FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。    
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2020年03月21日 (土) | 編集 |
名付けて松岡修造作戦
「大丈夫!君ならできる、絶対できる!かんばれ!」
自分に喝を入れてみました。

2、釣り餌のアオイソメの代金を支払ってもらう

image7 (480x640)
思わず大人買いしてしまったよ

せっかく函館まで来たので、
釣り餌を大量に扱っている某釣具屋さんに寄ってみました。
函館方面で釣り仲間と釣りをする時は、好みの太さも選べ、
鮮度の良さもあって、釣り仲間に頼んでいつも買ってもらってました。

嫁に
「2,000円分だけ買うからお金頂戴。」
『どうせ使うんだから箱で買えば?』
なんとも太っ腹な事を言ってくれたんですが、
「え~、まだ、地元で買った餌あるから、それも使ってしまわないと。
とりあえず2回分だけあればいいから2.000円分あればいい。」
と強固に断る自分。
お昼御飯の時に細かいのを出してしまい、
財布には福沢さんしか無いと言うので、それを握りしめてお店をくぐりました。

店員のおばちゃんにイソメの有無を確かめると、
「さっき入ったばかりのイソメあるよ。」
店の奥から1キロ入りの箱を出して見せてくれたんです。
それを見た瞬間、
少女漫画の主人公になったようにお目々キラキラになって、
「その箱下さい。」
速攻でお金を支払う俺。

おばちゃんに、
「中国があれだからイソメ入りづらいって聞いたんだけど?
札幌の某量販店ではお一人様1Pしか買えないって言って、
毎日1P買っているやつもいるけど。」
「皆に訊かれるんだけど、うちはちゃんと入ってくるよ。
いろんな店があってそれぞれルートがあるからね。
うちは大丈夫だよ。」
安心しました。

安心したのも束の間、
『はぁ~あ~ぁ?、お釣り足りないんだけど。
あんた2,000円分って言ったよね!』
「えっ? だって買っていいって言ったんじゃん。」
『いいって? 拒否したのはあたしじゃなく、あんた!
だったら2.000円分だけ買えばいいじゃん。
男なら自分で言った事は実行しなさいよ。』
こっそり車のトランクに仕舞い込む箱を目ざとく見ていたようで、
ちょっとプリプリして、オイラの頭をチラリと横目で睨み、
「三歩歩けば忘れるって・・・あんた、ニワトリか?
あっ、ニワトリに失礼だったわ、あっちは毛があるだけマシ。』
はい、ニワトリ以下でございます、オイラの頭は・・・。

本州にいらしゃる御仁の話では、
「イソメは手に入るが、イワムシがなかなか手に入りづらい。」
と電話で言ってました。
因みにイワムシの1Kgの値段を訊いたら・・・ビックリ!
竿、買えるじゃん、ヤバい、オシッコちびりそうになっちゃいました。

3、PCのタワーの代金を支払ってもらう

これが今回最大の難関!
安い物ではありません、福沢さんが数枚・・・
犬並みの脳ミソしか持ち合わせた無いので、どう説得するか?

この話は後日!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
最後にイワムシを使ったのは何年前かな~
こんばんは、のりぞ~さん
本当になんでも高いですよね。 パワーイソメ、良い案です、それでたくさん釣れたら教えて下さい。
真似しちゃいます(笑)
イワムシなんて何年も使ったことがないです(涙) のりぞ~さん、あの国に行って調達してきて俺にも分けて下さい(爆)
2020/03/22(Sun) 23:32 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
イソメも高いよね。それも水ぶくれしたプヨプヨしたやつ。イワムシはもちろん高いし、サンマも高い。イかも高いけど、何切れも取れるからまだましだけど・・・いっそうのことパワーイソメでも使うかな?。ニオイがしなくなったら何回もガルブに漬け込んでニオイ浸み込ませて・・・年金生活、ヒモ生活の俺だからそんな事でもしないと釣りに行けないよ(涙)
2020/03/22(Sun) 05:48 | URL  | のりぞ~ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック