FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月21日 (水) | 編集 |
ある年の釣り日和に最適な日のコトでした。
俺は、いつものように某釣場で竿を出しておりました。
そこに、数人の釣り人がやってきました。
その時の会話です。
釣り人1
「おはようございます。ここ、釣れますか?」
俺、
「俺もちょっと前にやってきたばかりだけど、
ホッケが3匹かかったよ。」
釣り人2
「この横で、竿出していいですか?」
俺、
「どうぞ、いいですよ。」
暫くして、釣り人3が、
「あの~、失礼ですが、
ネットを見て、この穴場に入ったんですか?」
「エッ?・・・ここって穴場だったんですか?
俺、地元だし、
釣り新聞や新聞の釣り欄にも頻繁に出ているけど・・・。」
?????状態の俺でした。
釣り人3人は顔を見合わせて、
「俺達には穴場だったんですよ~、
でも、今、ネットや新聞で結構紹介されていて、
せっかく苦労して見つけたのにーって思っていたんですよーォ!」
俺、
「・・・・」
釣り人2、
「この間も、違う穴場に行ったんだけど、
そこも人がいっぱいで入れなかったんです。
俺達、そんなに心広くないから、
面白くなくて、すぐに帰ってしまったんですよ~。」
俺、
「ハァー、そうなんだ・・・????」

【あな‐ば【穴場】
一般の人にあまり知られていない、いいところ。あな。 】

俺は釣場へ向かう時、
最低数箇所、頭の中で描いて釣場へ行きます。
ブログをやっているので、
一般に知れ渡っている箇所は、
その名を書いております。
そして、とっておきの釣場や、
ここはちょっとマズイな~と思う釣場は
某○○と書くようにしてます。
でも、俺は思う、
ネットや新聞であろうと、
昔から人から人へと言い伝えられている釣場は、
果たして穴場と言えるだろうかと。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、釣好人見さん。
海毛虫が北海道にいなくて良かったです。
北海道でキスが釣れるように、いずれ進出してくるかもしれない?と思うと、ロシアや北極に引っ越さないとイケナイ事態になるかも(爆) 
治りかけが何事も肝心だと言います、お大事に!
2008/05/22(Thu) 22:57 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ボナさん。
話ぶりを聞いていたら、この方々は釣り人がいない時に入ったようなので、普段の状況や釣場を把握していないように感じました。 
今は新聞や雑誌やネットなどで、簡単に釣場情報が手に入ります。 同じ釣場に入って者同士でも、ちょっとした工夫や投げる距離などで釣果が変わってきますよね。 この釣場ではこの距離とこの仕掛け、あの釣場は足元は岩礁で抜けないけど、あの位置のあの場所は抜けてくる、という情報を覚えているかによっても差がでてくるようです。 他の人との差は、このような些細なコトだと思います。
だから俺はボナさんや、釣り会の人達の移動しながら釣って歩く方法はその理がかなっているように思います。
2008/05/22(Thu) 22:46 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、迷人Mさん
お久しぶりです。
今日、海を見てきましたが(ブログに写真載せてます)、数日続いた時化のタメ、底荒れしております。
ゴミのピークは昨日でしたが、日を追うごとに少なくなってきているように思います。
天気予報では夕方6時頃には、北西3から静穏になり東風2に変わるようなので、波も穏やかになるようです。 お待ちしております。
2008/05/22(Thu) 22:20 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、神戸MPVさん。
神戸MPVさんに言うとおり、今は穴場もどきはあっても、本当の穴場は皆無に近いように感じられます。 それこそ、立ち入り禁止区域以外は、情報が氾濫しているので、ないと言っても過言ではないと思います。 あるとしたら、同じ釣場でのポイントの差かもしれません。
俺がよく載せている写真でせたな新港がありますが、この釣場は底は砂地でファミリー向けですが、ちゃんとポイントがあるんです。 この釣場で魚の差が出るのは、そのポイントを探し出した人が優勢に立てるという具合です。
>実はいろんなところで投げて底質を捉えると言う経験を持つことが“釣れる”近道なのではないかと思っています。
同感です。
2008/05/22(Thu) 22:06 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろし。さん、こんばんは。海毛虫は寒い所には生息しないようです。神戸にも10年ほど前にはいませんでした。日本海は丹後の伊根は、名物?らしく昔からいたようですが・・・深いところに生息するようです。やはり、地球温暖化の影響が出ているようです。ネットでご覧になったと思いますが、あの細~い毛は簡単に抜け、触れるとチクチクして痒みがでます。結構良形の大きい物で気持ち悪いです。今日で4日、やっと痒みもとれ治ってきました。
2008/05/22(Thu) 21:33 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
弘司さん、こんにちは。神戸MPVさん、初めまして。面白いお話です。北海道の沿岸は、釣り雑誌などに詳細にわたって記載されて、自分だけの穴場というのは、みんなの共有釣り座になってきていますね。3人連れの勘違いグループは、このようなレベルから釣りに入って、やがて、指導者にもなる方が出るのかもしれません。私は、釣り場で競合するのがキライの平磯好きで、5mキザミのように移動してアタリ場所を探していますが、海岸が侵食されて穴場にしている目印や根も消失してきています。札幌釣友クの管理人のごへいさんも、みなさんと同じ意見をBBSに載せていました。今週は、ごへいさんと同じバスに乗って松前まで遠征します、新しい場所を探しに行きます。
2008/05/22(Thu) 09:07 | URL  | ボナ #-[ 編集]
御無沙汰してますがブログはじっくり拝見させていただいております。金曜日にKKFCの穴場?!!INARI岬に突入予定なんです、月曜からの強風でかなり時化た様子ですが、今日あたりの海の様子を教えていただければ有難いのです、それとひろしさんの
予想で金曜日午後はどんな按配でしょうかね?
2008/05/22(Thu) 02:43 | URL  | 迷人M #-[ 編集]
弘司さん、こんばんは。面白い話題ですね。1年チョット前まで東京湾がメインフィールドであった私にとっては穴場という言葉はありえませんでした。禁句と言いますか・・・。
実は近年東京湾に穴場は沢山あります。ただ、そこは確実に立入禁止なわけでして下手すると拘留される場所・・・ばかりです。守衛さんと仲良くて私は入れてしまう・・・そんな場所は絶対に口外できない“穴場”でした。
また、そこまで行かずとも東京湾では釣り場の詳細は書けなくなりましたね。なぜならその釣り場には確実に何十年も通いつめる地元のつり好きのおっちゃんがいるわけです。
岸壁名を書いたところで“一見さん”が釣れるとは限りません。特に私の好きなカレイ釣りは少なくとも東京湾では“ごく小さなポイント”と“地合”を掴んでなければ釣れませんでした。ですから、釣り場の詳細をオープンにしても私個人としたら何ら問題はなかったのですが、それこそ太公望のような地元のおっちゃんには末永く楽しんでもらいたいのでいつの日からかは忘れましたが東京湾で釣り場の詳細は書かなくなりました。
今や“ネット”の情報って重要です。私も“旬”は何かって言う点では活用させてもらっています。
ただ、釣り場ってやはり自分の足で探すから楽しいんじゃないかなって思います。
釣りにはいろんな楽しみ方があると思いますが私は少なくとも“釣れなきゃ面白くない”ってタチなんで・・・釣り場・穴場の定義は弘司さんのご意見に賛成ですし、それだけにともすれば“腰を落ち着ける”投げ釣りなんですが、実はいろんなところで投げて底質を捉えると言う経験を持つことが“釣れる”近道なのではないかと思っています。
2008/05/21(Wed) 23:07 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック