FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年11月09日 (金) | 編集 |
ここ数年、この釣場には足を踏み入れておりませんが、
「長万部・大中漁港で、
大きなイシモチカレイが釣れる」
と聞き、ウチから小一時間で行ける距離なので、
早速行ってみました。
この話は、その時の出来事です。
まだ工事中だったので、手前にはゲートがあり、
中まで車の乗り込みが出来ませんでした。
今はどうなっているかは、俺はわかりません。
今度、行って見てみようと思います。

車から歩くこと数十分、
やっと大中漁港の外防波堤先端につきました。
先端につくと、2人の釣り人がおりました。
俺は挨拶をし、釣場の状況を聞いている最中、
竿先がカレイ特有の反応を示しました。
「あっ、竿先が揺れてますよ。」
と声をかけたら、
「本当だ、どうせスナガレイだろうよ。」
と、ゆっくり竿をあげました。
糸を巻いているのを見ると、ちょい投げのようです。
ところがその魚は重いのか、竿がシナっており、
今にもホワイトトップの竿が折れそうで、
思わず俺は、
「タモ、タモどこ?」
と、一人で騒いでおりました。
2人の釣り人は仲間のようですが、
そんな事はお構いなしで、もう1人はそれを観戦していました。
結局、その方々はタモを持ってきていなくて、
俺のタモを急いで組み立てて、無事にネットイン。
見てみると、40cmオーバーのイシモチカレイでした。

ところがその釣り人達は、
「イシモチカレイ狙いで来ているんだ。」
と言ったわりには、
A君「コレ、へんなカレイなんだけど、なに?」
B君「新種じゃないか?」
A君「俺達、新発見しちゃったワケ?」
B君「じゃー、俺達で名前考えなくちゃなー。」
俺 「・・・・・・。」
(心の中で、オイオイ、
それイシモチカレイなんだけど・・・。)
俺 「イシモチカレイ釣った事あるの?」
A君「うん、この間小さいけど1枚釣った。」
B君「あぁー、確かに釣ったよ。」
俺 「・・・・・・。」
(何の種類のカレイ釣ったんだ?)
A君「すみませんが、
新種を釣った事の証人になってくれますか?」
(ずいぶん話の展開が早くないか?)
俺 「それは無理!だってコレ、イシモチカレイだもん。」
A君とB君は顔を見合わせ、後ろ向きになり、
何か相談し合っています。

彼らの話しが、時々、俺の耳まで聞こえてきました。
その中で、
俺がねたんで嘘を言っているとか、
コレが本当にイシモチカレイなのか、
この間釣ったカレイは本当にイシモチだったのか、
と疑心暗示のようです。
2人で俺に、
「本当に、イシモチカレイですか?」
と聞きます。
「うん、そうだよ。もし、違うと思ったら、
魚屋さんでも水産試験所でも持って行って
聞いたらいいよ。」
と、さっきの話を小耳に挟んだ俺は
ちょっとイジワルに言いました。
2人は、
「この間、ここでカレイを釣った時、
釣りに来ていたおじさんに聞いたら、
イシモチカレイだと断言された。
そのカレイとこのカレイが同じなんですか?」
と、口々に言います。
イシモチカレイと似ているカレイは、
カワガレイかオショロガレイしか思いつきません。
小さいのを釣ったと言っていたので、
案外小型のイシモチカレイだったかもしれません。
でも、俺はその小さいカレイを見ていません。
「俺、その小さいカレイが何なのかは分らないけど、
コレはイシモチカレイだよ。」
と、イシモチカレイの特徴を教えました。
その2人は竿をたたみ、
首をかしげながら帰って行きましたが、
俺は、いつの間にか、
はだかの王様の服を作る職人にされておりました。

ウチに帰って嫁にその事を教えると、
『で、肝心のカレイは?』
と、俺のクーラーの中を覗き込みます。
嫁にとって、俺がはだかの王様の服職人にさせられても、
まったくそんな事は心中にはないようです。
それより、今食べる魚のコトで目いっぱいのようです。
スナカレイ10枚は確保しましたが、
イシモチカレイの大物はありません。
もちろん小物も入っていません。
それを見た嫁は、
『大型のイシモチを釣ってくるって言ったのに・・・』
と、口をとんがらせて文句を言います。
嫁にとってはやっぱり俺は、
はだかの王様の服職人かも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
イシモチカレイはイシカレイのコトです。北海道では、
イシモチカレイと言った方が通じます。まぎらわしくて、すみません。m(。_。;))mペコペコ
オショロガレイはカワカレイ(ヌマカレイ)とイシモチカレイのかけ合わさったモノだと記憶しています。俺の可能なモノはイシモチカレイは釣れると思いますが、オショロカレイは積丹方面(小樽方面)から上の海で釣れる可能性はあります。この魚は人口的に作ったのではなく、自然界で出来たモノですよ。ハーフと言った方がいいですね。
残念なコトに、申し込んでおりません。このシーズンは俺の勤めている会社が、かきいれ時なので休みが取れるか分らないので、迷惑をかけてもと思い、諦めました。
2007/11/10(Sat) 22:10 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは。ひろし。さん、イシモチカレイ、とオショロガレイとは、北海道のカレイですか?地方名ですか?
スナガレイは、釣魚検索の本に掲載されてましたが、最初の2種類は、載ってませんでした。今度ブログを書く時に、写真があれば見せてください。来週の全カレイは、エントリーされてますか?
2007/11/10(Sat) 21:24 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック