FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月14日 (水) | 編集 |
ある年の5月の連休後に、
鵜泊漁港に、仲間とヤリイカ釣りに出掛けました。
当時は漁港の中まで、ヤリイカが大群で押し寄せ、
数回、回遊し、
朝方には沖へと帰っていくという状態でした。
ヤリイカのお腹にはビッシリと卵は詰まっており、
漁港のヘリについている海草目当てで、
岸寄りをしていたようです。
そんな産卵まじかのヤリイカを狙いに、
夜な夜な通っておりました。
今は大分数が減り、
ヤリイカも漁港には入ってくるのが、
少なくなったようです。
ここ数年通っている方に聞くと、
「群れも小さくなり、年に0回か1回しか入ってこない。」
と嘆いておりました。

そんなある日、
漁港の中に1匹の「ジャ虫」というか「大型イソメ」と
表現したらいいのか分りませんが、
それがゆうに50cmある長さで、
足を広げて優雅に泳いでいました。
初めは、好奇心で見ておりましたが、
「これってイソメに似ているから、釣りに使えそうじゃん。」
と仲間と話になり、捕まえる事にしました。
まず、長い棒と思いその辺を探しましたが、
結局見つからず、竿先で引っ掛ける事にしました。
ところが、竿先に引っ掛けたと思って、
海水からあげようとしたら、ブツリと切れたのです。
「イソメってこんなに弱かったか?」
と、皆して顔を合わせましたが、
再度、チャレンジすると、また切れてしまいました。
結局諦めて、イカ釣りに専念しました。

後日、この話を店長に話すと、
「俺もイソメの大きいモノだと思って、アミですくって、
塩付けにしたんだが、柔らかくてすぐに切れてしまって、
まったく使い物にはならなかったんだ。」
と教えてくれました。
また、違う漁港内でもそのムシを見つけました。
再度、捕まえようと思って、
竿先で引っ掛けましたが、
やはりプツリと切れてしまいました。
正式な名は分りませんが、俺達は、
「イソメを大きくしたモノ」
と呼んでおります。
形はイソメにそっくりで、太さは大人の親指程あり、
(もしかすると2本分はあるかも)
長さは30~70cmくらいあり、器用に身体を動かし、
ゆっくりと泳いでおります。
ムカデのような足も付いていたように思います。
誰か、正式名を知っている方はいませんでしょうか?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、あつしさん。
ありがとうございます。
俺もオニイソメだと思っていたのですが、その物証がなかったので、断言出来ずにおりました。 あのオニイソメですが、なかなか見るチャンスがなく、ほとんどの方はあまり信じてくれなかったモノでした。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
2008/05/22(Thu) 21:45 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
そのイソメはきっと・・・
オニイソメですね。小樽でも今時期の夜に海面を浮いていたりします。この状態を本州ではバチ抜けと言うらしいです。シーバス(スズキ)の好物とのこと。以前すくって塩をしましたが柔らかくてダメでした・・・
http://www5f.biglobe.ne.jp/~sapporo-fishing-support/kenkyupart6.htm

いつも楽しい情報をありがとうございます。

2008/05/22(Thu) 00:51 | URL  | あつし #mB.BT9Ic[ 編集]
こんばんは、敏さん。
あの物体は一体何なんでしょうね(笑)
俺のサインですか~ぁ~、何の価値もありませんよ(爆)
反対に敏さんのサインをあの紙に書いてもらおうかな~
エッ何の紙って・・・内緒・・・後、支払お願いしま~す(爆)
2008/05/15(Thu) 21:27 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、釣好人見さん。
理事会、御苦労さまです。
連盟誌の「投げ釣り」ですが、釣好人見さんの記事、数日前に読ませて貰いました。
故人の遺志ともいうべき一匹だったようですね。 改めて、おめでとうございます。
今週末は例会だそうですが、良型のキスを期待してます。
後で朗報を聞かせて下さいね。
2008/05/15(Thu) 21:26 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ヨシゾーさん。
青イソメは外来種ですが、赤イソメは日本でも採れていたようです。赤イソメは岩イソメに似ているとかで、岩イソメの名で売られているところもあるそうです。 ヨシゾーさんが見つけたイソメは、逸脱した個体の野生化も各地で見られるようで、きっとそれかも知れませんね。
埋め立てられた場所のイソメですが、もし、埋め立てられてなかったら、天然のイソメとして採って売ってひと儲け出来たかも(笑)
2008/05/15(Thu) 21:25 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
釣り新聞
弘司さん、奥さんへ
自分も見た事がありますね~イソメだと思っていました。
すくわなくて良かったです。
知った振りしてすくってイソメだと言って違ったら
まあ~後は書かなくても弘司さんならお解かりでしょう。
今週の釣り新聞に弘司さんを発見!
今度、サインをお願いします。
保証人の?
2008/05/15(Thu) 10:25 | URL  | 敏 #mQop/nM.[ 編集]
ひろし。さん。こんばんは。今夜は兵庫協会の理事会でした。ニュース的には古くなりましたが、連盟誌の投げ釣りに、全カレイの原稿が載ってますので、読んでくださいね。今週は我がクラブの例会です。全キスを目指して、淡路で釣れそうなところ、探して来ます。って、休めるやろか・・・・
2008/05/14(Wed) 23:13 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
そんな虫は見たこと無いので、わかりませんが。イソメは基本的に外来種ですよね?
でも、ヨシゾーが中学生の頃は、防波堤基部の玉石場にイソメが生息していました。たぶん、釣り人が捨てたイソメが住み着いたんだと思います。そいつらは玉石の下や砂利の中に住んでいて簡単に取れるのですが、たまに小指位の太さで1mはあろうかと言う巨大なイソメ(子供心にそう記憶してますが、そんなに長かったかは定かではありません。)も生息しており、噛まれてひどい目にあったこともあります。おまけにデカ過ぎて魚釣りに使えないし(笑)
今では埋め立てられ、当時のイソメたちも全滅したと思いますが、超巨大?なイソメがいるくらいですから、そんな得体の知れない奴がいてもおかしくないですよね(笑)

2008/05/14(Wed) 22:13 | URL  | ヨシゾー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック