FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年10月08日 (月) | 編集 |
昨日の夕方、嫁との約束のサケ釣りに行ってきました。
場所は地元の○秘。
現地に着き周りを見渡すと誰もおりません。
サケが1匹だけ跳ねております。
俺は思わず、
「こりゃー、貰った!」
声に出していたようで、
『さすが、今年1本もサケをあげていない人の言葉に
しては、余裕よねェ~。
知っている、あんたみたいな人のコト、
取らぬ狸の皮算用って言うの!』
と、俺がカレイ釣りに行った事を
まだ根に持っているようでした。
俺は今回は釣れる気がしてなりませんが、
嫁は、数投竿を振りましたが、
どうもやる気が起きない様子です。
方向性も悪い、飛びも悪いし、
何より身体の切れが悪そうです。
そのうち、
『今日はあんたがいるから、釣れる気がしなーい。』
と座り込んでしまいました。
知り合いも見に来ており、
その方と今朝のサケの情報と
世間話で盛り上がっておりました。
やはり、今朝はこの場所でもサケが掛かり、
仲間内でおいしい思いをした人がいたそうです。

俺は、まだ手中に収めていないサケに向って、
竿を振りましたが、サケは俺のラインに触れ、
口で「ゴンゴン」と合図を送りますが、
うまくのってくれません。
俺も辛抱が足りず、ついつい焦って、
サケに挑んでいきますが、
そのまま口から離してしまうようです。
こんな事が数回あり、
結局は今回もサケにからかわれてお終いでした。
それどころか、俺は丹精込めて作った?浮きとルアーを、
昆布藁に寄付してきちゃいました。

嫁の用事も済ませ、ウチに帰ると、
しきりに体温計で熱を計っています。
「熱があるのか」
と尋ねるが、そうでもないらしいのです。
どうやら体温が低すぎて、切なさそうです。
深海魚がいっきに海面に引き上げらたように、
腹を真上にだしてグッタリとしています。
35度を切っている様子で、34度台だと言います。
<お前もついにゾンビに変身?
今更、モンスターが雪女やゾンビに変わっても同じか>
などと、心の中で思っておりましたが、
「更年期?」
とつい口から出てしまいました。
ソファーに座っていた俺の後ろから、
『うん、そうなんだよね。
それで体調が・・・なんてある訳ない!゛(`ヘ´#)ムッキー』
と、スリパーフォールドで俺を落としに掛かり、
ゲホッゲホッ、俺は半分落ちかけました。
なんてバカちからなのでしょう。
もしかすると、俺達夫婦は
ジャガー横田とその夫の木下氏のような関係なのかもしれない。
などとちょっこと思いました。

嫁の話では、
風邪薬が効きすぎたのではないかと言います。
我が家では、最後に嫁に風邪が襲い掛かったようです。
あれだけ食べ物とサケには執着している嫁ですが、
口数も少なくなり、食欲もあまりないようです。
コレを鬼の霍乱と言うのでしょう。(笑)

今日の日本海は大時化です。
大型船やフェリーも、
だいぶ岸よりの航路で走っておりました。
IMGP2804.jpg IMGP2798.jpg
IMGP2810.jpg IMGP2809.jpg
強風の中でもサケ釣りを楽しむ人達

噴火湾も昼頃から時化てきたようです。
数日前、新聞にも載っておりましたが、
八雲漁港で釣りをしていた方が海に落ち、
発見されたそうです。
昨日乗った友達の船頭の話では、
「俺の船が先に漁港に入り、
すぐ後ろから来た船が発見したんだ。
俺は気づかなかったけど、後ろの船の船頭の話では、
頭だけ(垂直に立っていたようだ)浮いていて、
一瞬、小さい梵天が浮いているように見え、
でも、こんなところにあったかな?
と思ってよくよく見たら、びっくりした。」
と言っておりました。
合掌! 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界   
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、清水小政 さん。
今のところ、今年のサケは、日本海と函館近辺は去年の3割しか獲れていない状態だそうです。
今回の時化後、どのくらいのサケが残っているかで、
勝負かもしれませんね。
2007/10/09(Tue) 19:51 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
今年の鮭は渋い?
どうも良い情報が聞こえてきません。
まだ海水温度が高いのでしようか。
いずれにしても天候も荒れ模様なのでホームグランドにしているテトラには渡れませんでした。
川にはもう見えているので、渡れば釣れるのですか残念です。
2007/10/09(Tue) 16:42 | URL  | 清水小政 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック