北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年12月16日 (火) | 編集 |
知り合いの方々から、
「不要不急な外出は控えるようにって言っているけど大丈夫?」
などの心配のメールや電話を頂き、
こんな俺に気遣いをしていただき、とてもありがたいことです。

16日の21時頃には東風もいったん収まったのですが、
TVでは暴風雪注意報が発令されたことを表すテロップが流れ、
23時半頃に南西風に変わり粒状の雪が降ってきました。
風も徐々に強くなってきており、窓に風があたる音がしています。
17日のせたな町天気予報を見ると日中は乾雪が降り続き、
気温が下がる夕方から18日の朝にかけてみぞれ雪となっており、
天気図を見ると、道北・道東の方が吹雪が強いと思われます。

17日は仕事の関係で、朝から日本海側にある江差町や、
松前町の一歩手前の地区まで行かなければならないので、
雪の降る中、強風で車があおられるかと思うと憂鬱です。
熊のように冬眠できるならそうしたいのですが、道民でいる限り、
雪や吹雪とうまく付き合っていかなければ生活していけませんが、
吹雪は本当に厄介、ため息が自然と出ちゃいます、ふぅ~。

◎<天気>低気圧発達、17日大荒れ…暴風雪に厳重警戒を
  毎日新聞 12月16日(火)20時34分配信

気象庁は16日、前線を伴う低気圧が急速に発達して冬型の気圧配置が強まり、
18日にかけ全国的に暴風や大雪など大荒れの天気が続くとして
厳重警戒を呼びかけた。
低気圧の発達度合いは「数年に1度のレベル」で、
昨年3月に北海道で9人が死亡した暴風雪災害をもたらした低気圧と同程度という。
特に北海道では数メートル先も見えないような猛吹雪の恐れもあり、
同庁は吹雪や吹きだまりによる車両立ち往生などに注意を求めた。
気象庁は、
中心気圧が24時間に約24ヘクトパスカル下がる低気圧を
「急速に発達」と表現している。
同庁によると16日現在、上空の気圧の谷付近で暖気と冷気の差が大きく、
日本海と本州の南海上にある二つの低気圧が発達。
17日朝までに北海道付近で一つになり、中心気圧は約50ヘクトパスカル下がり、
台風並みになる見込み。
偏西風の蛇行の影響で、この低気圧は北海道付近で動きが遅くなり、
日本の上空には真冬並みの寒気が流入するため、
18日にかけて強い冬型の気圧配置が続くという。
北日本から西日本の広い範囲で沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、
17日の予想最大風速(最大瞬間風速)は、北海道35メートル(50メートル)
東北、北陸28メートル(40メートル)。
関東甲信より西は20~25メートル(30~35メートル)。
北海道や東北、北陸では9~10メートルの高波となり、
18日も猛烈なしけになる見込み。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
あけましたメーメー

2015/01/01(Thu) 13:35 | URL  | 仏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。