FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月04日 (日) | 編集 |
子どもも札幌から帰ってきたその日、
「あのな、お父さん、久し振りの休みなんだ。
これから、釣りに行っていいかな?」
と、妻子に怒られるのを覚悟でお伺いしておりました。
『今夜は何も用事もないから、
明日の朝には帰ってこれれば、
釣りに行ってもいいよ。』
と言う言葉を号令の合図とし、
俺は釣り道具を車に積み込んで、
ウチから逃げ出すように出発しました。
行き先は、
八雲町の黒岩漁港近辺と決めておりました。
昨年の6月のクラブ大会で、
入所しようと決めて行ったのですが、
時化のタメに断念した場所でもあります。
俺の知り合いの方々にも、
この釣場の釣果を事前に聞いており、
下調べは整っておりました。
取り合えず、先に漁港を下見し、
その後、ルコツ川左岸を見に行きました。
夜の内は風もなく、波も穏やかだったので、
この場所に決め、朝方勝負に賭け、
少し仮眠することにしたのです。

天気 晴れ
風  西 のち 北西 朝がた・西北西

午前3:30頃、仮眠から目覚め、
釣場に向かいました。
昨夜の無風・ベタ凪とは打って変わり、
風が俺の背中を押し波もありました。
IMGP3884.jpg IMGP3879.jpg

この釣場は、右側に黒岩漁港が見え、
左側には砂浜が長万部町静狩漁港まで続いております。
釣場のポイントとしては、
この砂浜全部と言っていいくらいです。
砂浜に行くのに、
国道から砂浜に降りてゆく取り付け道路がありますが、
車を置いてから大分歩かなければイケナイ所もあります。
IMGP3880.jpg IMGP3883.jpg

午前4時には竿を振っておりましたが、
昨日のブログにも書いたのですが、
1投目を投げた瞬間、俺の目の前を
イソメをつけた仕掛けと黒い物体が仲良く
一緒に海へと飛んでいってしまったのです。
あ~ぁ~、俺のサングラスが・・・・
気にいっていた分、大ショックです。
ショックから立ち直るタメにも、ぜひ、
大きなイシガレイを釣りたい気持ちが先走っておりました。
ギリシャ神話に出てくる西風の神ゼピュロスも
そんな傷心の俺を後押しするかのように、
超遠投を繰り返したのですが、
最初に釣れたのが↓コレ。
IMGP3878.jpg
お腹のサイドラインに鮮やかな黄色い模様がセクシーなスナガレイ

砂地には付き物のスナガレイですが、
身が他のカレイに比べると薄いので、
から揚げにして食べると最高!
という訳で、嫁よ、よろしくたのんま~す。
IMGP3885.jpg
34㎝のイシガレイ

その後、ポツリポツリと小さいながらも、
スナガレイとイシガレイを追加しました。
でも、俺の狙いは30㎝以上、
いいえ、40㎝アップのイシガレイなのですが、
今回はそれは無理でした。
そして、右横に入っていた方が、
俺のイシガレイよりも
遙かに大きなイシガレイを釣ったようです。
これを目撃した俺は、
再度、チャレンジすることを
心に固く決めたことは言うまでもありません。
IMGP3889.jpg
3時間半の釣果 25~34㎝のカレイ
IMGP3890.jpg IMGP3891.jpg
イシガレイのお腹についていた寄生虫です。
このすぐ後、俺の熱い視線にテレたのか、
アッと言う間にどこかに行ってしまいました。

IMGP3882.jpg
今日のタックル
シマノ キススペシャルAXー405
ダイワ トライビーム35-405

この日は、この後、床屋に行き、
午後から今年初の船渡しで磯場で魚を狙いました。
それは、後日にアップしますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
おばんです、石井さん。
エート、御質問なんですが、俺の回答で本当によろしいのでしょうか、当てにならにかも(笑)
>遠投でナイロンの2号
ナイロン糸は喰い込み重視なのです。糸が伸びる分、当たりが取りずらいかもしれませんね。
函館方面では、喰い込み重視のタメ、殆どの方が使っており、ババカレイのよいな岩場にいる魚を狙う時に岩に擦られることも想定し、数回使ったらすぐにスプールに新しいナイロンを巻き直すそうです。
値段もPEより安いので、釣りに行く頻度で巻き替えるのなら経済的にもお得です。
>竿が微動だにしません
竿を柔らかいモノ(穂先が軟らかいモノ)にすると、少しは当たりが取りやすくなりますよ。
>何か良い方法は無いでしょうか?
竿はなかなか買い替えられるモノでもないので、糸をフロロに換えてはいかがでしょうか? 少し張りのある硬い糸ですが、商品設定はPEとナイロンの中間ってことになっております。 広告に惹かれ、俺も過去に使ってみましたが、その通りだと思いました。 
飛び重視ならPEですし、喰い込み重視ならナイロンだと思います。 後は、個人の好みだと思いますが、因みに俺、PE派です(笑)
以上、俺の犬並の脳ミソが無い知恵をはじき出した答えです(笑)
石井さんのリポート読ませて貰いました。 今回もアングラーズの面々も、釣っておりましたね。 あの時期にアレだけ数が釣れたなんで凄過ぎです。 早く次の石井さんのリポートが読みたいので、沢山釣ってUPしてくださいね。
島牧村のワスリってまだ一回も入所したことがないので、何とも言えませんが、筋肉痛になる程、ヒドイ所なんですか? 石井さんの釣果を見て「俺も見て・触って・釣る!」の三大欲に捕らわれました。 ぜひ、行ってみたくなりました(笑)
2008/05/06(Tue) 01:55 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
おばんでやんす、ヨシゾーさん。
普段、仕事で2週に一回の休みしか貰えなかったので、遂に爆発してしまいました(笑)
年を考えると、す~ご~く~無謀なことなのですが、チレイなネーチャンの誘いも断り(無かったけど(涙))、加齢臭をフェルモンのように振りまく集いに参加してしまいました(爆) いい汗流してきましたよ(笑)
ヨシゾーさんの12時間もある意味、凄過ぎですよ~(笑) 
どちらが先に40up釣るかの勝負ですね? 景品はお互い年なので、ドリンク剤で如何ですか(笑) 今度会った時に渡すってことでよろしく(爆)

2008/05/06(Tue) 01:13 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、神戸MPVさん。
スゴイですね、釣り歴39年とは・・・今度から先輩と呼ばせて貰おうかな(笑)
お互い、無いものねだりですね。 俺も、「いつかは、サーフから大キスを釣りたい!暖簾釣りをしたい!」と、アッチコッチの本を片っ端から読みあさりました。 北海道は比較的、私有地は少ない(殆ど無い状態)ので、好きな場所からどんどんチャレンジして下さいね。
今年の春は外気温が少し高めでしたが、やっと雪しろ水も少しずつですが出始めたようです。 昔から道南にある松前町では、「桜の花が咲く頃、カレイもやってくる。」と言われております。 俺思うんだけど、この話は北海道の魚の釣れ時期と一緒かな?と独り解釈してます(笑)
今日、あっ、日付が変わったから昨日ですね、俺、あまりにも釣りばかりしていたので、家族孝行を命じられました(笑) 
2008/05/06(Tue) 00:53 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
今日は 石井です
弘司さんも、カレイ狙いで出撃してますね。ぼくも、2,3日と島牧村のワスリへマガレイ狙いで会社の先輩と行ってきました。手の平級~最大33.5のマガレイを2人で約60~70枚その他クロ28~34を5枚仕留めて来ました。行きも帰りもきつい所なのでいまだに筋肉痛です。ひとつ質問なのですが、遠投でナイロンの2号使用しているのですが、あたりが分からなく竿をサビくと乗った感じが分かるのですがそれ以外は竿が微動だにしません。今まではPEラインの0.8使用してましたので小さいあたりも拾えたのですが、今年はナイロンで行くので何か良い方法は無いでしょうか?
2008/05/05(Mon) 18:28 | URL  | 石井 隆行 #-[ 編集]
ダブルヘッダーお疲れ様です!
おはようございます。
昨晩19時から今朝7時までの12時間睡眠を達成したヨシゾーです(笑)
次回はお互い40up目指して頑張りましょう。
でも、朝晩ダブルヘッダーとは羨ましいな。
まさにゴールデンウイークですね。
今のオイラには無理ですけど(爆)
2008/05/05(Mon) 07:38 | URL  | ヨシゾー #-[ 編集]
弘司さん、ご出役お疲れ様です。
サーフでのカレイ釣り・・・憧れます。私は39才にして釣り歴36年ですが、学生時分までは渓流ばかりで“海釣り”そのものに憧れておりました。子供の頃、釣りの教本を見るとカレイは砂浜で釣るもの・・・と書かれていましたが12年前にカレイ釣りを始めると東京湾に砂浜など殆どなく・・・ずっと埋立地での釣りでした。北海道で是非砂浜からカレイを釣って“教科書”通りの釣りをしたいと思っています。
昨日は家族と小樽に行きホッケ7つとアブ1つでした。家族サービスと言いながらもチト不満ですが、湾内にも魚が入り誰もが楽しめる季節になりましたね。
2008/05/05(Mon) 06:27 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック