北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2015年04月24日 (金) | 編集 |
釣友と一緒に竿を出すのは去年の秋以来です。

21日の午後20時30分に仕事を終え、夕飯をかき込み、
嫁に朝飯用のオニギリを握ってもらい出発!
『釣れなくても泣くんじゃないよ。 
もし釣れたならウチに2匹だけあればいいから~
他は馴染みのオネーチャンにあげてもいいから~
あんたも帰ってこなくていいから~。』
嫁の激励を受けながら走って釣場に到着。

釣友のお仲間さん達が先発隊で出陣しており、
「でっかいマガレイ揚がったぞ~」
と釣友に連絡を貰い、わくわくしながら仮眠し、
釣友と俺は22日の朝方から竿を出しことにしました。

45.3cmのマガレイ
1429755792109.jpg
マガレイの平均サイズ20~27cmを大きく上回るサイズです。

今回入った釣場ですが、昔、俺にとっては苦くて痛い思いをした場所なんです。
当時流行のNFTのパーフェクション並継ぎ400-35号、
リールZ45号、両方とも買ったばかりのおNEW、
漁船に糸を引っ掛けられてそのまま竿とリールが、
漁師のおっちゃんの船によって遥か沖に勝手に不法投棄され、
「実は・・・・」
嫁に電話を入れ悔しさをぶつけると、
『はぁ? あんた、何言っている?
さっきから俺の竿、俺の竿って言っているけど、それってさ、
あたしの竿なんだけど。
あんたには未練ないけど、まだ一度も振ったことがない竿には未練がある、
目測でどの位置に沈んだか分かるんだから、今すぐに素潜りで回収してきなさい!
それであんたがおっちん(溺れ死んだら)だら、それまでの事!
死ぬ気で潜って取ってきなさいよ。』
冷たく言われたんです。
その当時、犬並みの脳ミソをフル回転させ、
あの手この手と策略し無い知恵を雑巾のように絞って、
投げ竿に詳しくなかった嫁を騙して手に入れた竿なんです。
帰宅後、
仁王立ちした般若面の嫁にたっぷり怒られたことは言うまでもありません。
それ以来、この釣場には足を踏み入れた事が無かったので、
十数年ぶりに竿を出したことになります。

どこの釣場にも“主”と呼ばれる国主のような方々がおります。
今回の釣場にも水戸黄門様のような主様と助さん格さん、
うっかり八兵衛、風車の弥七風のお仲間さんが一等地で竿を出され、
それなりの釣果をあげていました。
俺たちが竿を出した釣座は、
二等地、三等地と呼ばれる箇所しか残ってませんでしたが、
それが功を奏したようで、そこで爆釣となったんです。

ある人のほんの一部
IMGP0261_2015042414121924d.jpg

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック