえ上がっていると思われます(笑)
2007/10/02(Tue) 21:14 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、シロクマさん。
ナガツカは白身魚で、淡白で歯ごたえがあり少し甘みがあります。ヒラメやカレイとはまったく違う味ですよ。
それ分ります、捜す時って中々見つからないんですよね。俺も釣りの小道具を、札幌ならあるのではないかと思い捜し、無くて諦めていたら、しばらくして、何気なく地元の釣具屋さんにポロリと有ったりなんかして(笑)
カンパチも美味しいですよね。嫁もマグロよりカンパチを好んで食べます。俺、基本的に刺身で出来る魚は刺身にして食べますが、アイナメだけは×。1回刺身にしようとして捌いたら、虫が身に刺さっていて、それ以来食べれなくなり、今は我が家の愛ネコ達が俺の替わりに食べてくれています。(笑)
2007/10/02(Tue) 21:04 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ヨシゾーさん。
そうです、あのグロテスクなあの生き物です。よく言うではありませんか、グロイ程美味しいって! 俺の甥っ子も初めてカジカを見た時、「怖いよー、キモイよー。」と泣き出してしまいました(笑)美人は3日で飽きるが、ブ○は3日で慣れるってね、それと同じですよ(爆)
赤カレイは、沖の底網で取るそうです。漁師さんの話では、赤カレイは海の中では赤く無く、船にあげた途端赤くなるそうです。赤カレイはどんな料理にもあうそうですよ。でも、今は前程大きな赤カレイは取れなくなったとボヤイテおりました。
2007/10/02(Tue) 20:48 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
魚とは直接関係ありませんが…
初めて投稿させて頂きます。
弁当の話ですが、私も小中高一貫して弁当でした。このことは職場の連中にかなりひんしゅくを買いました。
いま思い出すとおもしろかったのは、小学生の頃ですが弁当を前の晩のうちに「洗ってくれ」と母親に依頼しなかった場合、次の日の弁当は作ってくれませんでした。そんな日は、白飯のみの弁当を手で覆い隠して、周囲に気づかれぬようサッと食うしかない、なんてかわいそうな小学生だったのでしょう。
以上下らない話でした。
2007/10/02(Tue) 20:10 | URL  | 北○高○ #-[ 編集]
ワラヅカと呼んででいますが、赤ガレイ狙いでよく釣れますので頭を落として持ち帰り、開いて半日ほど干してから刺し身で食べます。
卵巣はオレンジ色で美味しそうですが毒があります。
刺し身は結構美味しいですが、まず言い当てた方は居りませんでした。
産卵を終えると刺し身も味が落ちるので持ち帰りませんでした。
2007/10/02(Tue) 12:10 | URL  | 清水小政 #-[ 編集]
ナガツカってうまいんですか?一度食べてみたいですね。
私が無性に食べたくなるもの・・・
なんのひねりも無いですがカンパチの刺身です。
でもそういう時に限って、どこの魚屋にも新鮮そうなヤツが無いんですよね。まあ、居酒屋とか行けばいんでしょうけど、ジョッキ代の方が高くつくので(笑)
ちなみに嫁はマグロバカです(笑)
2007/10/01(Mon) 23:12 | URL  | シロクマ #-[ 編集]
ナガツカって、かなりグロテスクでマニアックな魚ですよね。八雲に単身赴任しているとき落部漁港で、漁師が水揚げしているのを見たことがあるだけです。
漁師に聞いたらかまぼこの原料だって言ってたのを思い出しました。その漁師はナガツカと、これまた初めて見たアカガレイを沢山水揚げしていたのを強烈に覚えてます。
2007/10/01(Mon) 22:25 | URL  | ヨシゾー #rO4P2RG.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック