FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年10月24日 (水) | 編集 |
この日は函館に行き、帰り道での事でした。
いつでもサケ釣りが出来るように、
竿は車に搭載しておりました。
ある規制が掛かっていない川に、数人の釣り人がおり、
サケの姿も目で確認出来ました。
そんなチャンスを見逃す手はありません。
早速、竿を車から降ろし、釣場に出掛けました。
釣場では、足元に大型オスサケの死体が
ゴロゴロと落ちておりました。
<不思議だ、まだ、川から流れてくるのには早すぎる。>

嫁もやはり、気になっていたようです。
9月ですから、腐敗も早く、匂いがひどく、
長い時間、サケ釣りをするには、
視覚と臭覚が耐えられそうにもありません。

そんな中、1人の少年が現れました。
初めは、どこかのトーサンがラフな格好で釣りに来たんだと
思っておりましたが、よ~く見ると少年だったのです。
その少年は、地元の子らしく、
「獲ったら、もっておいで。」
と、どこかのおばさんが声を掛けておりました。
また、違うおばさんも先程のおばさん同様に
同じ事を少年に言っておりました。
また、どこかの地元のおじさんが、
「○△◎、今日もやっているなー、沢山、獲りなー。」
と橋の上から声を掛けていました。
少年は竿を振ると、サケが大暴れしておりました。
そうです、引っ掛けていたんです。
オスのサケは、足元の岩に投げて、
メスのサケだけをキープしておりました。
サケの腐乱死体の原因は、彼だったようです。

後で聞いた話では、この少年は
地元では有名な子供だったようです。
その少年が釣ったメスサケを、
近所の人が買っていたようです。
地元には地元のルールはあるとは思いますが、
サケの密漁は全国的に犯罪です。
この話を聞いた嫁は、
「私だったら、匿名で通報すると思う。」
そうしたいのは山々ですが、この問題は、
ここだけのものではないから難しいですね。
多分、一番悪いのは、我々、大人なのでしょう。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
初めまして、?さん。これからも宜しくお願い致します。
その通りですね。実はこの時、知り合いが居まして「注意しようか?通報しようか?」と相談すると、その人の言う事には、「ここの近所の人が何かあった時のタメに車のナンバーを控えているんだ。もし、何かあったらマズイからな」と言い、後ろでは数人の現地の人が見張っている?見ている状況でした。オレは何を指して言っているのかその時初めて理解しました。俺はこの時は相談した人にも迷惑かけられないと思い、断念しました。せめて、自分の子供にはそんな事や人様に迷惑をかけないようにウルサイオヤジに徹底しておりますが、子供にはエライ迷惑な話かも知れませんね。
2007/10/25(Thu) 21:47 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ヨシゾーさん、こんばんは。
今年は利別川で密漁で捕まった人はいませんが、毎年、旅の人達が捕まって罰金と前科がついたと聞きます。数年前に両対岸でイケナイ事をしていた人の仕掛けどうしが絡みあい、口ケンカになり、相手の方は「てめ~、そこで待ってろ!」と息巻いていたそうです。対岸の男はそれにビビッて「オレ、殺される」と警察に駆け込んだというお粗末な事がありました。そこまでしてサケが欲しいのでしょうかと思う俺です。(笑)
今度、カジカとサケで食べず嫌い王決勝戦しましょう(爆) 


2007/10/25(Thu) 21:30 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
やはり警察への通報しか手立てはないでしよう。
もっとも警察もあまり動かないようですが。
子供に注意するのは大人の責任です。
危険な事や、違法な行為は注意するのが大人の義務ですらないでしようか。
自分はかなりその点では、うるさい親爺でした。
2007/10/25(Thu) 20:09 | URL  |  #-[ 編集]
どこでも一緒ですね。
ヨシゾーの散歩道である千歳川でも、引っ掛けは横行しています。
川岸には腹の裂かれたサケが何十匹も放置されているのを見たのは一度や二度ではありません。
食わず嫌い王でサケが出たらギブアップするヨシゾーには、理解できない行動ですけどね(笑)
2007/10/24(Wed) 23:10 | URL  | ヨシゾー #rO4P2RG.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック