FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年03月24日 (月) | 編集 |
やっと雪が溶け始めた時期、クラブの釣り大会があり、
3月中旬とあって、夜はとても寒かった記憶があります。
カレイは無理でもホッケくらいは釣れると考えて、
大成方面に走りました。
久遠漁港を見ましたが(改築前)、
テトラにところどころに雪が薄っすらとついていて、
先にそこを渡っていた人が足を滑らせているのを目にして、
危険だと判断し、奥の太田方面に行く事に決めました。

太田権現神社の駐車場に車を止め、
通称・社務所裏を見に行くと、
もう数人の人が釣りをしていました。
話を聞くと、
「ホッケは釣れるが、カレイは今一つだ。」
との返答でした。
入れる場所を捜しましたが、
あずましく釣りができそうにありません。
そこで、判る人は判ると思いますが
本当の神社裏に入ったのです。
1人で釣りをする分にはいいのですが、
思いっきり竿を振るにはちょっと窮屈です。
一晩中、釣りをするのはとても無理そうです。
寒さで指の感覚が麻痺してきますので、
車の中で寝ることにしました。
朝5時、起きだしたのですが、
まだ暗く寒さも半端じゃありません。
でも釣り大会なので、釣りをしなければ、
何の意味もありません。

竿には、ホッケがポツラポツラと釣れましたが、
足元の海を見ると、大量のホッケが浮いているのです。
それを狙おうと、仕掛けを投入するのですが、
一向に釣れません。
はがゆいこと、この上なかったです。
見えている魚は釣れないって本当だったんですね。

ところが、社務所裏の釣場で、
なにやら大声で怒鳴りあっている声が聞こえてきました。
俺は何事がと思い覗いて見ると、
口ケンカのようです。
後で駐車所に戻ってきた顔見知りの釣り人に聞いた話では、
AさんとBさんが(単独で釣りに来ていた人みたいです。)、
お互いに糸が絡み合い、投げ場の取り合いとなったそうです。
Aさんは、
「もう少し右に投げろ。」
Bさんは、          
「そこは引っ掛かりやすいし、俺は真直ぐ前に投げている。」
Aさん、
「じゃー、俺が真直ぐに投げていないと言うのか?」
Bさん、
「そうだ、さっきから我慢していたが、もう限界だ。」
Aさん、
「お前の腕が悪いのに、人のせいにするな。
俺だって我慢していたんだ。」
と言う話だそうです。

困りましたね。
どこでもある話ですが、
こんなケンカになるまで発展する事は滅多にありません。
俺だったら、何度か引っ掛けられた時点で、
すぐにその場から撤収するのですが、
遠くから釣りに来ていている人達にとっては、
やっと見つけた釣場です。
譲ってなるもんかと、どちらも引けないのでしょう。
釣りはあくまで、遊びの一環です。
ケンカしている場合ではありません。
だから、ホラッ、ホッケは安心して、
遊泳しているでしょう。
陸の上の人間を観察するかのように、
浮いて覗いています。
く、くやしい・・・・・。

☆今日のせたな新港

今日は東風が強く、雨が今にでも降りそうな天候でした。
せたなの新港には、珍しく地元の釣り人は誰1人居らず、
旅から来た釣り人の車が一台あっただけでした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、清水小政さん。
俺、仲間内で浮き釣りをする時は、密かにワームで挑戦しております。皆に小さいところを釣って貰い、俺は底を狙ってそれより型の良いモノを釣ろうとせこい考えをしております(笑) さすがですね、浮き釣りで49cmのホッケを釣った話は聞いたことがありませんでした。 ぜひ、ご指導願います。
2008/03/25(Tue) 23:14 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、敏さん。
俺、釣り人は魚を待つのに、気長な人が多いと思っていたのですが、本当は短気な方が多いと聞きます。 ウチの嫁は短気なので、納得しました(爆)
皆が敏さんみたいな考えの方が多いと、こんなことにならないのですが、なんせ、釣り人は短気の方が多いようです(笑)
船釣りは上の潮と下の潮の流れがあるので、その見極めが難しいです。よく、俺もカレイ釣りで失敗したりします(涙)
今週末に俺の所属するクラブで釣り大会があるので、奥様を見習って、俺の愛情タップリのコマセ団子を作ろうかと思っております。 でも、不器用なので均一の大きさに出来るか不安ですよ~(笑)
2008/03/25(Tue) 23:08 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、Dr.ボンベさん。
もしかすると、22日のブログの一番下の南砂防提に写っているのがそうなのかな?俺、ルアーマンだと思って見ていました(笑) Dr.ボンベさんが来られた時は、釣り日和って言っても良いくらいの日でした、普段の行ないがいいんですね(笑) 昔はこの辺では、マコガレイは釣れなかったのですが、近年、釣れるようになりました。 俺、今だにボンズなので羨ましい釣果です(笑)
さて、話は変わりますが、管理者だけが見れる欄の事です。 PCから携帯にメールしたのですが、文章が長かったのか俺の扱いが悪かったのか、送れませんでした(笑)  もちろん、“管理者にだけ表示を許可する ”で宜しいので、もし差し支えがないのでしたら、PCのメールアド教え下されば幸いと思います。
2008/03/25(Tue) 22:48 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ともさん。
ホッケの浮き釣りでもよくありますよね。同じ知り合い仲間だったら、そんなコトおきないのですが、他人にはなぜか冷たい態度を取る釣り人が多いこと・・・悲しいですね。このお兄さんもキチンと挨拶をしていれば、こんなコトおきなかったかも?!
我々だけでも、そんなコトにならないように気をつけたいですね(笑)
俺も人見知りするタイプなので・・・反対にニューZ45を買わないように説得されたりして(爆) 
2008/03/25(Tue) 22:31 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ホッケのウキ釣り
もうだいぶ前になりますが、太田神社社務所下の岩場でホッケ狙いでウキ釣りしました。
釣れ過ぎてもてあました記憶がありました。
この時49cmのホッケを竿で抜き上げられずに、タモですくいました。
大型のホッケは垂直に落ち込んでいる岩があると、その際にコマセを入れて際に仕掛けを落ち着かせると、下から大型のホッケが壁際に上がってくるのを狙いました。
何も無い中層で釣れるホッケは小型が多かったです。
投げ釣りでは底を釣るので、ウキ釣りよりも型が多いとよく言われますが、釣り方次第では大型のホッケもウキ釣りで狙えました。
2008/03/25(Tue) 19:25 | URL  | 清水小政 #-[ 編集]
喧嘩はやめて
弘司さんへ
釣行、お疲れさまでした。
見える魚は釣れない_¢(0-0ヘ)メモメモ。
お祭りとか場所とりでの喧嘩は良くないですよね。
自分もマス釣りで何度もお祭りワッショイをされて
泣いた事があります。
ボウズの俺の方に投げるとは~(^▽^笑)
自分の釣りは特に港内での釣が多いので
漁師さん、作業人、隣の相棒に迷惑をかけないように
心がけています。
家では飲み過ぎて相棒に迷惑をかけていますが。(^^ゞ
2008/03/25(Tue) 11:00 | URL  | 敏 #mQop/nM.[ 編集]
こん●●は^^
先週20~22と瀬棚を満喫してきました!
ここ数年同じ時期に瀬棚に行ってましたが
これ程に凪が良かった・・また続いてたのは
今年が初めてでした。3日とも素晴らしい天気でした。
んで、当然の如く釣り三昧でしたが・・・
事前のひろし。。。殿の情報からさほど期待は出来ないってのも判ってて何とかカレイの顔でも見れたら・・位の気持ちでやりましたが数こそ計5枚でしたが
無事にカレイの顔を見る事は出来ました。
最終日は早朝から新港左側の砂防堤で初めてやりました。足場良くテトラも上がりやすく最高な場所でした(^^) けどやっぱまだ早いのかカレイ1枚のみ・・・
けどこのカレイ・・・マコでした。ちなみに28cmの割りに身の厚いヤツw せたなでマコは初めてでした。居るんですね~(^^♪ 最終日はほぼ無風って事もあり久々に目一杯投げました。
今まだ背中が痛いです(>_<) 鍛錬不足です・・・・
2008/03/25(Tue) 01:58 | URL  | Dr.ボンベ #-[ 編集]
こんばんは★
釣り場での争い事は嫌ですね… 去年寿都で俺も見かけましたよ ホッケの浮き釣りしていたとこにワーム釣りの若い兄ちゃんが来てポコポコと釣ってました となりに居たおじさんが「おいガキ! こっちはコマセまいてんだ! 釣るならコマセまけ!」『何コラ!』 と… もう少しで取っ組み合いのケンカになるんじゃないかって位の勢いでしたよ
釣りは あ・そ・び(^-^)
嫁さん紹介しますよ~ それでニューZ45の良さを説得して買わせるように暗示かけて下さい 俺は女の人には人見知りするので奥様にお会いしたら 借りて来たネコ 状態になりますよ(^_^;) ウチの嫁さんと奥様がタッグ組んだら最強だと思われ…
2008/03/24(Mon) 22:32 | URL  | とも #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック