北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年07月13日 (月) | 編集 |
IMGP0472_20150713235803b9b.jpg

船頭の話では、
「何組かの予約を受けていたけど、全部時化で渡れなかった。
俺の船では今年初上陸だ。」
と言うことを聞いたらワクワクしちゃいます。

IMGP0474_20150714001327eb7.jpg

前日には、はこだてサーフ会長のI氏からも、
「毎年恒例の松前小島クルージングに同行するんだ、小島で会おう。」
連絡を頂いてました。
避難港にはクルージング船が所狭しに停泊しており、我がクラブ会長にご挨拶。

松前小島は、
道指定小島鳥獣保護区・松前矢越道立自然公園・国指定天然記念物松前小島
の指定を受けているので、
釣人の入れる範囲は神社の参道とヘリポート付近と、
避難港とそれに続く防波堤だけなんです。
島の元管理人が住んでいた住居の側に神社に登る参道があり、
避難港の側にはトイレもあって開放されてました。

IMGP0476.jpg
↑俺の釣座
嫁の狙いはコブダイ、俺の狙いはカレイ。
IMGP0477 - コピー
嫁は先端の内海側に釣座を構えた。

投げ釣り組を残して、謎の軍団は船釣りへ。
IMGP0475_20150714015537a54.jpg

嫁が、
『ねぇ~、餌、どこにあるの?』
「あっ・・・・貰うの忘れた・・・アハハハ」
笑って誤魔化したら、
『何笑っているのさ、今すぐに泳いで貰ってきなさい!』
怒るんです。
謎の軍団の一名である函館つるさんに餌を頼んでいたんですが、
コブダイ用の餌を持って彼は遥か沖に向かって行っちゃったんです。
そして嫁は函館つるさんに鬼のように電話攻撃したんですが、
「電話に出ることが出来ません・・・」
悲しいガイダンスが流れているばかりです。

嫁は普段では絶対に俺には見せない、か弱い子猫のようにナオさんに、
『コブダイの餌少しだけ分けて、後で返すので。』
と頼み込んで分けてもらってました。
ご迷惑をおかけしました、ナオさん。

そして俺にはキングゴジラに変貌し、
『もしあたしにコブダイ釣れなかったら、一生、あんたとジジィに、
釣れなかったのはあんた達のせいよって言い続けて恨んでやる。』
と横柄な態度で言い放ちやがるんです。

嫁の釣座は、避難港に停泊していたクルーザー軍団が、
釣りに行くためにバラバラに出港したりして、
内海に投げてあった竿を巻くのに忙しくてあまり釣りにならなかったようです。

夕まずめに突入すると俺の竿に魚信の反応があり姿を見た瞬間、
「タモ~、タモ~」
思わず大声で発してました。
揚がってきたのは狙っていたカレイ。

IMGP0481.jpg
46.5cmのマコガレイ

マコガレイの大物なんて久しぶりなんで、
「俺、これで一匹で十分。 もういつ帰ってもいいわ。」
自然と言葉が出ちゃいました。
それが嫁の怒りを買った事は言うまでもありません。

つづく 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
やっぱこのブログは、面白いんで好きこのんで見てますよ

2015/07/14(Tue) 21:57 | URL  | 仏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。