北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2015年05月30日 (土) | 編集 |
数日前の夕食時、
『今度の休みどうするの?』
珍しく嫁が尋ねてきました。
「釣りに行こうかな~と思っている。
でもな~、そんなに遠出ばかりしていたら小遣い使い果たしてしまうしなぁ・・・。」
小遣いをせびるように手を出すと、お金の換わりにキムチを乗せられ、
『じゃ、山菜採りに決定ね!』
「えっ・・・・」
俺の意見を無視した会話をしてました。

26日の夕食後、俺が釣りに行きたくてソワソワしている事に気がつきながらも、
知らない顔をしながら、大きな身体でカウチに寝転び、
カリントウをむしゃむしゃと食い、DVDのスプラッター映画を観ながら、
『ねぇねぇ見た? 今、内臓飛び散ったぁー、あんなに綺麗に飛ぶわけないじゃん。』
カリントウのカスを飛ばしながら大笑いしてやがります。
『ねぇ、明日、何時ごろ行く?』
『今の時期なら、あそこの山がちょうど採り頃だと思うんだけさ、
あっちも気になるんだよね。』
『あっ、まだ一度も行ったことがない所もあるから、思い切って行っちゃう?』
たたみ掛けるように言いやがるんです。

俺は山よりも海に行きたいなんて言えなくて、
ワザと充電してあったデジカメのバッテリーをデジカメに入れたり、
釣り用のバックを出したりしたんですが、そ知らぬ顔をし続けるんです。
時計を見ると10時近いし・・・遂に俺の方が根をあげて、
「釣りに行っていい?」
やっと言ったわねって顔をし、
『地獄を見るか、天国へ行くか、結果を考えて言っているの?』
と脅かすんです。
俺、しょぼくれちゃい、ふて寝しようとすると、
『ただでさえしょぼくれた中年男なのに、
それ以上腐ったらファブリースいくらあっても足りないわ。
しゃない、半日だけ解放してあげる、帰ってきたら山に付き合いなさい。』
と言うので5分ほどでウチからテイクオフしちゃいました。

IMGP0393_20150530115819b67.jpg

今、激戦区として有名な某漁港で竿を出してきました。
平日だというのに、俺の予想よりも釣人の多さにビックリ。

IMGP0396_201505301158375c1.jpg

釣座を開こうかと開いていそうな場所を探していると、
日本海の某漁港で釣友のお仲間さんだと紹介された方がいらしゃって、
運良くそこに入れてもらったんです。
ありがとうございます、H氏!

前日の情報によると、
「釣れてますよ~、でも人がいっぱいです。」
と頂いてましたので、リールをナイロンスプールに取り替えてました。
人の混雑している場所ではPEラインを使うと、他の人と絡んだりした時に、
解くのに時間がかかり相手の方に迷惑をかけてしまいます。
互いにナイロン糸でしたら簡単に解けますので、
適材適所でPEラインにするかナイロン糸にするか決めてます。

確かにカレイは釣れてきますが小型サイズが多く、
カレイよりもギスカジカの数の方が多いんです。
周りを見てもほとんどの人がそんな感じでいる中、
H氏に48cmのイシガレイ・・・残念、写真撮るのを忘れました。

そうそう、車に物を取りに行った帰り、釣りをやっていた方から
「ブログやっている方ですよね?」
と声を掛けられました、拙いブログを読んでいただき、ありがとうございます。
少しだけお話をさせてもらい、
「何時頃までやるんですか?」
「昼頃までかな~」
「帰ったら、たけのこ取りに行くんですか?」
えっ、もしかしたら嫁の回し者????
なんせ俺の脳ミソは犬並、自分に都合悪いことは三歩あるけば忘れるので、
やばい、すっかり忘れてた~ぁ~。

釣座に戻っても相変わらずギスカジカとヒトデが歓迎してくれ、
我慢できなくなった俺、場所移動することに決めたんです。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
禁煙うまくいってますか?
こんばんは、仏さん
残念ながら俺、どうもタバコがうまく吸えないようで、いたずらで高校の時に1回吸っただけで断念しちゃいました。
なのでタバコとは無縁の世界で生きています(笑)
2015/06/11(Thu) 00:20 | URL  | ひろし。。 #-[ 編集]
タバコはすってますか、もしすっているならメーガラはなんですか、個人的にはタバコやめました、メーガラエコーです
2015/05/31(Sun) 19:35 | URL  | 仏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック