北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年04月06日 (日) | 編集 |
土曜日から日本海側は大時化。
今日の日曜日、お殿様の機嫌が良かったようで休みとなったのですが、
西風が吹いてはせたな町の海は時化で釣りになりません。
密かに釣りに行こうと企んでいた俺の計画も、
西風に乗って降る雪と押し寄せる荒波によってはばかれちゃいました。

今日仕事だった嫁が、
『お昼時、コンビニに行ったら釣り会の人達で込み合っていたわ~。
こんな荒れた海で釣りしたんだ?って思ってちょっとだけ釣果を訊いたら、
“魚の顔、拝めなかった”って言う人もいて、
ほとんどの人がそうだったみたいだよ。』
と言うんです。
そして、
『あの有名な釣り会、あの釣り会の人達が入った後は、
ぺんぺん草も生えないと密かに噂されている凄腕の人達の釣果も、
激シブだったって。
それでもよ、さすがよね~
どの釣り会でも釣る人はちゃんと釣ってくるんだからさー、
運もあるけど腕もあるってことよね。』
俺の方をチラリと見て、深いため息をつきやがります。
フン、どうせ俺には運も腕もないさ!
ちきしょう、いじけてやる・・・・。

俺も知り合いに探りを入れると、
この時化ですから、お目当ての岩場や磯に入る事が出来ず、
港内などで竿を出すしかなかったとかで、
ホッケの姿もほとんど見ることが出来なったそうです。
また、海水温も低いって事も影響しているようです。

これからの週末の夜中、せたな町の道や港には、
釣りバスの無数の明かりが蛍の明かりのように点燈し始めます。
釣場から見ると、それは幻想的でもありますが、
魚の気配を感じされる季節になったと再確認され、
次から次へとやって来る釣りバスの数を数えるのも楽しみの一つなんですよ。
さーて、今年は何台まで数えれるかな?
その前に釣りに行かないと話しになりませんよね~。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。