FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年01月18日 (金) | 編集 |
ウチに帰り、
「なぁ~、さっき何がダメだって?」
と訊くと、
『肩のことよ。あの竿を振ったと仮定すると、
数時間はもっても、後で使いモノにならなくなるって話。』
俺は嫁が肩を壊した時のコトを思い出しました。

最初のキッカケは、車を洗っていた時、
手を滑らせどうゆう体勢になったのかは分りませんが、
右肩脱臼したのです。
その直後、ぶら下がった腕を押えて、
位置を整えて壁にドーンとぶつかり、
自分で嵌め治したのです。
それから病院に行き、1ヵ月ちょいすぎまで、
使わないように首から三角巾でぶら下げておりました。
この話を後で聞かされた俺は、
<お前はハルクホーガンか、はたまた怪物くんか>
と思いました。
「どこでそんなこと憶えたんだ?」
と言うと
『ぜーんぜん。見よう見真似よ。
リカちゃん人形の手足と一緒。
外れれば元の位置にねじ込んで入れるだけじゃない。』
と淡々と言います。
普通、自分では治さないと思うのですが、
俺の常識をはるかに超える嫁には、
一瞬身震いをしました。
その時に、
肩の周りの筋肉と筋と靭帯も一緒に痛めたようです。

腕が治ったと思って、ある場所に、
子供達も一緒に釣りに行きました。
最初はあまり力を込めて投げてはいなかったようですが、
少しずつ力を込めて投げていた、まさにその時です。
『あぎゃーっ!!』
と悲鳴とも雄たけびともつかない声を発したのです。
側に駆け寄ると、
『腕が抜けそう・・・いっ、いたた・・』
と言い、
「病院に行くか?」
『大丈夫、脱臼していないから。』
と言います。
痛めた肩をさらに悪化させてしまいました。
その時から、嫁の飛距離はグッと落ちてしまい、
今も無理をすると、交通事故の後遺症の首と
この時痛めた肩が痛むそうです。
そして、
『この時よ、きっとクーパー靭帯も痛めたの。』
と言います。
「クーパー靭帯って何?」
『胸のオッパイを支えているクーパー靭帯という線維。』
とワケの分らない事をいいます。
そこでネットで検索すると、
「オッパイを吊り上げている線維で、25歳以降、
その線維は自然と切れてたれ下がるetc・・・」
と書かれておりました。
それって、老化現象じゃないか!?
まったく、自分に都合のいいように解釈する嫁には、
呆れてモノが言えません。
その反対に、年々パワーアップする嫁、
その体型・口調の悪さは、老化現象も吹っ飛ぶ勢いです。
この勢いを止める方法はないものかと、思案する俺です。

終わり。
良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
おばんです、ともさん。
俺が知り合った当時の嫁はソパージュをかけ、体に密着した服とタイトスカートで、ボン・キュ・ボンで足首キュと引き締まった後ろ姿でした。で、今は、ボン・ダラ~ン・ボボン・ボンと朝青龍に近づいております(笑) 人間、ここまで変化するのかと感心しております(笑)
>新婚の頃は 亭主関白
うっ、羨ましいです。年上女房なので、間違ってもそんな素振りを見せた日には・・・明日から表札が変わっているかも(爆)
なぜ、女の方は雪かきがすきなんでしょう?
ウチでも、俺が雪かきをすると、「あんたの性格丸出し!」と後ろからやり直しをかけられます。 後数か月すると春になるんだから、どうでもいいと思う俺です(笑)
2008/01/20(Sun) 00:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お疲れです(^O^)/
嫁さんが大爆笑してました そして『ほらぁ~!あたしの胸もそれで垂れ下がってきたのよ~!』 俺は 「お前垂れ下がる程の胸なんかねぇ~べや!」 …とは口が裂けても言えません(^_^;)
新婚の頃は 亭主関白 を気取ってましたが今は見る影も有りません
今朝の札幌は雪がひどいんですよ 何故か嫁さんは車の雪を下ろしたり洗車が好きなようで 朝から『すごい雪だよ~』と俺を起こすとさっさと外に出て行きました 「お前は犬か!」 …言えません(^_^;)
2008/01/19(Sat) 08:46 | URL  | とも #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック