北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年04月19日 (日) | 編集 |
今日(19日)は珍しく仕事が早めに終わったので、
夕まずめ狙いで釣りに出掛けてきちゃいました。
西風が吹いているせたな町、磯場からの投げ釣りは波が有るので入れません。
少しでも西風を避けるような場所を探し求めて行き着いた場所は、美谷漁港。

DCIM0103.jpg

最初に見に行った美谷漁港近辺の釣場は先客が居たのでパス、
そこから見えた美谷漁港の先端には珍しい事に誰一人も居ません。

昔はこの釣場が好きで通ったのですが、ある日、
「ここは俺の釣場だ、年に数回来ているんだ。 この場所は俺の指定席だ!」
と旅からの勇ましい釣人に権高な態度で主張されて以来、少しずつ足が遠のき、
いつ以来なのか忘れましたが、本当に久しぶりに、この釣場で竿を出したんです。 
ちょっとだけ嬉しかったんですが、以前のポイント部分がまだ生きているのか?
少しだけ不安も有りました。
まぁ~、海は生き物なので以前のポイントが変わっても仕方が無い部分もあり、
新たに探すのも楽しみの一つでもあります。

DCIM0104.jpg
漁港の先端から見た左右の風景
DCIM0106.jpg

山から吹き降ろす風が強くて寒かったのですが、夕方に近づくと風も止み、
フルキャストで投げてあった竿に待ちわびた魚信があって巻いていると、
フッと軽くなりガッカリ。
どうやら噴火湾で釣りをした時にテトラにラインが擦れていたようで、
PEラインが切れちゃったんです。
気を取り直して予備のスプールを出し、再度挑戦!

先程攻めたポイントに投げ込み、待つこと10分、
竿先がカレイ特有のアタリを示したのですが、
ナイロン糸を巻いてあるので、じっくり食い込ませようと放置。
5分後にも魚信があったのですが、完全に食い込ませるために放置。
更に5分後、もう一度魚信があったので、思いきり合わせてから巻いたんです。
巻いているといやに重たい・・・
30cmくらいマガレイがクルクルと回って上がってきているのか?
などと思って一気に引き抜くと38cmのクロガシラカレイ。

あれ?仕掛にぺローンと何かついているぞ。
先程切れたPEラインが巻きついていたんです。
何かの拍子でPEラインがスルスルと外れて海に落ちるのを防止するため、
釣ったクロガシラカレイは力糸と仕掛の結合部分から切りバッカンに入れ、
PEラインの端をバッカンの手持ち部分に結んで、
糸を手繰り寄せると重たい。
海面に浮かんできた仕掛を見ると、クロガシラカレイがしっかり付いてました。

切れたPEラインの仕掛についていた36.5cmのクロガシラカレイ
DCIM0115.jpg
クロガシラカレイ38.0cm

この他に35cmのホッケを追加して、夕ますめ狙いの釣りを終了。
短時間でしたが、昔通った釣場で楽しむことが出来てバンザーイ!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。