北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月09日 (月) | 編集 |
クラブの釣果です。
今回の結果は、以下の通りです。
IMGP4181.jpg IMGP4182.jpg
IMGP4183.jpg IMGP4184.jpg

今回もマゾイが2本出ました。
一本は40㎝超えをしてました。
IMGP4180.jpg
T君のマゾイ

今回、大会で2位になった新人さんの釣果
IMGP4194.jpg
釣り釣果の一部

俺が預かってきた魚の一部です。
写真を撮るのを忘れましたが、
この他にアイナメ40㎝以上7~8本、
ホッケも2~3本、
ハチガラ2本
クロガシラカレイ34~5㎝が5枚
彼が一ヵ所で粘った釣果です。
でも、彼は言います、
「大きいのは釣れなかった、数も出なかった。」
俺の釣果・・・・恥ずかしかったです。
昨日も書きましたが、
俺はホッケの浮き釣り場だと思ってみていた場所ですが、
ここでカレイが釣れるとは思いませんでした。
1枚や2枚は偶然に釣れても、
根が荒くで水深もあまりないような場所なのですが、
彼はピンポイント狙いで釣ったようです。
俺はここでも撃沈してきました。

今回、俺は4ヶ所移動しましたが、
上には上がおりまして5ヶ所移動した人もいました。
やはり、俺と同じく風と波に翻弄したようです。
殆どの方が、第一希望には入れない状況で、
第2,3の所に入ったようです。
これは彼にも言えることだったそうです。
IMGP4186.jpg
 品素な俺の釣果です。

優勝した方は、
前回、マゾイを釣った釣場に入ったのですが、
ここも風と波に翻弄され、
午前1時には撤退したそうです。

今回、1.2.3位が出た場所は、
釣座が数十mしか離れていなかったということです。
確かにあまり地元の人が入らない場所ということもあり、
魚にとっては安住の地だったかも知れませんね。
IMGP4178.jpg
 この近くで皆さん大漁したそうです。

おまけ
IMGP4160.jpg IMGP4156.jpg
IMGP4155.jpg IMGP4154.jpg
島牧白糸トンネル付近の岩場での様子。

IMGP4177.jpg IMGP4176.jpg
釣場で咲いていたなんだかユリ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、釣好人見 さん
はい、その通りです。 北海道弁で、すごく(とても)釣れるかも・・・という意味です。 今風に言うと、超釣れるかもです。 北海道は魚の種類は少ないですが、本州よりは釣れる?と思います。
北海道でも「なまくら」は使います。いい加減とか怠け者って言うような意味をさします。
でも、釣好人見 さんの言う、なまくらも合っているかも(笑) だって、ブログを書いている本人が、いたっていい加減な人物ですから(爆) 
2008/06/10(Tue) 22:11 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、神戸MVPさん。
はい、今回もケガなどもなく、ホッとしてます。 楽しい仲間内大会ですが、何かが起こってからでは遅いので、いつも気が抜けませんでした。 その辺は皆も分かっているので、半分安心している現状もあります。 神戸MVPさんのご指摘の通り、それが今のクラブでの課題で、毎年話題に上ります。
過去に室蘭港限定で何年間か行ったことがありました。 博打のような座布団クラスのクロガシラカレイを狙うのに、賛否両論の意見が出て、弱小クラブではバスを出すことも出来ず、段々参加者が減り、いつの間にか違う場所へと変更されました。
この地区近辺に拘るつもりもありませんが、「俺達って、毎回、同じ様な釣場しか入っていないけど、まだまだこの地で開拓の余地ってあるんじゃないか?」という意見もあります。 自分の身に置くと、全体(この辺)の10%も入っていない現状もあります。 難しい問題です。
この新人さんの見る目は正に狩人だと思います。
この方の詳細は、その内に記載したいと思ってます。
ところで、クルクル6台・・・手に入れたのですか?
2008/06/10(Tue) 21:58 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろし。さん、今朝、PCを開いて、Yahoo!のページを観ると、「日本の方言」と言う所があり、その中に(なまら)と言うのがありました。ズバリ!ひろし。さん。のブログのタイトルの(なまら)と、ちゃうのん?(ちゃうのん?)は神戸弁で違うの?です。余談になりますが、上方落語などでは枕で、方言の事を話す時に、「この犬、チャウチャウちゃうのん?チャウチャウちゃうで」等と遊んだりします。で、早速開いて説明を読んだら、なまら→超、とても、非常にとなってました。私はなまらを、てっきり、関西で言う、なまくら。と(いい加減)とか思ってました。超釣れると、言いたかったのですね?納得しました~(~o~)
2008/06/10(Tue) 18:53 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
一学年年上の弘司さん
こんばんは。釣り会ちょっと残念な結果でしたね。ただ、“代表”としては風に悩まされた大会とはいえ、安全な釣り会となってご安心なのではないでしょうか?主催者ってなにごとも大変ですよね。
新人の方が大活躍だったようですが、前から入っている釣り場の既成概念ってあって、別の方が見ると全然違う印象があるみたいですよね。
私も神奈川にいたころ「横浜のカレイはオレに聞いてくれよ」ってくらい海に出ていましたし、かなりつり方にもポイントにも自信もあったのですが、あるライトタックルの釣りを極めている方に全否定された気になったことがありました。無論、その方はカレイなんてやらないので私がマイポイントにお連れしたのですが、何回か行って結果的に私が釣果が上回ろうとも大差なく・・・経験値も釣り方も否定されたように感じた時がありました。
ただ、釣りは勝敗じゃないんですが、彼がかなり慣れてきても“勝敗”はあまり変わらなかったです。
何が言いたいかといえば、新人さんのポイントの見る目は確かにすごいんだと思いますが、同じ地域でやり続けるとある一定の釣果に収束するような気がします。
私も当時常磐・東北遠征時にはちょっと勘違いしそうな釣果ってありましたもの。
今、北海道の釣りは現実に引き戻されて改めて地元の釣りを知り、攻略方法を考えたいなぁと思っています。
2008/06/09(Mon) 23:20 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。