北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年05月15日 (金) | 編集 |
上機嫌で千走漁港から帰ってくると、山菜採りの格好で玄関前で待ってました。
俺が車から降りようとすると、
『好きな事してきたんだから、今度はあたしに付き合うの。』
そのまま山に直行させられました。

山と言っても、農道のすぐ側の沢みたいなところでして、
確かに竹は生えていますが、こんなところで?と思うような場所なんです。
農道と言っても結構な数の車が往来しており、
嫁が入る場所は俗に言う道路縁で、そこから数m入ると不思議とあるんです。
『山奥はプロが行けばいいのよ、あたしはこんなところで十分。
楽して採るのが面白いじゃん。』
と言い、彼女なりの拘りと言うのか、道路縁より10m以内が範囲だそうで、
決してそれ以上は奥に入らないと決めているそうです。

最初に入った場所は、数人の人が知っている所なので、
誰かが先に入ってしまえば残り物しかありません。
数日前に誰かが先に入った跡があったそうですが、
そこで袋1つほど採り満足したようです。
俺は嫁と反対側の道路縁で遊んでいたので、
細い竹の子しか採れませんでした。

それで終わりかと思えば、農道からきょろきょろ周りを見渡し、
先ほどの場所から数m横にズレた所の笹を分けて奥に入って行ってしまったんです。
数秒後、
『車の中にある袋全部持って来てー!』
仕方なく嫁が居るであろう場所に入って行くと、ビックリ。
足の親指程の太さの竹の子がそこらじゅうに生えているんです。
竹の子もそうなんですが、
そこにはアイヌネギも大量に生えていてどれも茎が太い、
今まで誰にも採られた事がない場所だったようです。
よくこんな場所を見つけたもんだと感心しちゃいました。

NCM_0556.jpg
見比べる物がありませんが、細くても手の親指程の太さの物が多く、
下の方には足の親指程の太さの物が多数隠れています。

小1時間程遊んだので、嫁の実家に持ち込み、
茹でて皮をむいたら、1斗樽に3/4程ありました。

NCM_0557.jpg

実家で夕食を頂いていると、
大量の竹の子の煮付けを口に入れモグモグさせながら、
『今度はあそこね。』
嬉しそうに言いやがるんです。
まぁ~、普段好きな事させてもらっているので、
ほんの一ヶ月程、数時間だけ嫁のご機嫌伺いで付き合うのも仕方がないでしょう。
旬な時期に旬な物が食べれるから嬉しいんですが、
やっぱり俺、山よりも海がいいかも。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。