FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年10月19日 (金) | 編集 |
今年のサケの帰省率は100本に4本と水産庁の予測です。
実際、漁組の方の話では、
日本海のサケの獲れ具合は昨年の3割だそうです。
新聞では5割以下と書かれておりました。
俺の知り合いで、毎年、八目うなぎ漁の鑑札を取り、
それを楽しみにしている人がおります。
今年の釣果を聞くと、
「昨年より悪い、今のところ30匹しか獲れない。」
と苦悩しておりました。
一昨年は大漁だったのですが、昨年は100匹ちょいで、
今年はそれより悪いそうです。
八目うなぎ漁をしていると、サケがジャマをして、
うるさいんだと毎年ボヤくのですが、
今年は、
「サケも川にイナイ。」
と言います。
そこで、違う知り合いに聞いた話では、
「底網をはずし、川にサケを登らす予定だ。」
と言います。
詳しく聞くと、
「このままだったら、
4年後のサケが獲れなくなる恐れがあるので、
そう言う話が出ている。」
と言いますが、これからの時期、
サケは果たしてうまく登ってくれるのでしょうか?

嫁の知り合いに、熊撃ちの名人がおり、
その人と、はなす機会がありました。
『今年、キツネが少ないと思うんだけど?』
と嫁は質問しました。
「キツネは、増えすぎて駆除しているんだ。
1頭あたり、数千円で引き取られるんだけど、
俺は熊と鹿しか興味がない。」
と言います。
興味深い話の中で、
このあたりは昔は鹿はいなかったのですが、
「最近人里まで降りてきている。
俺ん家の畑にちょくちょく顔をだしている。」
と言い、
「この辺あたりで一日の捕獲は、
オス1頭、メスなら何頭でもいいんだ。」
と、マムシ酒を飲みながら教えてくれました。
嫁は、皮を剥いて干してある
マムシのまる干しに興味シンシンです。
手に取って、臭いをかぎ、
しみじみと見ておりました。

増えすぎると駆除、少ないと保護。
人間の勝手な思いで、
動物にとってはえらい迷惑な話だ、
みたいな話をしていたら、嫁が、
『増えすぎると禁止、少ないと摂取、
まるであたしの血糖値に比例するお菓子の量と一緒だわ。』
と、うまい事を言ったので、俺が笑っていると、
『あんたのコルステロールと中性脂肪は、
今の中国の経済発展と一緒で、
どえらい事になるから、
笑ってられるのも今のうちだかんね。』
と、ピッシッっと言われました。
おーコワ、本ト、気をつけよォーっと。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック