FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年03月27日 (火) | 編集 |
嫁に
「どうして、自分の事しか考えないわけ?」
となじられたが、
男って生き物はそんなもんだろうと思う・・・・
エッ、俺だけ? (」lll ̄ロ ̄)」 しょえーーーっ!

嫁が鮭のタックルを買うのには反対ではないが、
俺より、いいタックルを持つのが単にねたましいのだ!
今迄以上に、俺より鮭を沢山釣ることが
プライドにかけて許せないのだ。
それでなくても、 普段から頭が上がらないのに
せめて、常に釣りに関しては、嫁より優位の立場でいたい。
ミジンコのようなプライドだけどね。
(^▽^笑)


嫁は鮭のタックルを買う気満々である。
俺の投げ竿の事なんか、眼中にないようだ。
「何で鮭のタックルなんだ?」
と聞いてみた。
「投げ釣りって竿先を目で
確認して、リールを巻く時の
手ごたえしかないじゃない。
鮭釣りやワーム釣りでは、
直接、竿に反応して手に
伝わってくるでしょう、
あの感触がいいのよ。」

満面の笑みで答える嫁。(ノ∇≦*)キャハッ♪
もう、一端のフィシャーマンなのであった。
そうだった、彼女は川釣りの方が好きだったのを忘れていた。

嫁の言う事にも一理ある。(。_。)コクッ
今回は嫁に譲る事に決めた。何故って?
彼女のコキゲンを伺いながら、竿を買って算段なのさ。
せこい男と言われようが、スポンサー様には逆らえない

うふふ。 (ノ∇≦*)キャハッ♪
スポンサー様はちゃんと考えていてくれたのだ。
鮭タックルを買いに行った時に、ちゃかりと俺は、
自分の竿のカタログも一緒に、ズルイ顔をしてレジに運びました
「仕方が無いわね。」と吐き捨てるように言って、
承諾してくださったのです。
o(・∇・o)(o・∇・)oヤッタ!

スポンサー様、これからも、
一生付いて行きます。
だから、
これから宜しくたのんまぁ~す。
合掌!


しかし、これがリョービの最後の竿になるとは
この時、思いもしませんでした。

今回の戦利品 リョービ・D-HZプロースカイヤー35-405 
戦    略 スポンサー様の御好意

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック