FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年02月05日 (火) | 編集 |
俺が全日本サーフに入会し、初めて登録した魚の話です。
ある年の2月末、
現札幌サーフ会長で協会長のSさんと、
(この時は釣りーんぐ北海道の故・捧さんが協会会長でした)
元クラブ会長の●と俺の3人(この頃は平の会員)で、
大成の帆越岬に出掛けました。
2月の北海道は、積雪が多く、
朝夕のシバレが一番キツイ季節です。
そんな中、いつものように釣具屋さんに遊びに行くと、
Sさんが釣りに行く途中に寄っておりました。
話を聞くと、
「帆越岬に釣りに行くんだけど、一緒にいくか?」
と誘われたので、
その場に居た●と行く事に決めました。

この頃、まだ帆越岬は釣りをすることが出来る場所で、
今は新しいトンネルができ、古い道とトンネルは
通行禁止となり、岬に行くことが出来なくなりました。
車を道路脇に止め、ちょっと岩を登らなくてはなりません。
Sさんや俺は何とか登りましたが、
問題は●です。
岩に雪がついており、少し滑ります。
へたに助け船を出すと、
一緒に海にドボンしてしまうので、
彼の荷物だけ持って、
あとは彼のペースで登ってくるのを待ちました。
彼も慎重に足場を確保し、登ってきました。

この釣場は、よくTVに登場する程、
カレイ・ホッケが釣れるので、
春先には、大勢の釣り人で賑わっています。
俺は、この釣場に入りたくても、
中々入れず、指を咥えて見ていました。
それぞれ釣座を構え、後は魚を待つだけです。
最初にSさんにカレイがつき、次に●にホッケ。
最後に俺でアサバカレイがつきました。
この順番は飛距離の順番でもありました。
彼らは、本当に飛ばします。
俺の10m~15m先を飛んでおります。
彼らは、カイブツです。
Sさんから、
①飛距離を出すコツ
②投げ方
③竿とリールのバランスと特徴
④仕掛けについて
と、色々とタメになる事を教えてもらいました。
言える事は、
その釣場のTPOに合わせた投げ方と仕掛けの種類、
そして、経験と実習を積む事が何より大切で、
後は練習するのみと教わりました。
確かにそうです。
この時の俺は、
「ヘェーそうなんだ。」
と、感心するばかりで、
今になってようやく実感できるようになりました。
ほんの数時間の釣りでしたが、
2月に投げ釣りをしたのも初めてで、
とても面白くタメになった釣り体験でした。
この時のアサバカレイは33cmあったので、
俺の登録第1号になりました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
太田漁港~鵜泊漁港の開通は、道に聞いて下さい(笑) 工事も予算次第なので、なかなか進みません。 南西地震後、手直しがあったようで、テトラを厚くし、波除も高くなったと聞いております。 それでも、5月の連休になると、歩いて行かれる方も大勢いますが、その時期はクマの巣状態なので、クマに挑戦状をたたきつけれるように肉体改造してからでないと、俺、行けません(笑)
>西の河原トンネル裏の地蔵堂
一度見に行ったことがありますが、釣場として良いところのように思いましたが、釣り人も多かった。なんせ、田舎者なので、魚を釣る前に人波に酔いそうです(笑)
>中歌漁港右にある平盤
ビール缶3本の魔力のせいか、一瞬、どこだろうと考えてしまいました(爆) 俺、あの平盤であまり竿を出したことがないので、ぜひ、邪魔をしに行かせてもらいます。
2008/02/06(Wed) 21:11 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お疲れ様です(^-^)/
帆越ですかぁ~! 良いですね ガキの頃に親父と行った記憶があります
そういえば太田漁港から鵜泊漁港の先の間っていつ開通するんですかね? 太田漁港に行くと工事はしているように見えるんですが…
どちらにしても開通が楽しみです!
でも積丹半島一周の国道229が出来た時は多少がっかりしました 大量のテトラが入っていたり…
その中でも俺が嬉しかったポイントは 西の河原トンネル裏の地蔵堂でしたね 重装備で歩いて俺の短い足で30分位ですかね
今は春のシーズンが楽しみでしょうがないです(^O^)
中歌漁港右にある平盤が大好きでシーズン最初は必ず行く場所なんです
是非とも邪魔しに来て下さいね(^_^;)
2008/02/06(Wed) 17:54 | URL  | とも #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック